ウェディングのカタチ 授かりウェディング

妊婦でも和装を着たい!授かり婚でも和装で結婚式は可能?

投稿日:2017年1月8日 更新日:

結婚式の衣装選びは、花嫁にとってやっぱり吟味したいもの。
最近は和装人気も高まっており「妊婦でも和装をしたい」という方も多くいます。

妊娠期間中でも、和装はできるのでしょうか。

妊娠していても和装OK!

結論から言うと、妊娠していても和装は可能です。
ウエストラインがどうしても強調されるドレスとは違い、和装は着丈で選ぶため、お腹が大きくても問題なく着用可能です。
打掛などは特にお腹が目立ちにくいので、スマートに着こなすこともできます。

ドレスは美しいラインが命ですので、試着をし、一人ひとりにぴったりと合うサイズにお直しする必要があります。
一方、着物は着付けで調整可能ですので、サイズ調整が不要なのも、体型が変化しやすい妊娠期間中には嬉しいですね。

和装は意外と苦しくない

「着物」と言うと、帯をきゅっと結び、息苦しいイメージを持つ方も多いと思います。
でも、着付けの仕方次第で、苦しくなく着られることをご存知ですか?

結婚式場の着付け師の方は、その道で活躍されてきたプロ。
妊娠していることを伝え、信頼してお任せすれば、苦しくないように気を配りながら着付けをしてくれますので、心配する必要はありません。

大変なのは「重い」こと

授かり婚にぴったりのように思える和装ですが、一つ問題があるとすれば、重みがあること。
お着物自体もそうですし、鬘など、装飾品にもそれなりの重さがあります。

とはいえ、我慢できないほどのものではありませんので、迷うようでしたら一度試着してみることをお勧めします。
結婚式当日は長丁場ですから、途中で辛くなってしまっては大変です。
ましてや、妊娠期間中ですから、身体に不必要な負荷はかけたくありません。
試着をし、その重さを体感した上で、選択肢の一つとして検討するのがいいでしょう。

和装は体型が分かりにくいので、一見授かり婚であることが気づかれにくい面もあります。
当日、サプライズで報告する予定がある方には、ぴったりかもしれません。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングのカタチ, 授かりウェディング
-, ,

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.