広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

ウェディングマニュアル 結婚準備

両親に結婚を反対されてしまった…両親挨拶をうまく乗り越えるための対処方法

投稿日:2017年6月8日 更新日:

結婚挨拶に至るまでには、それなりに長い交際期間を経て、当事者同士で結婚の約束をしているものです。
しかし、結婚挨拶の段階で両親が難色を示し、結婚に反対してくるケースも残念ながらあります。
そんな時、どう対処すればいいのでしょうか?

「あえて」断って覚悟を試してくる人もいる

実際は反対していないのに、あえて「結婚は許さない」と挨拶の場で結婚を断るご両親もいます。
これはいわば、結婚に対する2人の気持ちと覚悟を確認するのが目的です。

相手が頼りないと感じての行動の時もありますし、自分の子供が頼りないと感じてのこともあるようです。
結婚すれば自立してやっていかなければならないので、「本当に親元を離れてやっていけるのか?」を見ている、ということですね。
結婚を断られる事情の裏にはこういったこともあることを知っておくと、いざ断られた時にショックが和らぐのではないでしょうか。

結婚挨拶の場で断られた場合の対処方法2

パートナーの態度を見極めて

結婚に反対された時は、2人の関係を見直す良いチャンスです!
前向きにとらえましょう。

両親に反対されて、パートナーの態度が急変し、いきなり別れを告げられた…という人も中にはいます。
悲しいですが、そんな相手は最初から人生の伴侶としては適切ではなかったのです。
結婚してから、両家の両親が干渉してくることは増えていきます。
いざという時に自分の味方をしてくれないのは辛いものです。

また、両親に結婚を反対されているというトラブルに相手がどう対応しようとするかも、しっかりチェックしましょう。
これから結婚生活は長く続いていくものとなります。
2人で色々なことを乗り越えられるかどうか、見極める良いきっかけにしてくださいね。

結婚挨拶の場で断られた場合の対処方法3

道のりは長くなっても、あきらめずに進もう

結婚を反対される理由は人それぞれで、本当に色々なものがありますが、反対されてもお互いの結婚の意志が固い場合は、あきらめずに両親を説得できるよう頑張ってください!
断られても何度もアポイントを取って、結婚の意思が固いことをアピールすることも必要かもしれません。
最初は反対されていたけれど、態度が軟化して最終的には結婚にたどり着けた人はたくさんいます。
2人の絆を深める良いチャンスだと思って、辛い日々を乗り越えていってくださいね。

結婚自体に反対していなくても、結婚挨拶の時に断ってくる人もいます。
結婚は何十年と長く続いていくものです。
時には逃げ出したくなるような辛いこともあるでしょう。
まずは、2人が結婚を真剣に考えているのか、結びつきはどうなのかを見るために反対するという人もいるのです。

結婚に反対されるのは辛いものですが、良いチャンスだととらえぜひ乗り越えていってくださいね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.