ウェディングマニュアル 結婚準備

【挙式スタイル】神前式に関する記事まとめ

投稿日:2017年10月29日 更新日:

結婚式のスタイルには一般的に
・教会式(キリスト教式)
・人前式
・神前式
の3パターンがあります。どのスタイルにすれば良いか悩む新郎新婦様もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、これまでにmarrial(マリアル)で掲載してきた記事をもとに、「神社」もしくはホテルや結婚式場の「神殿」で行う神前式に関する記事をまとめました。結婚式のスタイルを選ぶときにぜひ参考にしてくださいね!

神前式に関する記事まとめ

神社で行う神前式

神社での結婚式は、「伝統的な日本の結婚式を体験できる」という点が最大の魅力です。デメリットとしては、神社により「参列者の数が限られる」ことです。

神社での結婚式のメリット・デメリット1

神社での結婚式のメリット・デメリット

神社で行う結婚式には、次のように、神社によっていろいろなプランが用意されています。
・挙式のみプラン
・写真撮影付プラン
・二人だけの挙式プラン
・家族との会食の付いたプラン

神社での結婚式プランはどんなものが用意されている?1

神社での結婚式プランはどんなものが用意されている?

神社は外にあるので、「雨が降ったらどうなるの?」と気になる方も多いのでは? 雨天時は赤い和傘をさして行うこととなりますが、とても風情があり素敵なものですよ。

神社での結婚式(神前式)、雨が降ったらどうなるの1

外で行う神社での結婚式「神前式」。雨が降ったらどうなるの?

神前式は本来、家同士が神の前で契りを交わすもの。まずは親族を招待し、収容人数に余裕がある場合は、友人に参列してもらうことももちろん可能です。しかし、神社としてもそれぞれのお考えがあることなので、事前に確認しておくと良いですよ。

神社の結婚式は友人も参列可能家族のみ1

神社の結婚式は友人も参列可能?家族のみ?

神社で結婚式を行う場合、まずは神様にお納めする初穂料が必要となります。初穂料の相場は5万円~10万円。他にも、衣装・ヘアメイクセット・小物・カメラ撮影など、どういったものに費用がかかるのか知っておきましょう。

神社での結婚式の費用の相場とは?初穂料も必要1

神社での結婚式の費用の相場とは?初穂料も必要?

ホテルの神殿で行う神前式

神殿での結婚式の魅力は
・厳かな雰囲気の神殿で式が執り行われる
・巫女の舞・雅楽が楽しめる
・和装を楽しめる
・家と家との結びつきが強くなる
・新郎の出番が多め
・費用がそれほどかからない
などがあります。
また、家と家を結びつけるという考えがベースになっている日本の伝統的な結婚の儀式のため、友人・会社の同僚などが招かれることが少ないので、親族のみで結婚式を行いたいという方にもおすすめです。

厳かな雰囲気が素敵!ホテルの神殿結婚式の魅力に迫る

実際にホテルの神殿で結婚式をされたカップルの写真集です。日本ならではの雰囲気がとても素敵ですよ!

ウェディングフォト Part11 ~ホテルウェディング~

神前式のプログラム

結婚式と言えば、多くの方が教会で愛を誓う「教会式」をイメージされると思いますが、神前式は全くプログラムが異なります。音楽・服装・儀式など、どれも日本の伝統的な様式で執り行われ、式全体が厳かな雰囲気で進んでいきます。

神前式の魅力とは?気になる流れや注意点も!

教会式では母が娘へ向けて行うセレモニーとして「ベールダウン」が行われますが、神前式では母親が結婚する娘に、口紅を塗る「紅差しの儀(べにさしのぎ)」というセレモニーがおすすめです。

結婚式で和装を着るならやっておきたい!親子の絆を結ぶ「紅差しの儀」

髪型・衣装

ウェディングドレスとは違い、和装で結婚式を行うメリットは大きく二つあります。
・日本の結婚の良さを改めて知ることが出来る
・和装は体型を気にしなくて楽しめる
和装による結婚式には多くの思いが込められているんですよ!

日本の古き良き伝統を味わえるチャンス!結婚式を和装で行う魅力とは?

知らない人も多いかもしれませんが、実は和装にも多くの種類があります。
・白無垢
・色打ち掛け
・黒引き振り袖
・大振袖
・新和装
しっかりマナーを抑えて素敵な花嫁姿になってくださいね。

和装の結婚式「和婚」が人気上昇中!?髪型・衣装・マナー徹底解説!

和装の結婚式。花嫁の和装にはどんな種類がある?1

和装の結婚式。花嫁の和装にはどんな種類がある?

【新婦向け】結婚式で和装。着物の柄の意味とは?1

結婚式で和装を着るなら知っておきたい!着物の柄に込められた意味

日本ならではの雰囲気を味わえる神前式

結婚式と言えば教会式をイメージされる方が多いですが、日本ならではの雰囲気を味わえる神前式もとても素敵なものです。結婚式という一生に一度の大切なものなので、どの挙式スタイルにするか迷うかもしれませんが、後悔のないようしっかり考えてくださいね!

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.