結婚の知恵袋 結婚準備

結納・両家顔合わせ・食事会の違いとは?

投稿日:2017年4月3日 更新日:

プロポーズを受けて婚約期間に入ったら、次にすることは両家の顔合わせです。
顔合わせの種類としては結納と食事会がありますが、どちらも一堂に会するもの。
この2つはどう違うのでしょうか?

結納と食事会の違い

結納とは、両家の縁を結ぶという意味合いの儀式です。
儀式ですので正式なものは仲人を立て、口上を覚えたり式次第に沿っていったりと決まった形があります。
結納は準備に時間も費用もかかるため、最近では略式で結納を行う人も増えてきました。
略式の場合は食事会のように両家が一堂に会しますが、あくまで結納という儀式であることを念頭に結納品の受けわたしや結納返しなどが行われます。

一方食事会は儀式ではなく、これから家族となる両家が親睦を深めるために催すものです。
ただ、両家が離れていてなかなか会う都合がつかないこともありますし、最近では結納と食事会を合わせて1つにする家も増えています。
177結納と顔合わせや食事会は意味合いが違うのか2

両方するなら順番は?

もしも結納と食事会を両方行うとき、順番が気になるところです。
基本的には両家の習わしがあればそれに従いますが、特にない場合は食事会を先に行うのが一般的です。

食事会では両家が初めて顔を合わせることになりますが、そこで結納や結婚式についての具体的な話し合いができます。
結納は服装の格をどうするかや、結納返しを決めるために結納金の額を知っておきたいなど、両家のコミュニケーションが必要なことも多いものです。
できれば食事会を先に行ってしまいましょう。
177結納と顔合わせや食事会は意味合いが違うのか3

結納と食事会の参加者は?

結納も食事会も両家が集まって行いますが、そこには家族が参加することになっています。
地域によっては結納の参加者は両親と新郎新婦だけというところも。
結納や食事会に参加できる家族の範囲は決まっているのでしょうか?

基本的には、家族以外の親族は呼びません。
兄弟姉妹は結納や食事会に参加することが多いものですが、両家で揃えるのが基本です。
家族の中でも新郎新婦が特別お世話になった人で、結納にも参加して欲しい人がいるなどの事情がある場合は事前に相談をしておくとスムーズです。

結納や食事会はその目的が違います。
ただ最近では結納か食事会、どちらか1つにするという家も多くなっています。
どういう形で進めていくかは、事前に両家で確認しておきましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-,

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.