ウェディングのカタチ 授かりウェディング

でき婚で後悔しないためにできることとは?

投稿日:2018年2月21日 更新日:

でき婚で後悔しないためにできることとは?1
妊娠が結婚よりも先になる、いわゆる「でき婚」。
妊娠に関わらず、この人と結婚すると既に決めていた場合はさほど問題にならないことも多いようですが、妊娠してから結婚を意識し始めたカップルは、あとあと後悔してしまったり、うまくいかなくなってしまったりすることも少なくないようです。

厚生労働省のデータによると

2016年の厚生労働省の統計によれば、年間で結婚したカップルは約62万件。
同じ年に離婚したカップルは約21万件です。

つまり、毎年3件に1件が離婚しているということになります。
これは、かなり多い数字ですよね。

(参考:厚生労働省「平成28 年(2016)人口動態統計の年間推計」 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei16/dl/2016suikei.pdf)

上記はあくまで全体の離婚率で、でき婚に限ったデータではありません。
しかし、多くのカップルが離婚という道を選んでいるのも現実。

でき婚でも後悔しない幸せな結婚生活を送るためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

でき婚をしたあと、後悔してしまう5つのパターン

でき婚後に後悔してしまう5つのパターンをご紹介します。
でき婚で後悔しないためにできることとは?3

育児が忙しく、パートナーが協力してくれない

出産後は、ある程度子供が大きくなるまで育児が続きます。
しかし、パートナーが育児や家事に協力してくれなければ、自分一人で全てをこなさなければならなくなってしまいます。
パートナーが協力してくれないとき、でき婚を公開してしまう人も少なくないようです。

経済的に圧迫されて苦しい

出産やその後の育児には、やはりお金がかかります。
加えて、子供の将来のために学資保険を検討する人もいるでしょう。

ある程度の貯金がないまま出産してしまうと、日々の生活費がそのまま育児費用に流れていってしまうため、経済的に苦しいと感じてでき婚を後悔する人も多いようです。

理想の結婚生活ではなかった

みんなに祝福されて、綺麗なドレスを着て結婚式を挙げ、さらには新婚旅行に行って…
そんな夢を持っている人もいるかもしれません。

しかし、でき婚の場合はスケジュールがかなりタイト。
結婚式は子供が生まれて落ち着いてから、と思っている間に結局タイミングを逃してできなかったり、つわりがひどくて旅行どころじゃなかったり…
理想の結婚生活が送れないことも、後悔につながります。

自分の時間が取れない

育児で自分の時間がなかなか取れないと、好きな趣味もできない、買い物に行ったり友達とお茶をしたりもできないと、自分の行動が制限されたような気持ちになってしまいます。
その結果、でき婚を後悔してしまうこともあるようです。

子育ての価値観や方針が合わない

でき婚の場合は、パートナーと育児に関する価値観などをしっかり話し合う時間がないまま、結婚、出産に至ることが少なくありません。
そのため、子育てが始まってみたらお互いに価値観が真逆だったなど、何をするにも衝突するということも起き兼ねません。
子育ての価値観や方針が合わないことも、でき婚を後悔する理由になるようです。

後悔しない、幸せなでき婚のためにできること

幸せなでき婚をするために、できることがあります。
でき婚で後悔しないためにできることとは?2

結婚後の生活のことを、パートナーと話し合っておく

早い段階でお互いに結婚を意識し始めたのであれば、もうその頃から結婚後の生活のことを話し合っておきましょう。
相手の価値観や考えていることがわかり、自分のことも理解してもらえることで、一人で悩みすぎることも減り相手に対する理解も深まります。

協力してくれる人を近くで見つけておく

でき婚をした人はどこかで感じなくてもいい引け目を感じてしまい、なかなか子供を預けたりしにくいと思う人も多いよう。
その結果、自分だけで子育てをしようとして、自分の時間が持てなくなったり、ストレスが溜まったりしてしまいます。

できれば、近くに頼れる人や施設を複数見つけておきましょう。
いざとなればそこがある、と思うだけで安心感は全く変わってくるものです。

早い段階から、少しずつでも貯金しておく

子育てにはお金がかかるもの。
お金はあるに越したことはありません。
妊娠がわかった段階からでも、少しずつ貯金を始めておくことをおすすめします。
いざというときに使えるお金があるのとないのとでは、安心感もかなり変わってきます。

「絶対幸せになる!」と決める

でき婚で後悔しないためにできることとは?4
心の準備が完全にできてから妊娠したとは言い難い「でき婚」。
どうしても、「これでよかったのか」「他にもいい人がいたのでは」などと、考えても仕方ないことを考えてしまうかもしれません。
しかし、決意をした人は強いもの。
とにかく、「絶対に幸せになる」と心を決めてしまいましょう!

でき婚をして後悔しやすいシーンと、後悔しないためのポイントをまとめました。
運命で結ばれたパートナーと子供のためにも、幸せを掴んでくださいね。

-ウェディングのカタチ, 授かりウェディング

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.