ウェディングマニュアル 結婚準備

結婚式の前撮りのメリット・デメリット

投稿日:2017年3月11日 更新日:

結婚式に先立って、前撮りを入れるカップルが増えています。
結婚式のプランにも組み込まれていることが多い前撮りですが、どんなところにメリット・デメリットがあるのでしょうか?

ゆっくり撮影できる

結婚式当日はゲストがたくさん写真を撮ってくれたり、専用のカメラマンさんがついてくれますが、なかなかポーズを決めたフォーマルな写真を撮るのは難しいものがあります。
前撮りであれば、誰もいないロケーションで好きなポーズを決めて撮影もできます。
チャペルや式場などで二人きりでフレームに収まることができますし、綺麗な絵画のような一枚を撮ることも可能です。
162結婚式の前撮りのメリット・デメリット2 (2)

いろいろ試せる

前撮りのためにヘアセットやメイクをするので、結婚式当日の予行練習になるというメリットもあります。
それに費用の問題がクリアできれば、結婚式では着られない衣装を着ることもできます。

一生に一度のことだからドレスだけじゃなくて白無垢も着たい、という時には前撮りを利用するのも一つの方法です。
また、結婚式当日のための笑顔の練習になったという声も。
162結婚式の前撮りのメリット・デメリット3

デメリットはやはり費用

デメリットとしてはやはり費用面が大きいようです。
前撮り費用の相場は6万円〜10万円くらいと言われていますが、グレードを上げたりオプションを追加するとさらに費用がかかることも。

結婚ではほかにもいろいろな費用がかかるため、前撮りにお金をかけるよりもほかのところにお金をかけたいと新郎から提案されることもあるようです。
また、データを全てもらうためには別料金というところも多いため、アルバム以外に結婚の報告はがきなどにデータを使いたいと考えた時に費用が余計にかかるというデメリットもあるようです。
全データの受け渡しも費用に含まれているプランもあるので、見積もりをもらって確認するといいかもしれません。

結婚式の前撮りでは、いろいろなポーズやドレスが試せたり、落ち着いて撮影ができたりとメリットは大きいもの。
しかし費用が高いというデメリットもあるようです。
費用を抑えるなど、メリット・デメリットがカバーできるようパートナーといろいろと話し合って検討してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-,

Copyright© マリアル ウェディングのリアルメディア , 2018 AllRights Reserved.