広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

恋愛 恋愛・夫婦生活

モテる女性になるために!男性の前で控えるべき行動6選

投稿日:2017年3月26日 更新日:

好感の持てる女性を目指すために、女性が異性の前で控えるべき行動とはどんなことでしょうか。実は、よかれと思ってやっていたことも、男性にとっては逆効果だった……なんてことがあるかもしれません。

そこで今回は、好感の持てる女性になるために、男性の前で控えるべき行動を6つにまとめました。これを読めば、明日からあなたも好感度の高い女性の仲間入りができるかもしれません。

「うまい」「おまえ」などの男勝りな言葉遣い

身だしなみに気を遣っていても、ふとしたときに出る言葉が「うまい」や「おまえ」など男勝りな言葉だった場合、あなたの印象が変わってしまうかもしれません。男性は、身だしなみと同じくらい女性の言葉遣いが気になってしまうものなのです。日頃から「おいしい」「あなた」など、言葉遣いに注意しておくと良いでしょう。

他人の悪口や否定が多い

他人の悪口や否定が多い人は、一緒にいるだけで不快に感じてしまいます。相手の欠点ばかりではなく、良いなと思うところにも気づくように心がければ、自然と悪口や否定的な言葉が減っていくかもしれません。今すぐにでも実践していきたいところです。

TPOに合わない服を着てくる

デートに部屋着を思わせるような服を着てきたり、食事に行くのに露出の多い服を着ていたりした場合も、男性からの印象を悪くしてしまう可能性があります。TPOに合わせた服を身につけるのも、大人のマナーと言えるかもしれません。逆に、その場に合った服を身につければ、男性だけでなく同性からも好印象を得られるでしょう。

レストランやコンビニなどの店員に対して横柄な態度をとる

普段は誰に対しても気さくで優しいのに、レストランやコンビニの店員などに対して横柄な態度で接してしまうと、男性はあなたに対して良くないギャップを感じてしまうかもしれません。誰に対しても公平な対応をとるように心がけましょう!

食べ物を口に含んだまま話す

食事中に、食べ物を口に含んだまま話す女性も控えるべき行動と言えるでしょう。他にもクチャクチャと音を立てたり、肘をついて食べたりすることも、あなたの印象を悪くしてしまうためオススメできません。一度にたくさんの量を口に含むのではなく、少しづつ口にするなど食べ方のマナーに注意を払うことも、好感の持てる女性になるためには大切なことです。

男性におごられて当然という態度をとってしまう

感謝の気持ちもなく、おごられて当然という態度をとってしまうと、ひいてしまう男性もいるかもしれません。おごってもらえると分かっている場合でも、感謝の言葉を口にする、財布または小銭を出すなどの姿勢を忘れないようにしたいところです。

何気ない行動に注意を払い「好感の持てる女性」を目指そう

男性から好印象を持たれる女性になるためには、その場しのぎの行動ではなく、普段何気なくやっているクセや習慣から見直す必要があるかもしれません。しかし、クセや習慣が徐々に改善されていけば振る舞いが変わり、周りの目も自然とより良い方向に変わっていくのではないでしょうか。良い連鎖反応が起きるチャンスですよ! ぜひ、実践してみてください。

The following two tabs change content below.
Kasumi

Kasumi

歌を教える先生をしていたり、クリーニング師の資格を持つなど、少し変わった経歴を持っています。ジャンルを問わず、読み手の人に楽しんでもらえる記事を書くことモットーに日々奮闘中。音楽と文学がだいすき!

-恋愛, 恋愛・夫婦生活
-,

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.