広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

結婚の知恵袋 結婚準備

結婚報告を会社にする時期やタイミング・正式な伝え方とは?

投稿日:2017年4月1日 更新日:

結婚することが決まったら、会社にも報告をしなければなりません。
しかし、そのタイミングや誰に最初に報告したらいいのかなど、意外にわからないことも多いもの。
ここでは、会社に結婚の報告をする順序や、タイミングについて調べました。

会社に結婚の報告をするタイミング

会社に結婚の報告をするタイミングですが、その後会社を退職するか、そのまま勤務を続けるかなどによっても若干変わってきます。
もしも結婚と同時期に退職する予定なら、引き継ぎや後続スタッフの選定などのためにも、退職前3ヶ月くらいを目処に伝えておくとお互いに動きやすくなります。

ただし、勤務先の状況によっては希望する時期の退職が難しいこともあります。
そうならない為にも、できるだけ早い時期に伝えておくといいでしょう。

結婚後もそのまま勤務を続ける場合は、扶養の手続きや名義変更など、社内でも様々な手続きが発生します。
入籍に合わせて手続きが完了するように、1ヶ月から2ヶ月前には会社に報告して手続きを始めておきましょう。

結婚の報告を会社にする時期・タイミングとは2

正式な報告は直属の上司から

結婚が決まったら、仲のいい同僚から先に報告したくなるものです。
しかし、自分で正式に伝える前に上司に結婚のことが伝わってしまうと、トラブルの原因にもなりかねません。
その為、正式な報告はまず直属の上司に行うのが基本です。
どうしても同僚に先に報告したいときは、口外しないようにお願いしておきましょう。

直属の上司の次は、上役、その次に先輩に報告し、最後に同僚と後輩に報告するのが一般的な流れです。

結婚の報告を会社にする時期・タイミングとは3

結婚の報告をする時、合わせて伝えておきたいこと

結婚の報告を上司にするときには、合わせて以下のことを伝えておきましょう。

  • 結婚後は仕事を続けるのか、退職する予定なのか
  • 結婚式は行うのか、会社から誰を招待するのか
  • 配偶者の転勤や異動に伴う引っ越しなどの可能性があるのか
  • 新婚旅行などで長期休暇を取る予定があるのか

これらは業務上確認しておく必要があるものの、なかなか会社側から聞けないこともあるからです。
まずはこれらのことを合わせて伝えておくと、その後の話や手続きもスムーズに進むのではないでしょうか。

結婚するとき、会社に報告するタイミングはその後も勤務を続けるかどうかで変わっていきます。

退職の意思があるならばできるだけ早めに報告をする。
正式な報告は直属の上司から行う。

会社に結婚の報告をする際はこの二点を意識して、幸せな結婚生活を送ってくださいね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.