広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

ウェディングのカタチ フォトウェディング

フォトウェディングの費用相場を徹底調査しました!

投稿日:2018年2月14日 更新日:

フォトウェディングの費用相場を徹底調査しました!top
最近、話題のフォトウェディング。
「結婚式は気恥ずかしいけど、ウェディングドレスは着たい!」「新しい人生のスタートを、記念として残したい」そんなカップルに人気となっています。
また、「結婚式を挙げるには、予算的に不安」というカップルからも、注目を集めています。

今回は、そんなフォトウェディングの費用相場について、徹底的に調査してみました。

フォトウェディングの基本を知ろう!

フォトウェディングの費用相場を徹底調査しました!1
フォトウェディングには、一般的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

まず、フォトウェディングには、大まかに分けてふたつのスタイルがあることをご存知ですか?
ひとつめは写真館やスタジオなどでの撮影、そしてもうひとつはロケーション撮影です。

写真館やスタジオでの撮影は、七五三や家族写真の撮影とイメージが近いかもしれません。
では、ロケーション撮影は、どのように行われるのでしょうか。
ロケーション撮影の場合、スタジオが設定したロケーション、もしくは新郎新婦の希望するロケーションで撮影が行われます。
美しい海や緑豊かな公園、場合によってはスキー場などでも撮影が行われることもあります。

フォトウェディングの基本料金

フォトウェディングの基本プランには、どのような料金が含まれているのでしょうか。
3つのプランを例としてご紹介します。

Plan A

基本料金:10,000円
こちらは「平日限定格安プラン」と謳っているプランの例となります。
基本料金に含まれるものは、以下の通りです。

  • 新郎新婦衣装各1着
  • 着付け
  • ヘアメイク
  • 写真撮影
  • 六つ切り1枚
  • データ1カット

オプション(祝祭日、全写真データ、カット数割増、衣装点数)

Plan B

基本料金:50,000円
基本料金には、以下のものが含まれています。

  • 新郎新婦衣装
  • 着付け
  • ヘアメイク
  • アテンド
  • 写真撮影
  • 全カットデータ付き

Plan C

基本料金:300,000円
基本料金に含まれるもの

  • 新郎新婦衣装各2着(和装、洋装どちらもOK)
  • 着付け
  • ヘアメイク
  • アテンド
  • ブライズルーム貸し切り料
  • 写真撮影
  • 全カットデータ付き

3つのプランを見比べてみると、料金がアップするごとに大きく変動していくのは、衣装や小物のランク、和装洋装両方着られるかどうか、アテンドがつくか否か、そしてデータがつくかどうかという点と言えます。

結婚式を挙げない分、フォトウェディングを結婚式だと持って楽しむくらいの気持ちで挑む場合は Plan Cを選んで、優雅な一日を楽しむというのも良いでしょう。
ブライズルームも貸し切ることができ、ゆったりとした気持ちで撮影に挑むことができます。

「とにかく費用を抑えたい!」というカップルには、Plan Aがおすすめです。
貸衣装というものは、目の前で見てみると意外と古かったり、多少傷があることも事実です。
でも、いざ着用して撮影すると、あまり分からないもの。
「今は出費を抑えたいから、結婚式は挙げない。でも、写真は残したい」
そんなお考えで写真撮影を検討されるおふたりには、一番リーズナブルなプランでも、写真の仕上がりはプロの手に掛かっていますから、充分満足できるものとなります。

基本料金の価格が抑えられているスタジオは、全体的に良心価格なことが多く、データを追加購入する場合でも、驚くようなお値段にはならないというメリットもあります。
ただ、カメラマンの腕を見極めるのが難しいという面があるのも事実です。
ホームページや、サンプルの写真をよく見て、スタジオを決めることをおすすめします。

スタジオ撮影の費用目安

フォトウェディングの費用相場を徹底調査しました!2
スタジオで撮影する場合、和装と洋装で金額に違いはあるのでしょうか。

洋装の場合

洋装の場合、お安いものだと10,000円から、お高いものだと300,000円といった価格のプランも設定されています。
金額は、衣装の点数やグレード、そして撮影データ付きかどうかで違いが出てきます。
スタジオには、高級感あふれる椅子やソファ、ブーケなどが用意されていることも。
ポップなイメージにしたい場合は、自作の小物を持ち込むことができる場合もありますから、事前にスタジオに確認しておきましょう。

