ウェディングマニュアル 結婚準備

両親の心に響く!今までのありがとうを伝える「花嫁手紙」の書き方

投稿日:2017年7月2日 更新日:

結婚式での感動シーンは数々あれど、最も感動し、涙するのは、花嫁から両親への感謝の手紙ではないでしょうか?

それまで、ワイワイ、ガヤガヤ楽しい笑い声が響いていた結婚式会場が、シ~ンと静まりかえり、全てのゲストが、花嫁の声に聞き入ります。

緊張と感謝感激が入り混じって、声を震わせながら、一生懸命に手紙を読み上げるその姿に、誰しも1度は、涙した経験があるのではないでしょうか?

そんな感動を呼ぶ感謝の手紙を読み上げるヒロインが、今回、あなたになるのです。

両親の心に響く、感謝の手紙を書いてみましょう。

いつ、どんな状況で書いたらいいのか?

結婚が近づき、“あ~、もうすぐ私、結婚するんだよな~”“もうすぐ、この家を出るんだよな~”と実感できる頃、そう、結婚式まで、あと1週間を過ぎた頃が、ちょうどいい頃だと思います。

ちなみに、結婚式の前日は、避けた方が良いと思います。結婚式当日の花嫁は、朝早くから忙しいので、前日は、早めにゆっくり休んだ方がいいからです。また、睡眠不足は、お肌に良くないので、化粧ののりも悪くなってしまいます。

では、どんな状況で書いたらいいのでしょうか?

一日の終わり、お休み前がおすすめです。今日やることは、全て終え、のんびりとくつろいだ状況で書くと、言葉が浮かびやすく、しかも、素直な気持ちで手紙を書けると思います。

何をどう書いたらいいの?

SNS,メールが主流の現在、手紙を書く機会ってあまりありませんよね。まして、両親へ手紙を書くなんて、なんか照れくさい気もして、何を書いていいのか?わからない人も多いと思います。

花嫁の手紙の例文、文例集は、数々ありますが、何より大事なこと、それは、自分の思い出をゆっくり振り返り、自分と両親が共有できる印象的なエピソードをいくつか書き、自分の言葉で、両親に感謝の気持ちを伝えることです。

自分で考え、自分の言葉で手紙を書くことが重要です。

花嫁から両親への感謝の手紙の書き方

花嫁の手紙の構成は、書き出し、エピソード、結びの3構成が一般的です。中でもエピソード部分は、ボリュームを持ちたいところです。いくつかのエピソードについて書きましょう。手紙全体で、600~800文字くらいで、読み上げるのに2~3分程度が適当な長さだと思います。

まずは、両親との思い出を振りかえってみましょう。アルバムがあれば、アルバムを見ながら思い出を振りかえった方が、より、気持ちが入りやすいと思います。

心の準備はできましたか?幼い頃、中高生の頃、それぞれの頃の思い出を振りかえり、その頃の気持ちを思い出すことができたらOKです。

さあ、実際に手紙を書いてみましょう!

書き出し

書き出しは、親への感謝の言葉を綴ります。ゲストへお礼を述べてから、親への感謝に入った方が、丁寧で、ゲストへの配慮も感じられ良いと思います。

「本日はお忙しい中、私たち2人のためにお集まりいただきまして、本当にありがとうございます。」のひとことは必要だと思います。

さあ、親へのお礼の言葉です。なんて書きますか?

スタンダードに「お父さん、お母さん、〇〇年間私を育ててくれて、本当にありがとう。」

あやまりパターンで「お父さん、お母さん、いつも心配かけて、ごめんなさい。そんな私をいつも温かく見守ってくれて、ありがとう。」

正直に「普段、手紙なんて書かないから、何を書いていいのかわからないけど、これだけは言いたくて書きました。〇〇年間、本当にありがとう。」

などなど、いろんなパターンがあると思います。自分が伝えたい言葉で、両親に感謝の気持ちを届けましょう。

エピソード

アルバムを広げて、昔を思い出してみれば、たくさんのエピソードがでてくると思います。“あの時、あんな事があったっけな~”“今考えるとありがたいな~”なんて話が、いくつか浮かんでくることでしょう。それらを書いていけば良いのです。

普段の生活のエピソード

普段の生活の中で感じていたことや、普段の生活の1ページの話です。

お父さんへ「私たちのために、いつも遅くまで仕事をがんばってくれていたのに、休みの日は、いつも私たちと遊んでくれてました。今考えると、大変だったのに、ありがとう。でも、たまにしか会えないお父さんと遊べるのが、とっても嬉しかったよ。」

