1.5次会 ウェディングのカタチ

1.5次会ってどんなことするの?プログラム進行と所要時間の目安

投稿日:2017年12月3日 更新日:

1.5次会とは、披露宴と2次会の中間のスタイルの結婚式です。料理はコース料理のこともあれば、ビュッフェスタイルのこともあり、新郎新婦の意向が反映しやすいスタイルといえます。

今回は、1.5次会のプログラムの流れや所要時間の目安を紹介します。

1.5次会のプログラムはどんな感じ?

411.1.5次会のプログラム進行・流れと所要時間の目安

1.5次会は、披露宴よりもかなり自由度が高いものです。

披露宴のように、祝辞や乾杯、余興やケーキカットなどの演出を盛り込んでプログラムを作るのもいいですし、人によっては歓談の時間を多めに取りたいということで余興や演出を最低限に抑えるという人もいます。格式を高めにすることもできますし、カジュアルやアットホームなスタイルにすることも可能です。

ただ、カジュアルさやアットホームさを重視するからといって、最低限のプログラムを省いてしまうと、単なるパーティになってしまいかねません。ある程度の演出は入れておくことをおすすめします。

プログラムはどういう流れで進行する?

1.5次会のプログラム進行・流れと所要時間の目安

1.5次会のプログラムですが、どのスタイルでも共通するのが、次のような流れです。

・新郎新婦入場
・乾杯
・歓談
・余興
・新郎新婦挨拶
・退場

余興は人によっては複数のものを盛り込むこともありますし、歓談時間とのバランスを見越して1回入れる程度にするという人も。

次に、各プログラムにかける時間についてみていきましょう。

各プログラムの所要時間の目安は?

1.5次会にかかる時間は、一般的に2時間~3時間程度です。その間、新郎新婦入場や挨拶、乾杯などにかかる時間はトータルすると30分前後。そうすると、余興や歓談などの中身に関するプログラムにかけられる時間は、1.5時間~2.5時間くらいということになります。

1.5時間の場合は、歓談の間に余興などの演出を挟んで、それぞれ30分前後で抑えるとスムーズかもしれません。一方で2時間~2.5時間くらい時間がある場合は、演出を複数入れ込んでも歓談の時間を邪魔することがなさそうですね。

 

1.5次会のプログラムの自由度はかなり高いため、決まったプログラムはありません。ただ、結婚式ということを踏まえて入れ込んでおきたい式次第はありますので、それを入れてみて余った時間がどれ位かによって、他にどんなプログラムを組むかを決めてみるといいのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-1.5次会, ウェディングのカタチ
-,

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.