和装の場合

和装の場合、洋装より全体的に少し割高になるのが一般的なようです。
お安いものだと15,000円から、お高いものだと4~500,000円のプランまで、幅広い設定があります。
金額は洋装の時と同様に、衣装の点数やグレード、そして撮影データ付きかどうかで違いが出てきます。
スタジオ撮影では、番傘やセンス、紙風船などが用意されていることも。
和装ならではのはんなりとした空間を、おふたりで楽しんでください。

インスタグラムが人気を博し、ウェディングフォトのスタイルもまた少し変化を見せ始めています。
スタジオ内は自分たちのカメラで撮影はNGと言うところも多くありますが、場合によっては撮影可能なスタジオも。
SNSやインスタグラムに投稿したい、小物を持ち込みたいなどの希望がある場合は、スタジオを決める際にあらかじめ確認し、許可を得られるかどうかをチェックしておきましょう。

ロケーション撮影の費用目安

フォトウェディングの費用相場を徹底調査しました!3
ロケーション撮影とは、スタジオではなく、新郎新婦が希望する場所で結婚記念写真の撮影をすることです。
「大自然の中がいい!」と海辺や草原、花畑などを希望される方や、ふたりの思い出の場所であるお店や公園、イルミネーションの中など、さまざまな場所で撮影することができる人気のスタイルとなっています。

洋装の場合

ロケーションの場合は、スタジオ撮影よりも少し金額が上がる傾向にあります。
お安いものでも30,000円台から、思いきりこだわってお金を掛けるなら400,000円ほどのプランまであるため、自分たちがどのようなスタイルを望んでいるのか、おふたりでよく話し合ってください。

プランに含まれるもの

  • 新郎タキシード一式
  • 新婦ウェディングドレス
  • 新婦ヘアメイク
  • 新郎新婦お支度
  • 撮影料
  • ポーズ写真六つ切り1枚
  • ポーズ写真L判2枚
  • ポーズ写真六つ切り1枚L判2枚のデータDVD

プランに含まれているお写真やデータは、プランの金額により点数が異なります。
より多くのデータを希望する場合は、オプションで購入するのが一般的です。
そのほかにも、以下のものがよくオプションとして用意されているものです。
オプションを使用したり購入する場合の費用は、スタジオにあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

  • ブーケ&ブートニア
  • 撮影データ
  • アルバム
  • ウッドパネル

また、注意したいのは自分たちが直接肌に身に着けるものに関しては、事前に購入する必要があるという点。
新婦はコルセットや肌着、ストッキング、アクセサリー、新郎は下着と靴下などが必要となります。
ストッキングや靴下は、念のため予備を持っていくといいでしょう。

和装の場合

和装のロケーション撮影は、洋装よりも手間が掛かる面もあり、金額的には高くなるのが一般的です。
50,000円台から設定があり、思いきりこだわってお金を掛けるなら500,000円程度まで、幅広いプランがあります。
人生の晴れ舞台ですから、思いきりこだわりたい――そんな方には、和装のロケーション撮影というのは、とても魅力的なものと言えるようです。

プランに含まれるもの

  • 新郎紋服
  • 新婦白無垢もしくは色打掛
  • 新郎新婦お支度
  • 新婦ヘアメイク
  • 撮影料

この他に、洋装の時と同様に自分たちが直接肌に身に着けるものに関しては、事前に購入する必要があります。
新婦はタオルや手ぬぐい、肌襦袢、裾よけ、白足袋、新郎は襟元が深いシャツ、ステテコ、白足袋は自分たちで用意します。

ロケーション撮影費用の疑問

フォトウェディングの費用相場を徹底調査しました!5
ウェディングフォトのロケーション撮影には、ふたつのスタイルがあります。
ひとつは、ウェディングフォトを実施しているスタジオが指定するスポットで撮影するスタイル。
そして、もうひとつは新郎新婦の思い出の地などの撮影に行くスタイルとなります。

ここで気になるのが、ロケーションの違いによって費用にも差が出てくるか、ということです。
詳しく見ていきましょう。

ロケーションはどこでもいいの?

先ほども述べた通り、スタジオが設定しているロケーション、もしくは自分たちの希望する場所で撮影するというスタイルになります。
「でも、本当にロケーションはどこでも大丈夫なの?」そんな疑問もあるでしょう。
基本的にはカスタマイズ可能なことが多いので、自分たちの希望をサロンに相談してみることをおすすめします。

交通費は料金プランに含まれる?

