広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

ウェディングのカタチ フォトウェディング

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!

投稿日:2018年2月13日 更新日:

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!top
「フォトウェディング」と言うと「結婚式の前に撮影すること?」と思われる方もいらっしゃるようですが、似ているようで実は違います。
結婚式はさまざまな事情で見送るけれど、記念として写真を残したい――そんなカップルに選ばれているのが、フォトウェディングなのです。

今回は、フォトウェディングについて詳しくご紹介します!

フォトウェディングとは

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!1

フォトウェディングは「写真だけの結婚式」

フォトウェディングとは、ウェディングドレスや白無垢など結婚式さながらの衣装を着て、新郎新婦のお二人で記念写真を撮影することです。
以前は、結婚式場やホテルなどで行われるケースが多かったのですが、最近はさまざまなプランがあり、専用のスタジオなどでも行われるようになりました。

人気の秘密は「あらゆる意味でコンパクト」なこと

フォトウェディングは、価格面、準備期間など、結婚式を挙げるのと比べあらゆる面においてコンパクトに行うことができます。
写真にこだわりたいお二人なら、さまざまなスタジオや式場を見学し、衣装などを見比べて決定するのもいいでしょうし、仕事が忙しくて打ち合わせは最小限で!と考えるお二人なら、打ち合わせ回数は1回で当日を迎えることも可能です。

さらに嬉しいのは、費用がとてもリーズナブルなこと。
結婚式は、やはり出費がかわみがちなものですが、フォトウェディングは安いものでは10,000円から、高くても4~500,000円と、通常の挙式披露宴に比べれば随分と出費を抑えることが可能です。

結婚は、人生における一大イベント。
記念となる写真は残したい――そう考える方も多く、フォトウェディングは近年人気のスタイルとなっているのです。

フォトウェデングを選ぶ人

「仕事が忙しくて、結婚式準備に時間を割く余裕がない」「海外転勤が決まって、結婚式を挙げる時間がない」「もうすぐ赤ちゃんが生まれるから、出費は抑えたい」など、フォトウェディングを選ぶ理由は、さまざまです。
傾向としては、時間的な面や体力的な問題で余裕がなかったり、出費を抑えたい場合などに選ばれる傾向があります。

また、派手な結婚式は恥ずかしいから…とお考えになる方もいらっしゃいます。
事情があって結婚当初は式を挙げられなかったお二人が、10年目という節目に撮影するというケースも増えており、カップルそれぞれのスタイルで楽しむことができる、新しいタイプの結婚式のパターンと言えるでしょう。

フォトウェディングの種類と料金の目安

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!2
フォトウェディングには大まかに分けて、2つのスタイルがあります。
スタジオで撮影するスタジオフォトと、新郎新婦が希望する場所で撮影を行うロケーションフォトです。
それぞれの特徴と、料金などについて見ていきましょう。

衣装は和装の方が少し割高

まずは、スタジオでもロケーションでも大きく変わらない、衣装について見ていきましょう。

衣装は、洋装よりも和装の方が少し割高なことが多いようです。
ただ、白無垢の場合は例外的に思いがけずリーズナブルなものもあるので、興味がある方は相談してみることをおすすめします。

また、ドレスも和装も、基本プランに含まれているものはやはり限られます。
オプションを選択すれば、希望に近いドレスと出会えることもありますが、できれば出費は抑えたい…というカップルも多いでしょう。
「どうしてもこういうドレスが着たい!」という希望がある場合は、基本プランに理想に近いドレスが含まれているかどうかをチェックすると言うのも一つの方法です。

スタジオフォト

言葉の通り、スタジオで撮影を行うものとなります。
スタジオ撮影と言っても、いわゆる写真館であったり、ハウススタジオやチャペルなど、さまざまなタイプを選ぶことが可能です。

では、スタジオで撮影する場合、和装と洋装で金額に違いはあるのでしょうか。
見ていきましょう。

スタジオフォトの料金:洋装編

洋装の場合、お安いものだと10,000円から、お高いものだと300,000円といったプランが設定されています。

プランには、新郎タキシード一式、新婦ウェディングドレス、新婦ヘアメイク、新郎新婦お支度、撮影料が含まれています。
金額については着用する衣装の数やグレード、撮影データ付きかどうかで違いが出てきます。

ブーケやブートニア、撮影データ、ポーズ写真などは、オプションとして追加できるケースもありますので、スタジオに確認しておくようにしましょう。
また、自作の小物を持ち込むことができる場合もありますから、ポップなイメージにしたい場合は、事前にスタジオに確認しておきましょう。

スタジオフォトの料金:和装編

和装の場合、洋装より全体的に少し割高になるのが一般的なようです。
お安いものでも15,000円から、お高いものだと4~500,000円のプランまで、幅広く設定されています。
プランには、新郎紋服、新婦白無垢もしくは色打掛、新郎新婦お支度、新婦ヘアメイク、撮影料などが含まれています。

