広告バナーマリアル2次会記事

広告バナーマリアル2次会記事

marrial記事_婚姻届

marrial記事_婚姻届

結婚の知恵袋 結婚準備

結婚記念日に夫を喜ばせたい!プレゼントを選ぶコツ&当日の過ごし方

投稿日:2017年3月25日 更新日:

結婚記念日は楽しみだけれど、プレゼントには悩んでしまう夫婦もたくさん。結婚が長くなると、「そんなのいつだっけ?」と遠い記憶になってしまうこともあります。せっかくの結婚記念日ですので、思い出の1日にしてみませんか。そこで結婚記念日のプレゼントを選ぶコツや、当日の過ごし方をご紹介いたします。

プレゼントを贈る際は3パターンで考えて

1.相手が好きな「モノ」を贈る

誕生日プレゼントと同じように、相手が欲しいと思うモノを贈ります。喜ばれるポイントは、相手のことを普段から観察して、欲しいけれど買っていないモノがベスト。サプライズ感を出すなら、「何がいい?」という質問は避けるほうがよいため、難易度が高くなることもあります。それでも、旦那さまに「コレほしかったんだよね!」と喜ばれれば、妻としても嬉しくなりますね。旦那さまとの日常の会話をチェックして、情報収集をしておきましょう。

2.心をこめた手作り品で喜ばせる

手編みのマフラーや手作り料理などは、あなたにしかできない贈り物。手作りなので、少し時間がかかるかもしれませんが、心が伝わる贈り物になります。いきなり手作り料理に挑戦するのが大変だと感じる人は、予習をしておきましょう。旦那さまがいない時に、こっそりと作って自分で試食するほうが安心。料理のレパートリーが少ない人は、これを機にもう少しレパートリーを増やせるようがんばってみると、旦那さまから愛されますよ。そのためなら、ちょっと背伸びしてみてもよいですね。

3.お互いで楽しめる想い出を贈る

プレゼントを交換しあってもよいですが、結婚生活が長くなると、ネタ切れになることが予想されます。そんな場合には、旅行などお互いで楽しめる想い出づくりがよいでしょう。結婚記念日に向けて予算を立ててみるのもよいですね。旅行のメリットは、非日常を感じることです。温泉に入ってのんびりするだけでも、よい想い出になりますよ。子どもがいない夫婦なら、ファミリー向けの宿より、夫婦向けの大人の雰囲気が味わえる宿がおすすめです。

旦那さまが好きなモノで、喜ばれるコツ

プレゼントで結婚記念日をお祝いしたい人は、男性がどのようなモノで喜んでくれるのかを知っておくとよいですね。男性の場合は、ネクタイ・カバン・腕時計など”実用品”が幅広く喜ばれています。また、みんなが使っているモノではなく、自分しか持っていないモノであると、友達や同僚に自慢したくなる人も多いでしょう。

また、男性はメカニックなモノが大好き。家電でも、アレコレ便利機能が付いているだけで、「すごいなあ」と思ってしまうのです。女性はどちらかというと、使える機能だけあればよいので、違いを理解しておくと喜ばれる率もアップします。

結婚1周年、初めての結婚記念日はどう過ごす?

結婚記念日は、最初から「どうしようかな」と悩んでしまうのが現実。そこで結婚1周年、初の記念日の過ごし方を調べてみました。結婚1年目は、紙婚式とよばれています。真っ白な紙は、結婚生活のスタートを意味しています。紙にまつわる贈り物で、手帳などを渡すケースもあります。

結婚して間もないということもあり、結婚式を挙げた教会に行くカップルも。出産をする人は、実は1周年のお祝いどころではないのが現実かもしれません。ささやかにケーキと花束でお祝いをするなど、無理のない過ごし方が選ばれているようです。

お互いの想い出づくり、どんなことをする?

印象に残る日にしたい人のために、その他のプレゼントをご紹介します。難易度の低いものから、チャレンジレベルまでを順にお伝えします。どのように過ごしてみたいのか、考えてみて下さいね。

1.家の中に”ペアリング”を隠して探す

結婚の記念に、ペアリングを揃えるのも楽しいですね。結婚指輪よりは高くないものでも構いません。また、普通に渡すのではなく、ソファーやテレビの裏に隠しておいて、旦那さまが帰ってきたら探してもらうというのもアリ。旦那さまから結婚指輪をもらっているなら、そのお返しというような意味もこめてみてはいかがでしょうか。ペアリングにした理由も伝えると、距離感がぐっと縮まります。

2.手づくりの絵本やフォトブックを作る

インターネットを使って、オリジナルの絵本やフォトブックが作成できるサービスがあります。ゼロから手作りをするのは少しハードルが高いですが、これらのサービスは、誰でも比較的簡単にできるものが多いでしょう。少し注意したいのは、納期です。オリジナルのものは、早くても1週間くらいかかることも多いため、事前準備を心がけましょう。フォトブックは写真の選定をする時間も考えると、前もってデータを整理しておきましょう。

3.雰囲気の良いレストランで外食

予約が必要なレストランでの食事は、非日常的。記念日らしい記念日をおくることができるでしょう。事前にサプライズができるかどうかも、お店側に確認しておく方法もあります。落ち着いて過ごしたい人は、食事だけでもOK。サービスが行き届いているところであれば、写真をとってくれるウエイターさんもいます。またよい雰囲気のところは、ちょっとおしゃれをしていくと、キモチも引き締まります。恋人時代のふたりを思い出し、デートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

4.高級ホテルに宿泊してドキドキ

高級ホテルに宿泊してみるのもおすすめです。先ほど旅行というお話もしましたが、なかなか時間が取れない人は、地元の良さそうなホテルに宿泊するだけでも、旅行気分を味わうことができますよ。家で結婚記念日を祝うことが多い人は、時には場所を変えるだけで新鮮なキモチになれるでしょう。そこにケーキと花束があるだけでも、雰囲気がアップしますよ。

5.ヘリコプタークルーズをする

貸切の場合は10万円くらいするケースもありますが、記念日にヘリコプターで夜空をクルーズする人も少なくありません。首都圏で行っている場合も多く、場所が限られるデメリットもありますが、想い出に残るプレゼントになるでしょう。高所恐怖症の人は、船のクルーズも利用してみてはいかがでしょうか。5年、10年といった節目の年に、思い切ったことをしてみるのもよいですね。いつまでも語り継がれる想い出にもなります。

まとめ

結婚記念日はプレゼントを贈りあうだけではなく、ふたりの共通の想い出づくりをするのも1つの方法です。どの方法にも共通して言えることは、事前準備。レストランなら早めに予約をしておくだけで、よい席が用意されていることも多くあります。いかなる方法でも、相手が喜ぶことを考える、これがプレゼントのキホンになりますね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-,

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.