広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

1.5次会 ウェディングのカタチ

結婚式と2次会はセットでやるのが必須!?

投稿日:2018年1月30日 更新日:

結婚式と二次会はセットでやるのが必須!?1
挙式、披露宴、2次会と続く流れが一般的とされていますが、2次会を開くかどうかは悩むところでしょう。
一生に一度となる結婚式へ招待しきれない人を招きたい場合や、海外や親族だけで挙式をした場合などに、2次会を開く選択肢もありますが、2次会は結婚式とセットで必ず開かなければならないものなのでしょうか。

2次会は結婚式とセットでやるべきなのか

結婚式と二次会はセットでやるのが必須!?2
結婚式は新郎新婦が主催となって行うものですが、2次会の主催は新郎新婦であったり、友人であったり、地域によってもケースが異なります。
一般的に挙式と披露宴はセットで行われますが、2次会は必ずやらなければならないと決められてはいません。

結婚式にも様々なスタイルがあり、夜に行われるナイトウェディングの場合は、結婚式後に2次会を開くには無理があるでしょう。
また、日曜日に結婚式を行う場合は、翌日にかかる負担を考え、あえて2次会を避けることも多いようです。
新郎新婦が望んでいなくても、友人がサプライズで用意するケースもあるため、2次会を開きたいと思う人が多ければ開くべきと言えます。

幹事を誰が担うかもポイント

司会進行や受付係などを新郎新婦が全て行うことは難しいため、友人へ幹事を依頼するケースが一般的です。
しかし、幹事にかかる負担は大きいため、仲の良い友人たちを平等に招きたいからこそ、2次会代行サービスを利用するケースも増えています。
プロへ依頼することで、全ての友人と心置きなく楽しむことができるメリットは大きいですが、内輪だからこそわかるアットホームな雰囲気が薄れる点はデメリットになるようです。

1.5次会という選択肢も

結婚式と二次会はセットでやるのが必須!?3
結婚式と2次会の中間にあたる、1.5次会というスタイルも近年では人気を呼んでいます。
祝儀制よりも会費制で行われることが多く、招待客と新郎新婦への金銭的負担が少なく済み、結婚式と2次会の良いところを集めたような進行で行われるのが特徴です。
招待客や演出にこれといった決まりが無いため、2次会を開くべきか悩んだ場合は一考の価値があります。

2次会は必ずしも開かなければならないものではありませんが、せっかくなら開きたいと考える人が多いでしょう。
一生に一度のことなので、新郎新婦でよく話し合い、後悔が少ない選択をするようにしましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-1.5次会, ウェディングのカタチ

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.