ウェディング用語集 結婚準備

婚姻する際は2通の届け出が必要⁉入籍届と婚姻届にはどんな違いがある?

投稿日:2017年6月10日 更新日:

入籍と婚姻届けにはどんな違いがある?1

入籍を目前にすると、様々な疑問がわいてくるものです。
その中でも、入籍届と婚姻届について疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。

入籍届と婚姻届の違いを知らないと、「どちらも提出しないと正式に結婚できないの?」とか「婚姻届だけしか出していないけど、私たち入籍できてないの?」と不安になってしまうもの。
そこで今回は、入籍と婚姻届にはどのような違いがあるのかについて紹介します。

そもそも入籍とは?

一般的に「入籍」というと、結婚して夫婦の籍が同じになることを指します。
しかし、その他にも「入籍」と呼ばれる場面があります。
例えば、父母の離婚を理由に、両親どちらかの籍に入るようになることを「入籍」と言いますし、夫と離婚したため実父母のところの籍に戻ることも「入籍」と言います。
したがって、本来「入籍」は、誰かの籍に入ること全般を指すことになります。

入籍と婚姻届けにはどんな違いがある?2

婚姻届とは?

では、婚姻届とは、どういった性質があるのでしょうか。
婚姻届は、夫婦で新しく戸籍をつくることを意味します。

男性も女性も、一般的に結婚するまでは親の籍に入っているものです。
そこで、婚姻届を提出することによって、二人は法的に夫婦として認められることとなり、男性も女性も親の戸籍を離れて、新しい戸籍をつくり、そこに二人が所属する形となります。

入籍と婚姻届けにはどんな違いがある?3

婚姻届と入籍届の両方を提出しなければならないのか?

婚姻を理由に新しい戸籍をつくる場合、婚姻届のみ提出すればOKです。
「婚姻届と入籍届を出さないと正式に夫婦になれていないのではないのか」という疑問を持つ方もいるようですが、そんなことはありません。

婚姻届が無事に受理されれば、夫婦として認められることとなり、戸籍もお互いの両親の元を離れて新しくつくられます。
なぜなら、戸籍は原則的に、夫婦とその未婚の子供を単位として編成されるからです。

婚姻を事由に入籍をする場合、婚姻届を提出することによって「入籍」となります。
そのため、婚姻届はそれだけ重要な書類ということになります。
婚姻届は、書類に不備があると書き直しなどをしなければならない場合があるので、事前にしっかりとチェックしてから提出しましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-ウェディング用語集, 結婚準備
-

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.