ブライダルフェア

これで完璧!ブライダルフェア完全マニュアル

投稿日:2017年9月9日 更新日:

結婚式場を決め兼ねているときに参加したいのが「ブライダルフェア」。多くの式場で、ドレス試着や試食をし、会場の雰囲気を味わうことができるブライダルフェアが行われています。

しかし、ブライダルフェアを知らない方もいれば、行きたいけどどうすれば良いか悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、ブライダルフェアに関する悩みを全て解決します!

ブライダルフェアって何?

「ブライダルフェア」とは、結婚式場を探しているカップル(もしくは、それに準ずる方)に、会場を知ってもらうためのイベントの総称です。その定義は、会場によって異なるため、ブライダルフェアでどんなことができるのかについては、厳密な決まりがありません。

有名なタレントのトークショーやドレスファッションショーが催されたり、実際の結婚式の料理を試食できたりするような大規模なものもあれば、挙式会場や披露宴会場を見学したり、引き出物のサンプルや写真集などを手に取ってみることができたりと、かなり実質的な内容のものもあります。ドレスの試着ができたり、模擬挙式に参列したりと、結婚式を体感できるイベントも多く催されています。同じ式場であっても、開催日によって内容や規模が異なる場合も多いので、ブライダルフェアに参加する前に詳細内容は必ず確認してくださいね。

さらに詳しく知りたい方はこちら「式場探し前にチェック!ブライダルフェアの基礎知識
※ブライダルフェアのメリット・デメリットや、どんなブライダルフェアがあるのか、ブライダルフェアの基礎知識が詳しく書かれています。

ブライダルフェアに行こう!

ブライダルフェアがどんなものか分かったら、次は実際にブライダルフェアに行ってみましょう。結婚式の会場に足を運んだり、模擬挙式や模擬披露宴で体験してみることは、一番リアルに自分の結婚式を想像できますよ。

ブライダルフェアに行く前に知っておきたいことをまとめました。以下の8つをきちんと準備し、ブライダルフェアを満喫して、納得した会場選びをしましょう。

ブライダルフェアに行く前にしておきたい8つの準備

準備1.ブライダルフェアは予約必須!

基本的に、ブライダルフェアは事前予約必須の会場がほとんどです。参加する時には、最低限、前日までには必ず予約をしましょう。

準備2.結婚式希望日の約半年〜1年前に参加しよう

一般的には、結婚式を希望している日程の約半年〜1年前から、ブライダルフェアに参加するカップルが多いです。

準備3.フェアには約2件~3件参加した!カップルが多数

会場を比較検討するために、式場を正式予約する前に、約2件~3件のブライダルフェアに参加するカップルが多いです。

準備4.知っておこう!当日のスケジュール

1日に複数会場のブライダルフェアを予約するカップルもいますが、実際に参加してみると、一つの会場に思いのほか、時間がかかることがわかります。参考までに、ブライダルフェアの内容別のおおよその所要時間を書き出してみました。

  • 模擬挙式(30分〜)
  • 試食会(30分〜1時間半)
  • 試着会(30分〜1時間)
  • 会場見学(30分〜1時間)
  • 相談会(1時間〜2時間半)

どんなに時間がない場合でも、ブライダルフェアは多くても1日2会場までの参加がいいでしょう。

準備5.何を着ていけばいいの?

“おしゃれなレストランで記念日のディナーをするような格好”というと、イメージがしやすいでしょうか。

女性の場合
  • ワンピースやトップス&スカートにパンプス(清潔で上品なもの)
  • 体温調節ができるジャケットやカーディガンを持参
  • 履きなれたパンプス(高すぎるハイヒールは避ける。)
  • ドレス試着の場合は、脱ぎ着しやすい服装
男性の場合
  • ジャケット、ワイシャツやポロシャツにスラックス、革靴
  • カジュアルすぎない、清潔感のある服装
  • ビジネススーツでもOK

準備6.フェア必需品 3アイテムとは?

  • デジカメ
  • 筆記用具・メモ帳
  • 大きめのカバン or エコバッグ

準備7.会場選びで失敗しないために、事前に考えておくこと4つ

  • ゲストのリストアップ・人数を算出する
  • イメージ・条件をすり合わせる
  • 費用を把握する
  • 結婚式予定日を考える

準備8.ブライダルフェアでチェックするべき項目を書き出す

結婚式場で見ておきたいチェックポイントを事前に書き出しておき、当日きちんと確認できるようにしましょう。

さらに詳しく知りたい方はこちら「ブライダルフェアに行く前にしておきたい8つの準備とは?
※ウェディングプランナーが教える、ブライダルフェアでチェックするべき65項目など、ブライダルフェアに行く前の準備が詳しく書かれています。

オススメのブライダルフェア

東京・大阪・京都・名古屋・福岡の5つのエリアで行われているフェアを次の4つに分けてピックアップしました。

  • 卒花が「行って良かった!」オススメのブライダルフェア
  • お料理の試食も楽しめるブライダルフェア
  • ドレスの試着が楽しめるブライダルフェア
  • デートとしても行けるブライダルフェア

ぜひ参考にしてみてくださいね。

エリア別オススメの人気ブライダルフェア

ブライダルフェアに関するよくある疑問・質問

ブライダルフェアのことがよく分かってきて、具体的にいざ、参加しよう! と思うと、ふとした疑問が出てくるもの。新郎新婦様からブライダルフェアについて、よくいただく質問の中から厳選した13項目についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

【厳選】ブライダルフェア前によくある疑問・質問13項目

Q1.カップルで参加するべき?1人参加ってアリ?