お母さんへ「いつも、私たちの身の回りの面倒を見てくれてありがとう。あの頃は、親だから当たり前だと思っていたけど、これから、私がやるんだと考えると、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。特に、高校の時、朝早くから、毎日作ってくれたお弁当は、大変だったよね?でも、いつも、お母さんのお弁当が楽しみだったよ。」

など、普段の生活の中で、昔は、当たり前だと思っていたけど、今考えると、“うれしかっ

た“とか、”大変だったんだろうな~“とか、自分が好きだった瞬間の話などを書けばいいのです。

困らせたエピソード

「小さい頃、よく熱をだしていた私を、いつも優しく看病してくれたお母さん、“お熱下がったかな~”と、額に当ててくれたお母さんの優しい手をいまだに覚えています。」とか、

「小さい頃、薬を飲むのが苦手だった私に“飲みなさい!飲まないと治らないぞ!”と必死に薬を飲ませようとしたお父さん。本当に困らせたよね?でも、そのおかげで、丈夫に育つことができました。」

など、小さい頃の病気やケガで、親に心配かけたとか、薬を飲むのが苦手で、いつも困らせていたとか、落ち着きがなく、よく迷子になって困らせたなどなど、何かしらあると思います。親が共感できるエピソードが良いですね。

反抗期のエピソード

多かれ少なかれ、親に反抗した時期があったと思います。

「中高生の頃、何もできないのに、生意気なことを言って、お母さんとケンカしたよね。あの頃は、素直になれなくて言えなかったけど、今なら言えます。本当にごめんね、そしてありがとう。」とか、

「訳も分からず、お父さんが苦手になって、ろくろく口もきかなくなった時期があったよね?お父さんに、色々ひどいことも言っちゃったのに、それでも、お父さんが、私のこと1番に考えてくれていたこと、わかってたよ。本当にごめんね、そしてありがとう。」

など、反抗期の頃は、素直になれず、謝れなかったことの1つや2つ、思いあたりませんか?

シングルマザー、シングルファーザーならではのエピソード

両親お揃いでない方もいらっしゃると思います。

一人でお父さん、お母さんの二役をこなさなくてはいけない、シングルマザー、シングルファーザーの子育ては、より大変なことだと思います。

「小さい頃、“なんで、ウチにはお父さんがいないの?お父さんが欲しい!”と困らせたよね。」とか、

「お父さんが、一生懸命作ってくれたお弁当なのに、ちょっと恥ずかしくて“自分で作るからいいよ!”なんてひどいこと言っちゃったよね。」

など、シングルマザー、シングルファーザーならではのエピソードが、きっとあると思います。

そんなエピソードを書き、「でも、充分、二人分の愛情を感じています。本当にありがとう。」などのように、深い感謝の言葉を添えましょう。

旅立ちの言葉

2~3個のエピソードを書いたら、旅立ちの言葉へと続けます。

「いろんなことがあったけど、今ここに、私が立っていられるのは、お父さん、お母さんのおかげです。

私は、今日、〇〇家を旅立ち、〇〇さんと新しい家庭を築いていきます。お父さん、お母さんのように、温かい家庭を築いていきます。今まで本当にありがとうございました。」

などのように、旅立ち、これからの抱負、そして感謝の言葉を綴りましょう。

お酒の飲みすぎや、健康面の心配など、お父さん、お母さんに、何か心配事があれば、

「寂しいからって、お酒を飲みすぎちゃダメだよ。からだに気をつけてね。」

などの一言を加えても良いでしょう。

結び

自分の両親に、旅立ちの言葉を送ったので、新郎のご両親にも、ひとこと送りましょう。

「お父さん、お母さん、何もできない私ですが、今日から〇〇さんと力を合わせて、明るく、幸せな家庭を築いていきますので、どうぞよろしくお願いします。」

などのように、“これからよろしくお願いします”の挨拶をしましょう。

さらに、ゲストのみなさんにお礼とお願いをすると、より丁寧ですが、新郎に任せてもOKだと思います。

まとめ

婚姻届の証人の頼み方。お礼や手土産は必要?1

結婚式の花と言っても過言ではない、花嫁の手紙を書くのに大事なこと、それは、自分の歴史を振り返り、両親への感謝の気持ちを、自分の言葉で伝えることです。

以前、私が出席した結婚式の中で、印象に残っている花嫁の手紙の1フレーズに、若い花嫁が、涙ながらに「お父さん!大好きだよ!」「お母さん!大好きだよ!」と叫んだことがありました。ストーレートな言葉で、グッときたのを覚えています。

両親への、愛情、感謝の気持ちを、自分の言葉で伝えることが大切なのです。

一生の中で、最大の“ありがとう!”を伝えましょう!

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.