広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

ウェディングのカタチ フォトウェディング

何が違う?日本と韓国のフォトウエディング

投稿日:2018年7月14日 更新日:

何が違う?日本と韓国のフォトウエディング_1
最近大注目の韓国のフォトウエディングをご存知ですか?
「スタイリッシュな写真が撮れそう!」
「ドラマティックなシーンを残したい」
そんなニーズに応えてくれるのが、韓国のフォトウエディングです。

しかし、日本のフォトウエディングとは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?
今回は、日本のフォトウエディングと韓国のフォトウエディングを徹底比較します!

日本のフォトウエディング

何が違う?日本と韓国のフォトウエディング_2
まずは、日本のフォトウエディングについて見ていきましょう。

ドレスの着用枚数は平均2枚

日本では、大体1~2着のドレスを着用できるケースが多いようです。
ウエディングドレス1着、プランによってはカラードレスも着られるというものもあります。

とはいえ、選んでいくうちに、気がつくと基本プラン以外のドレスを選んでいたなんていうことも……。

ドレスは基本プランのほかに、オプションでより豪華なものを選べる設定になっているスタジオが多いのです。
そのあたりは、少しだけ注意が必要ですね。

もちろん、和装を選ぶことも可能です。

まさかの4桁から撮影可能なスタジオも!

安いところだと「9800円~」というプランも存在します!
ただし、基本プランは着られるドレスが限られていたり、撮影時間が短く設定されていたりすることがあります。

そのあたりもよく比較・検討をして、プランを決めましょう。

コンパクトにまとまった撮影スタイルが主流

撮影時間は短いところで1.5時間、長いところで3時間という設定が多いです。
「もう少し長く撮影したい!」というニーズにも対応できるよう、さまざまなプランもありますから、撮影前によく相談しましょう。

気になるスタジオは?

スタジオは、大体2、3シーン用意されているところが一般的です。
クラシカル、ノーブル、ポップ、ナチュラルなど、おふたりの希望に近いスタジオを選ぶようにしましょう。

韓国のフォトウエディング~ソウルの場合

何が違う?日本と韓国のフォトウエディング_3
続いて、韓国のフォトウエディングの場合を見ていきましょう。

着用可能なドレスの数はなんと平均4枚!

韓国のフォトウエディングで着用可能なドレス数は、なんと平均4着となっています。

「ウエディングドレスも、1着じゃなくてデザインが違うものを選んで2着着たい!」といったワガママを叶えてくれるのが、韓国フォトウエディング。
「憧れるけど、1着しか着られないなら」と諦めがちな、少し変わったデザインのウエディングドレスも「2着着るなら」とチャレンジする花嫁が多いようです。

それにプラスして、さらにカラードレス、ミニドレス、新郎とのペアルックとチョイスできます。

新郎も、1~2着のお着替えが可能です。
シーンによって、蝶ネクタイを変えたり、普段はなかなかできないペアルックを楽しんだりと充実のプランになっています。

なんと20万円から実現可能!

「憧れるけど、きっとお高いんでしょ」と、諦めないでください!

韓国フォトウエディングには、飛行機代やホテル代も必要となります。
それらがすべてセットになったプランが、実は20万円くらいからあります。

そのくらいなら、日本のホテルや有名なスタジオで撮影するフォトウエディングとそれほど変わらないですよね。
ぜひ、検討してみてください!

撮影に1日掛かることも

韓国のフォトウエディングは、撮影時間がとにかく長いのが特徴です。

朝の9時頃にスタジオ入りして、撮影が終了するのは夕方というスタジオも少なくありません。

一日がかりで丁寧に、さまざまなシーンを撮影していくのが、韓国スタイルです。
モデルや俳優になったような気分を味わうことができると、喜ばれています。

テイストの異なる多彩なスタジオが魅力

スタジオ数は5~10と、日本に比べると多く用意しているスタジオが一般的となっています。

「さまざまなバリエーションのスタジオから、1~2つお部屋チョイスして撮影するの?」と想像されるかもしれませんが、実際に3~5スタジオを利用して撮影は行われます。
これには、驚きますよね!

撮影はなかなかハードですが、出来上がった写真のクオリティの高さは素晴らしいもの。
人生の記念すべき日を彩るにふさわしい一日となるでしょう。

最大の違いはシチュエーション

何が違う?日本と韓国のフォトウエディング_4
さまざまなスタジオを利用して、いろいろなシーンを撮影することができるのが、韓国フォトウエディングの最大の特徴。

例えばおふたりの出会いから結婚までのストーリーや、ある日のレストランデートなど、シチュエーションを設定して撮影できます。
また、私服を持ち込んでの撮影も可能ですので、思い出の一着を記念に残しておきたい!という希望も叶えてくれます。

映画の中に入り込んだようなフォトウエディングにうっとり

韓国フォトウエディングをされた先輩花嫁は
「とにかくスタジオが広くて、いろんなシーンがあったのが嬉しかった!」
「お着替えがたくさんできたから、ちょっと大胆なドレスにもチャレンジできた」
「まさに映画のワンシーンのような写真が撮れた」
と、大好評です。


夢を叶えてくれる「韓国フォトウエディング」。
新婚旅行と兼ねて行くプランも人気です。
ぜひ、検討してみてくださいね。

-ウェディングのカタチ, フォトウェディング

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.