結婚トレンド 結婚の知恵袋

婚姻届提出後、戸籍が出来るまでの期間ってどれくらいかかる?

投稿日:2017年7月1日 更新日:

婚姻届を出すと、日本人である証明とも言える戸籍が変わります。
ではどのように変わるのか、また、変わるまでどのくらいの期間が掛かるのか見てみましょう。

戸籍とは?

原則として戸籍は夫婦単位で作成されます。
また、そこには生まれてから死ぬまでの婚姻や本籍地の移動など、身分に関わる事項が記録されており、その原本は本籍地の役所で保管されています。

この写しとなる戸籍謄本や戸籍抄本は、日常生活で必要となることはほとんどありませんが、海外で身分を証明するパスポートの申請や、遺産相続といった場面で必要になります。

婚姻届を提出すると戸籍はどう変わるのか

婚姻届を出すと、これまでの戸籍情報を元にして戸籍が新しく作られ、夫婦であることも記録されます。
また、同時にそれまでの戸籍は除籍となります。

入籍という言葉がよく婚姻届を出す意味合いで使われますが、どちらか一方の籍へ異動するのではなく、夫婦としての新しく戸籍が作られるため、厳密には異なります。

戸籍が新しくできるまでの期間

役所によって案内されている所要期間は異なりますが、多くの場合、1週間程度かかるとされています。
最短で翌日に変わる場合もあるようですが、書類に不備があったり、審査に時間を要したりする場合は、2週間ほどかかることがあると案内している役所もあります。
急いでいる場合や書類に不安がある場合は、窓口で相談してみると良いでしょう。

審査に時間がかかる場合とは?

新しく作られる戸籍と、除籍となるそれまでの戸籍の本籍地が異なり、それが同役所でない場合は、少なくとも2つの役所間で書類のやりとりが発生します。

また、婚姻届に記載した住所と新しい本籍地が異なる場合も同様です。
関わる役所が多いほど、そしてその役所間が遠方であれば書類のやりとりにも期間がかかるため、処理が終わるまでの期間も長くなります。

結婚により戸籍が出来るまでってどのぐらい?

確実に婚姻届を受理して貰うために

婚姻届は提出日が婚姻日となりますが、書類に不備が無いか事前に窓口で相談や確認をして貰うこともできます。
本籍地が婚姻届を提出する役所と異なる場合は、戸籍謄本を本人が本籍地の役所から取り寄せなければならないため、必要な書類を揃えるにも時間がかかります。

確実にかつ早く処理して貰うためには、確認を入念にしましょう。

婚姻届を記入する際、なるべく丁寧な読みやすい字で書くと誤字の可能性も低くなり、また、処理をする役所の人も読み間違いが少なくなります。
時間帯によっては大変混雑する役所の窓口へ、不備の訂正などで何度も足を運ばなくて済むようにしましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-結婚トレンド, 結婚の知恵袋
-,

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.