広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

あなたらしい結婚式 ウェディングのカタチ

結婚式後に家族のみの食事会を開催!ポイントや注意点は?

投稿日:2018年7月20日 更新日:

結婚式後に家族のみの食事会を開催!ポイントや注意点は
結婚式の後に、大掛かりな披露宴をせずに、その代わりに家族のみの「食事会」をするカップルが増えてきています。

食事会とは、二人の結婚を親族にお披露目する会のことです。
披露宴とは異なり、華やかな演出などはせず、両家が顔合わせをして、和やかな歓談を持つことを目的とします。

ただ、なかには披露宴とまったく遜色のないような食事会が開かれることもあるようです。
食事会は、両家両親の習慣や立場、新郎新婦の考え方などが反映されるものです。

間違いや失敗のないように食事会のポイントや注意点を確認しておきましょう。

会場

会場
結婚式後の食事会は、両家のプライベートなお披露目の場です。
ですから、レストランやホテルなどの「個室」を会場として選択し、私的な空間を確保できるようにしましょう。

この時に、食事会に参加してもらう親族の人数に応じて、会場を選択します。
また、披露宴に準じるような華やかな食事会を行う場合は、食事会のプランとして、司会やウェディングケーキ、ドレスといった衣裳のサービスを提供しているレストランやホテルもありますから、そのようなお店を利用するのも良いでしょう。

当日の進行

食事会は、あくまで身内だけの会です。
そのため、披露宴などのように細かいプログラムは必要ありません。
ただそうはいっても、ざっくりとしたプログラムを用意しておくとスムーズに進行していくことができます。

なお、食事会の時間は、2~3時間ほどを目安とします。
新郎新婦による結婚報告の挨拶で開会して、新郎新婦(あるいは両親)による参加者への感謝の挨拶で閉会とします。
両家の顔合わせの場ですから、親族紹介は必ず行うようにし、さらに、ケーキ入刀や両親への手紙朗読などを任意で追加して、食事会を進行していきます。

司会の有無

司会
食事会はアットホームな会ですから、司会は必ずしも必要ではありません。
しかし、司会者がいた方がスムーズに会を進めていけますし、会話が続かず雰囲気が気まずいものになることを回避することもできます。

ただし、司会進行役を用意する場合でも、そこまで大袈裟にはせずに、新郎新婦が自分達で進行し、司会もやるというケースが多いようです。
また、司会進行にこだわりたいのならば、プロデュース会社等に司会者を頼んでもいいでしょう。

食事会の規模等も考慮しつつ、司会を決定すると良いといえます。

招待状の有無

食事会の招待状は、あくまで身内だけの非公式な会だから不要という意見もあるようです。
しかし、親族の中には形式を重視する方もいるかもしれません。
また、形式を重視しない人でも招待状が届いて悪い気持ちには決してなりません。
招待状を用意しておけば、親族からの心証を害する心配がありません。
時間に余裕があるのならば作成しておくと良いでしょう。

招待状には、

  • 開催日時
  • 開催場所
  • ドレスコード

の3点は必ず記載するようにしましょう。
会場への地図も同封するとより丁寧です。

送り先は、親族であれば 個人個人に宛てる必要はなく、世帯ごとに送るようにすれば大丈夫です。
ただし、参加人数が少なく時間に余裕があるのであれば、個人個人に手作りの招待状を送るのも良いかもしれません。

服装

服装

新郎新婦

食事会の新郎新婦の服装としては、披露宴とは異なり必ずしもフォーマルな装いである必要はありません。
新郎はスーツ、新婦はワンピースという組み合わせが多いようです。

ただし、両親の希望や会の規模などによってはフォーマルな装いをすることもあります。
その場合、新郎はタキシード、新婦はウェディングドレスやカラードレスを着用します。

自分達の食事会をどのような場で開くのかを考慮して、服装を選びましょう。

家族

家族の服装も披露宴と違って正装である必要はありません。
ただし、新郎新婦が正装をするのならば、それに合わせて正装をしてもかまいません。
しかし、新郎新婦が正装でも、家族や出席者は平服で統一しても大丈夫です。

家族の服装で気を付けなくてはならないこととして、両家や出席者の間で服装の格が違いすぎるようにならないことがあげられます。
招待状などでドレスコードを平服としていても、新郎新婦がドレスを着るのならば、格を気にしてしまう出席者が出てきてしまう可能性もあります。

「新郎新婦は記念としてフォーマルな装いをするけれど、出席者は気にせず平服で来てください」などと念を押して、伝えておくといいでしょう。

ご祝儀の有無

食事会をするにあたって、ご祝儀の存在に気を使う方も少なからずいるでしょう。
食事会でもご祝儀は一般的な披露宴と同じように受け取ることが多いようです。

ただし、ずっと以前にご祝儀をいただいた親族がいるのであれば、その人からのご祝儀は遠慮した方が良いでしょう。事前にご祝儀はご遠慮する旨を伝えておくとスマートです。

また、親族のうち、事前にご祝儀を渡してくれた人と当日にご祝儀を渡してくれる人がいる場合、受付をわざわざ設置しないようにしましょう。受付を設置することで、ご祝儀を渡す渡さないで、角が立つ恐れがあるからです。

これらが基本的なマナーですが、親族だけが集まる食事会では、一般的なマナーやルールを当てはめるよりは、親族間のルールなどに配慮をした方が良いかもしれません。
親族間の取り決めなどを確認しておきましょう。

引出物の有無

引出物
披露宴では引出物の準備をするのが一般的です。
しかし、食事会では、引出物を準備するパターンと後ほどお返しを送るパターンの二種があります。
もしも、食事だけのおもてなしに心苦しさを感じるのであれば、引出物を用意すると良いでしょう。

引出物を準備する場合、親族からのご祝儀の相場は高めであることを意識して、ご祝儀に見合う引出物を用意するようにしましょう。
また、後ほどお返しを送る場合でも、手ぶらで帰すことに抵抗があるならば、引菓子だけは用意しておいて渡すようにするといいでしょう。


結婚式の後に、披露宴を開くのではなく家族や親族だけの食事会を開くのも結婚式の一つのありかたです。
家族だけの食事会は、通常の披露宴に比べて、今後、長年にわたって交流していく両家や家族の絆を深めることができるでしょう。
ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

-あなたらしい結婚式, ウェディングのカタチ

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.