スタジオが指定したロケーション撮影の場合は、場所によって撮影料金が変更となることは基本的にありません。
ただ、新郎新婦の希望する場所での撮影では、撮影場所が遠方の場合「出張費」として支払う必要が出てくるケースも。
あらかじめ、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

また、遠方での撮影を希望する場合は、撮影場所に近いスタジオを探すという方法もあります。
ウェディングフォトのメリットとして、打ち合わせ回数を抑えられるという点がありますから、おふたりで新婚旅行を兼ねて現地を訪れて、あらかじめ調べて予約をしておいたスタジオを訪れ、打ち合わせをし、撮影を行うというのが予算的には抑えられるプランと言えるでしょう。
「どうしてもここで!」と思う場所があり、その場所が遠方の場合は、あらかじめ撮影地に近いサロンを探して相談したほうがお得に話が進むかもしれません。

ロケーションによって料金は異なる?

例えば、神社は教会などでの撮影を希望する際、料金は変わるのでしょうか。
まず「挙式をしないのだから、教会や神社での撮影はできない」そう思いこまれているカップルも多いと思いますが、実はそんなことはありません。
プロデュース会社によっては、神社や教会での撮影が可能なこともあります。

通常行っている挙式で神社や教会とつながりがある場合、撮影許可を取りにくい場所でも撮影が可能なケースが多くあるのです。
スタジオによっては別途料金が発生するケースもありますし、元々プランに組み込まれていることもあります。
「この神社で撮影がしたい」「ここの教会で写真を撮りたい!」そんな希望がある場合は、希望する神社や教会での撮影プランがあるスタジオを探してみるといいでしょう。

「フォトウェディング+α」をする場合の費用目安

フォトウェディングの費用相場を徹底調査しました!4
「せっかくウェディングドレス、タキシードを着るんだから、写真を撮るだけではもったいない!」そんな風に思うのは、ごく自然なこと。
フォトウェディングと一緒に、親族のみで食事会をしたり、挙式を行ったり、新婚旅行を兼ねたりというスタイルも人気となっています。
ここでは、フォトウェディング+αを行った際の費用について、調べてみます。

フォトウェディング+食事会

ホテルでのフォトウェディングの場合、設定されていることが多い「フォトウェディング+お食事会プラン」。
ご家族での撮影も行い、そのまま会食への進むスタイルが一般的です。
通常の挙式披露宴よりも、家族のぬくもりを感じられる、思い入れ深い一日を演出してくれるプランとなっています。

費用としては、一番リーズナブルなもので100,000円前後から、お高いもので500,000円までと幅広く設定があり、式場の格やお料理のランク、写真撮影時のプランによって変わってきます。
自分たちが一番大切にしたいことをよく考えて、プランを選ぶようにしましょう。

フォトウェディング+挙式

神社やチャペルでの撮影プランの場合、プラスアルファとして挙式を行えるところもあります。
「披露宴をするのはためらいがあるけれど、新しい人生のスタートを見守っていただけたら嬉しい」そんな思いから、このスタイルを選ぶ方も多いようです。
この場合、挙式は誰でも参列できることが多く、親族だけでなく、友人にも「もし都合があったら、見に来てね」と声を掛けることもできます。

費用としては、80,000円前後~200,000円までと幅広く、式場や写真撮影のプランによって変わってきます。

フォトウェディング+新婚旅行

フォトウェディングの撮影で北海道や沖縄、ハワイなどに行ったついでに、そのままハネムーンを満喫しよう!というカップルにおすすめなのが、このプラン。
旅先での写真は美しく、開放感あふれ、一生の思い出となります。
ふたりきりの時間を思いきり楽しみたいカップルに、人気となっています。

費用としては、旅費も含むパックタイプのもので200,000円前後~600,000円までとなっています。
行先やホテル・飛行機のグレード、写真撮影のプランにより価格が異なります。

いかがでしたでしょうか。
様々なパターンの費用相場を見てきました。
なお、ロケーション撮影の場合、カメラマンの拘束時間によって金額が変わってくるケースもあります。
スタジオであっても、長く時間を掛けてじっくり撮影する場合は高めの設定となり、枠が決まっていてその中で撮影を行う場合は、比較的リーズナブルになるようです。
自分たちの希望と予算をよくすり合わせて、ふたりのイメージ通りの撮影ができるように準備を進めましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-ウェディングのカタチ, フォトウェディング

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.