金額は洋装と同様に衣装の着用点数やグレード、そして撮影データ付きかどうかで違いが出てきます。

スタジオフォトの料金:和装+洋装編

和装と洋装、両方を楽しみたい場合、お安いものでも20,000円から、お高いものだと4~500,000円のプランまで、幅広く設定されています。
プランには、新郎タキシード・紋服、新婦ウェディングドレス・白無垢もしくは色打掛、新郎新婦お支度、新婦ヘアメイク、撮影料などが含まれています。

インスタグラムが人気を博し、フォトウェディングのスタイルもまた少し変化を見せ始めています。
スタジオ内は自分たちのカメラで撮影はNGと言うところも多くありますが、場合によっては撮影可能なスタジオも。
SNSやインスタグラムに投稿したい、小物を持ち込みたいなどの希望がある場合は、スタジオを決める際に予め確認し、許可を得られるかどうかをチェックしておきましょう。

また、価格についてはリーズナブルなものは本当にお安いものから設定がありますが、こだわればこだわっただけ高いプランも出てきます。
一番多い層としては、50,000円~200,000円のあたりと言うことができるでしょう。

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!3

ロケーション撮影

ロケーションフォトとは、新郎新婦が希望する場所で撮影を行うプランになります。
スタジオが設定しているロケーションの中から選ぶ場合と、お二人の希望で思い出の海やゲレンデなどで撮影を行うケースがあります。

ロケーションフォトの料金:洋装編

ロケーションの場合は、スタジオ撮影よりも少し金額が上がる傾向にあります。
お安いものでも30,000円台から、思いきりこだわってお金をかけるなら400,000円程度までさまざまなプランがありますから、自分たちがどのようなスタイルを望んでいるのか、お二人でよく話し合ってください。

プランには、新郎タキシード一式、新婦ウェディングドレス、新婦ヘアメイク、新郎新婦お支度、撮影料が含まれています。
ブーケやブートニア、撮影データ、ポーズ写真などは、オプションとして追加できるケースもありますので、スタジオに確認しておくようにしましょう。

ロケーションフォトの料金:和装編

和装のロケーション撮影は、洋装よりも手間がかかる面もあり、金額的には高くなるのが一般的です。
50,000円台から設定があり、思いきりこだわってお金をかけるなら500,000円まで、幅広いプランがあります。
人生の晴れ舞台ですから、思いきりこだわりたい――そんな方には、和装のロケーション撮影というのは、とても魅力的なものと言えるようです。

プランには、新郎紋服、新婦白無垢もしくは色打掛、新郎新婦お支度、新婦ヘアメイク、撮影料などが含まれています。

ロケーションフォトの料金:スタジオ指定のロケ地の場合

スタジオが指定したロケ地の場合は、スタジオから近い場所で撮影することが多いようです。
交通費もかからず、機材を運ぶのもそれほど大変ではないため、比較的リーズナブルな料金設定となっていることが多く、お安いプランなら30,000円台から、200,000円くらいまでのプランが設定されています。

ロケーションフォトの料金:新郎新婦が希望するロケ地の場合

自分たちの希望で、例えば沖縄や北海道での撮影を希望する場合、通常のプランに出張費として追加されるケース、または全く別プランとして見積もりを立ててもらうケースと、スタジオによって違いがあります。
出張費のことを考えると、希望する撮影地に近いスタジオに相談した方が安くすむケースも。
予めさまざまな方法を検討し、比べるようにしましょう。

海外フォトウェディング

最近では、海外でもフォトウェディングを展開しているスタジオもあります。
新婚旅行と兼ねて行くカップルも多く、人気となっています。

海外フォトウェディング料金の目安・プランの内容

大定番・ハワイでの撮影プラス新婚旅行の場合、お安いもので80,000円から設定があり、長い時間をかけてたくさんのロケーション撮影を楽しむプランになると3~400,000円までと、さまざまな設定があります。

フォトウェディングのメリット・デメリット

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!4

映画のワンシーンのような写真を残せるのが最大のメリット!

