結婚の知恵袋 結婚準備

挙式のみ結婚式の費用の目安とは

投稿日:2017年4月9日 更新日:

結婚式は挙げたい、でも費用は抑えたい――そんな二人のニーズに応えるのが「結婚式のみ行う」というスタイル。
今回は結婚式のみの場合に必要な費用について、調べてみました。

「ナシ婚」で本当に後悔しない?

結婚式について調べていると「ナシ婚」という言葉が目に入ってきます。
これは、結婚式などのセレモニー的なことを行わないスタイルのこと。

ナシ婚を選ぶ一番の理由は、経済的事情のようです。
結婚と同時にスタートする新生活には、新居準備や引っ越し費用等なにかと費用がかさむもの。

「出費を抑えるために、結婚式をやめようか」という流れになるカップルも多いようです。
しかし、年を重ねて人生を振り返ったり、子どもが生まれた時に「やっぱりしておけばよかった!」と、本当に後悔しないのでしょうか。
費用を抑えつつ、式を挙げる方法について、ご紹介します。

挙式のみ結婚式の費用の目安とは2

挙式のみなら10万円程度

結婚式費用は抑えたいけれど、これからの人生を二人でともに歩んでいこうという誓いは立てたい――そんな願いを叶えてくれのが、挙式のみを執り行うという選択です。
その場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか。

神前式、チャペル式、人前式とスタイルにもよりますが、会場使用料は5万円~10万円程度が一般的。
挙式費用に新郎新婦の衣装代やヘアメイク代をプラスしても、20万円~30万円で抑えることが可能です。

挙式のみ結婚式の費用の目安とは3

「挙式+顔合わせ食事会セット」のプランが人気

「せっかく親族が一堂に会するのだから、食事会をしたい」「写真は残したい」などの希望がある場合は、多種多様なプランが用意されているので、チェックしてみてください。
会場使用料、衣装&ヘアメイク、写真、食事代、引き出物代セットで考えても、結婚式と披露宴を行うよりも、格段に抑えることができます。

結婚式は人生における、大きな節目。
振り返った時に「やっぱりウェディングドレスを着ておきたかったな」と思っても、過ぎてしまった時は取り戻せません。

また、家族にとっても大きな意味を持つもの。
お互い満足できる形でスタートを切れるように、しっかりと話し合いましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.