1.5次会 ウェディングのカタチ

1.5次会や会費制の結婚式でも「芳名帳」は必要なの?

投稿日:2017年11月2日 更新日:

1.5次会でも芳名帳は必要なの?1

少しかしこまったイメージの強い「芳名帳」。結婚式の受付には置かれているものですが、1.5次会というスタイルでも必要なのでしょうか? 今回は芳名帳について、考えてみます。

1.5次会でも芳名帳は必要?

「正式な披露宴ではなく、1.5次会なのに芳名帳なんて大げさじゃないかな?」と思われるカップルもいらっしゃいますが、芳名帳にはさまざまな種類があります。本当に住所と氏名だけ記名するシンプルなもの、メッセージカードを兼ねているゲストブック的なものも。

どのような目的で芳名帳を用いたいのかを新郎新婦でよく考え、必要に応じてセッティングすればそれでいいのです。

会費制でも必要?

こちらも、新郎新婦の考え方次第になります。「会費制なのに、芳名帳があるなんてちぐはぐな感じがする」なんて思うゲストは、まずいません。新郎新婦の新しい門出を祝うために駆けつけてくださったゲストですから、受付で一筆書くくらい、何とも思わないものなのです。

そもそも芳名帳の役割とは?

1.5次会でも芳名帳は必要なの?3

芳名帳の役割は、結婚式当日にゲストが受付を通っているかどうか、招待状を送った後、転居されている方がいないか、漢字に間違いがないかなどの確認をする意味があります。多少手間のように感じられるかもしれませんが、どなたが出席してくださっているかを確認する大切なアイテムです。

また、新郎新婦にとっては、結婚式の思い出のアイテムともなります。結婚式は1.5次会でも、会費制でも、人生の一大イベントであることに変わりはありません。「思い出の品として残しておきたい」と思われるなら、ぜひ用意してください。

芳名帳を用意しない場合、注意しておきたいポイントは?

「受付でゲストに芳名帳を書かせるのは、なんだか申し訳ない」そんな風に考えて、芳名帳を使用しないカップルもいらっしゃいます。その場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

芳名帳がないということは、出欠確認をするツールがないということになります。たとえ芳名帳がなくても、会費やご祝儀を受け取る受付は必要ですから、受付には名簿を用意しましょう。そして、受付の方にはゲストのお名前を確認してもらい、会費などを受け取り、出欠チェックをしてもらいます。こうすることで、間違いなく当日来てくださっていたということが確認できます。

最後に「芳名帳」は、おもてなしのひとつでもあることをご紹介します。結婚式とは、あくまでもお祝いの場。芳名帳を省略するというのは、ゲストの手間を省くというメリットもありますが、おもてなしの度合いが低くなるという意味にもつながります。芳名帳が置かれていることの意義を、二人でよく話合ってみてください。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-1.5次会, ウェディングのカタチ
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.