フォトウェディングは、映画のワンシーンのようなスタイリッシュで素敵な写真を残すことができるのが、最大のメリットと言えるでしょう。
また、プランによってはコストを抑えることができるのも、大きな魅力です。
その上「結婚」という人生の一大イベントの写真をたくさん残すことができるのですから、とても素敵なスタイルと言えるでしょう。

フォトウェディングには「向き」「不向き」がある

フォトウェディングのデメリットは、あまりありません。
強いてあげるとするならば、自分から積極的に「こんなイメージの写真を撮りたい!」という希望がなかったり、人前でポーズを撮って撮影することに抵抗がある方には向かない、ということでしょうか。
新婦はノリノリだけれど、新郎は「こういうのはちょっと苦手で…」というケースも多いようです。

これから先、長い人生をともに生きていく二人ですから、新郎もここは少し努力して、新婦の気持ちに寄り添うようにしましょう。
フォトウェディングは、通常の写真館での撮影とは違い、人前でするのははばかられる様な大胆なポージングを求められることもあります。
そこで照れてしまうと、その場の空気が微妙になってしまいますし、良い写真を残すことができません。

素敵な結婚写真を残すことにだけ集中することが、撮影成功のコツと言えるでしょう。
そして、新婦もそういった新郎の気持ちを汲んで、自分から提案したり、促してあげるなどの工夫をしてあげることが大切です。
楽しんで撮影することが、フォトウェディング成功への一歩となります。

スタジオの選び方・予約の流れ

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!6
フォトウェディングは、結婚式場やホテル、写真スタジオ、最近ではフリーカメラマンによる撮影なども行われています。
ウェディングドレスなどは、個人で用意するのが難しいため、式場やスタジオのプランを利用される方が多いようです。
それでは、数あるフォトウェディングプランの中から、どのように自分に合ったプランを見つければ良いのでしょうか。

フォトウェディングスタジオの選び方

まずは、インターネットで検索をしてみましょう。
たくさんのスタジオが出てきますので、自分の希望する条件を追加しながらいくつかピックアップします。
料金面、フォトギャラリーページの写真の雰囲気、プランの内容などから比較検討し、時間に余裕があれば、下見にいくつか足を運んでみるのもおすすめです。

予約の流れ

希望に沿ったプランが見つかったら、スタジオの申込フォームやメール、電話などで問い合わせを行います。
その際には、撮影の希望日、希望のプラン、撮影に関する疑問・質問事項をまとめておくと良いでしょう。

予約は一般的に1~2ヶ月前を目安に行いますが、繁忙期となる春や秋が希望日の場合には、余裕をもって3ヶ月前には予約を済ませておくと安心です。

フォトウェディングの準備

フォトウェディングとは?気になる疑問をリサーチ!5

ドレスの試着もOK!

スタジオを決めたら、ドレスを試着したり、ヘアメイクのイメージについて予め相談しに行くことも可能です。
一生の記念となるフォトウェディングですから、満足がいくようにしっかりと相談したいですよね。
自分のイメージに近い写真などを持参すると、スタジオの方からの提案も引き出しやすいので、おすすめです。

自分たちで用意する必要があるものも

「スタジオに撮影をお願いするのだから、すべてお任せでしょ?」と考えられている方もいらっしゃいますが、そうではありません。
自分たちが直接肌に身に着けるものに関しては、事前に購入する必要があります。
洋装の場合、新婦はコルセットや肌着、ストッキング、アクセサリー、新郎は下着と靴下などが必要です。
和装の場合、新婦はタオルや手ぬぐい、肌襦袢、裾よけ、白足袋、新郎は襟元が深いシャツ、ステテコ、白足袋は自分たちで用意する必要があります。
当日、慌てないために事前にきちんと確認し、準備を進めましょう。

当日の流れ

当日は、撮影時間より30分前には到着するようにしましょう。
慌てて支度をすると、後悔が残ることもありますから、この日は特に時間には余裕を持って動くことが大切です。

スタジオに入ると、簡単な一日の流れの確認、お仕度、そしていよいよ撮影となります。
データを購入する場合は、撮影後に写真をセレクトする作業も入ります。

フォトウェディングにかかる時間としては、大体3~4時間程度のことが多く、和装・洋装両方の場合は5時間程度見ておく必要があるでしょう。

必要な持ち物リスト

撮影に持参するおすすめアイテムをご紹介します。

  • 結婚指輪
  • 二人の思い出の品
  • カメラ(自分たちのカメラで撮影可能な場合)
  • メイク用品(使い慣れているものでお直ししたいケースもあるため)
  • ストッキング、靴下の予備
  • ブーケ・ブートニア

スタジオによっては、持ち込み不可なものもありますから、持ち込みたいものについては予めその可否をスタジオに確認しておくことが大切です。
二人の新しい一歩を残す、大切な日。
しっかりと準備を整えるようにしましょう。

スタジオ撮影であっても、ロケーション撮影であっても、まずはお二人のイメージをしっかりと描くことが成功のポイントとなります。
最近は、写真スタジオのホームページも充実していますから、見比べて、自分たちが理想とする写真を撮ってくれそうなところを選ぶようにしましょう。

「そんなにこだわりもないので、撮影さえできればいい」そんな場合には、お二人の考えを伝えて、しっかりとスタジオスタッフが提案してくれるところを選ぶようにしましょう。

お二人らしい結婚記念写真が撮られるスタジオと出会えるといいですね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-ウェディングのカタチ, フォトウェディング

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.