ブライダルフェアはカップルで行くもの、そう思い込んでいる方は案外多いです。実際に、カップルで参加される方も多いですが、そうでない場合もあります。一人で参加したり、お母様と参加したり、友達と参加しても問題ありません。

Q2.ブライダルフェアシーズンっていつですか?

ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの大型連休、お盆や年末年始など、世間一般的に帰省をする時期の後は、ブライダルフェアも込み合うことが多いです。もしも早く動けるならば、このシーズンよりも一足先に会場へ足を運ぶことをお勧めします。

Q3.その場で申込まなければいけませんか?

必ず、その場で申し込みをしなければならないということはありません。家に持ち帰り、パートナーとよく話し合ったり、家族と相談したりしてから申し込んでも問題はありません。

Q4.ドレス試着をしたいときは、どんな服装で行けば良いですか?

ドレスを試着する場合は、脱ぎ着しやすい服装でいきましょう。ブラジャーは、ストラップの取り外しができるものがベストです。白ドレスを試着することが多いので、下着は白やベージュなど、目立たない色を選ぶことをおすすめします。

Q5.当日予約で、参加できる可能性ってありますか?

基本的には、前日までに予約必須のブライダルフェアですが、突然当日スケジュールが空いたり、予定変更で当日にブライダルフェアに行けることになったりした場合は、開催当日であっても、一度会場へ問い合わせてみるといいでしょう。

Q6.どのくらいの時間がかかりますか?

会場やフェア内容によっても異なりますが、ブライダルフェアに参加する場合、ひとつの会場につき、2時間〜3時間はかかると考えておいた方がいいでしょう。

Q7.同じ会場のブライダルフェアに何度も参加して良いのですか?

ブライダルフェアは、基本的には、何度参加しても良いものが多いですが、会場によっては、参加回数が限られる場合もあります。迷った場合は、直接会場に確認してみましょう。

Q8.試食会に参加しようと思っています。気をつけることはありますか?

お昼時間に合わせて予約を取り、お腹を空かせて行ったのに、結局、試食ができたのは、夕方だった……なんてカップルの失敗体験談は多いです。試食前に、数時間の説明や会場の見学がある会場が多いことを覚えておきましょう。

Q9.メリットはわかりましたが、デメリットって何ですか?

ブライダルフェアに参加するデメリットは、あまりありませんが、強いて言うならば、勢い余って、即日申込んでしまう方もいる、ということです。会場の雰囲気や当日のテンションで“とりあえず契約”をしてしまわないよう、冷静に考えることも大切です。

Q10.「見積もりに注意」とよく聞きますが、具体的に何に注意したらいいですか?

以下の項目を、希望内容を満たしているか、という点で確認し、自分たちの希望により近い見積もりをもらうようにしましょう。

  • パックプランや基本セット料金などに含まれるものの内容
  • お料理ランク・内容
  • フリードリンクランク・内容
  • デザートブッフェ料金
  • 装花ランク
  • 衣装料金・着数
  • 引き出物料金・点数
  • 持ち込み料の確認・持ち込みができるかどうかの確認
  • 写真・映像などの撮影代 アルバム代お色直し美容代(基本的に、洋装・和装で料金も変わります。)
  • 希望する演出の料金
  • 会場使用料金・プロデュース料金など必ずかかる費用
  • 税込/税別・サービス料金の確認(※税込にすると数十万変わります。)

Q11.先輩花嫁から「ブライダルフェアでは、割引は“言い値”でしてくれる」と聞きました。これって本当ですか?

ブライダルフェア中は、期間限定の成約特典として、最大数十万円の割引をしてくれたりや特典をつけてくれたりする会場も多いです。「言い値」で割引をしてくれる会場は多くないでしょうが、費用の相談に乗ってくれる会場は多いです。

Q12.できれば、個人情報を記載したくありません。アンケートは必ず書かなければなりませんか?

個人情報はご本人たちが書きたくなければ、名前など、最低限のものを書くだけで構いません。ただし、結婚式に求める条件(予定時期・招待人数・予算など)は、抵抗がなければ、詳しく書いておいたほうがいいでしょう。担当者から説明を受ける際に、新郎新婦の希望内容に応じて、説明をしてくれたり、お得な提案や条件を提示してくれたりする場合もあります。

Q13.会場や見積もりの他に何を確認したらいいですか?

  • 会場スタッフの立ち居振る舞いや言葉遣い
  • プランナーとの相性
  • 会場の雰囲気

など、ネットや紙面からは分からない、ブライダルフェアで実際に会場に足を運んでみないとわからないことを確認しておきましょう。

さらに詳しく知りたい方はこちら「【厳選】ブライダルフェア前によくある疑問・質問13項目
※それぞれの質問に対する回答が更に分かりやすく、詳しく書かれています。

 

ブライダルフェアに参加できる機会は、なかなかありません。これを機にいろいろな会場で非日常体験をしてみるのも、いいものですよ。結婚式だけではなく、その過程もぜひ楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-ブライダルフェア
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.