ブライダルフェア

ブライダルフェアに行く前にしておきたい8つの準備とは?

投稿日:2017年9月5日 更新日:

ブライダルフェアってどんなもの? 誰といったらいいの? そんな疑問が解消されたら、いよいよ実際にブライダルフェアに行ってみましょう。結婚式の会場に足を運んだり、模擬挙式や模擬披露宴で体験してみることは、一番リアルに自分の結婚式を想像できますよ。

今回は、ブライダルフェアに行く前に知っておきたいことをまとめました。以下の8つをきちんと準備し、ブライダルフェアを満喫して、納得した会場選びをしましょう。

準備1.ブライダルフェアは予約必須!

いざ、ブライダルフェアに行こう! と考えたら、まず、気になるのが、どうやって参加したらいいのか? ということでしょう。ブライダルフェアは、日程が決まっていたり、参加できる組数が限られていることもあります。予約の仕方から、みていきましょう。

予約って絶対に必要?

基本的に、ブライダルフェアは事前予約必須の会場がほとんどです。参加する時には、最低限、前日までには必ず予約をしましょう。インターネットでいつでも気軽に予約できるものから、電話で質問をしたり、日程を調整したりしながら予約できるものまで、予約の手段も選ぶことができます。

試食会やドレス試着会など、人気があるものや組数限定のイベントは、すぐに予約が埋まってしまう場合もあるので、早めの予約がお勧めですよ。

最近では、「ブライダルフェアデート」という言葉もあるほど、デート感覚で気軽に参加できるブライダルフェアも増えています。開催内容によっては、予約不要なものもあるので、ブライダルフェアの詳細内容は、きちんと確認しましょう。

式場紹介サイトからお得に予約

みなさんご存知の通り、結婚するカップル、結婚式を挙げるカップルが年々減ってきていることもあり、式場側でもブライダルフェアにたくさんのカップルを集めるため、手を尽くしています。(急にリアルな話ですが、事実ですので、ぜひ知っておいてください。)その手段の一つが、式場紹介サイトです。

ご自身が、希望する会場が紹介されているかどうかにもよりますが、大手式場紹介サイトから、会場のブライダルフェアの予約をして、実際に見学したり、その会場で成約したりしたカップルには、商品券やギフトカードがもらえたり、ポイント還元されるなど、お得な特典がついてくることがあります。(条件や内容にもよりますが)サイトを経由するだけで、数万円もらえることもあるので、気になる方は、チェックしてみるといいかもしれませんね。

準備2.結婚式希望日の◯ヶ月前に参加しよう

一般的には、結婚式を希望している日程の約半年〜1年前から、ブライダルフェアに参加するカップルが多いです。しかし、1年以上先まで式の予約が埋まっている人気会場や1日に挙げられる組数が限定されている会場などは、もっと早くから動くカップルもいますので、まずは、希望会場の予約状況をリサーチしてみてもいいかもしれません。もしも、結婚が決まったら、できるだけ早めにブライダルフェアに参加してみるといいでしょう。結婚式準備自体は、3ヶ月あれば十分間に合うので、1年以内に結婚式を希望されている方も焦る必要は全くありません。

準備3.フェアには◯回参加した!カップルが多数

会場を比較検討するために、式場を正式予約する前に、約2件~3件のブライダルフェアに参加するカップルが多いです。もちろん、1件目で決めるカップルもいれば、何ヶ月もかけて複数の会場を回り、慎重に選ぶカップルもいます。5件以上回る場合は、会場別の情報が混ざってしまう可能性があるので、比較検討用の情報管理のためにも、写真をたくさん撮影したり、細かく感想メモを残しておくことをお勧めします。

準備4.知っておこう!当日のスケジュール

1日に複数会場のブライダルフェアを予約するカップルもいますが、実際に参加してみると、一つの会場に思いのほか、時間がかかることがわかります。参考までに、ブライダルフェアの内容別のおおよその所要時間を書き出してみました。

• 模擬挙式(30分〜)
• 試食会(30分〜1時間半)
• 試着会(30分〜1時間)
• 会場見学(30分〜1時間)
• 相談会(1時間〜2時間半)

いかがですか。会場によっても、開催規模や内容によっても、所要時間は異なるので、一概には言えませんが、ひとつひとつに時間がかかるので、ブライダルフェアを予約する際には、余裕を持ってスケジュールを組みましょう。どんなに時間がない場合でも、ブライダルフェアは多くても1日2会場までの参加がいいでしょう。

準備5.何を着ていけばいいの?

ブライダルフェアに初めて参加するときには、どんな服装で行ったらいいのか、マナーはあるのか、など具体的なポイントが気になってきますね。ブライダルフェアとはいえ、結婚式場という、非日常空間を訪れるわけですから、普段着というわけにはいきません。服装のマナーからみていきましょう。

ブライダルフェアの参加条件として、「ドレスコード」が設けられていることは、ほぼありません。(ただし、高級レストランなど、普段からジャケット着用等のドレスコードを設けている場合もあるので、心配な場合は、直接聞いてみるといいでしょう。)しかし、ブライダルフェアは、会場の雰囲気に合わせた格好で参加する方が多いです。具体的には、“おしゃれなレストランで記念日のディナーをするような格好”というと、イメージがしやすいでしょうか。

女性の場合

ワンピースやトップスにスカートにパンプスといった、清潔感のあるTPOをわきまえた、上品な服装であれば、問題ないでしょう。暖房や冷房が過度に効いている場合もあるので、ジャケットやカーディガン、ストールなど、体温管理ができるものを持っていくといいでしょう。ドレス試着をする場合は、脱ぎ着しやすい服装で行くとスムーズです。ブライダルフェアだからといって、結婚式に参列するようなかしこまった服装である必要はありませんが、キャミソールやミニスカートなど、露出度が高い服装やボディラインを強調するような服装は、避けましょう。また、いくら流行しているとはいえ、ダメージジーンズなどカジュアルすぎるものは、ふさわしくありません。また、ブライダルフェアでは、会場見学など、たくさん歩く可能性が高いです。履き慣れていない靴や高すぎるハイヒールは避け、歩きやすいものを選びましょう。

女性の服装 まとめ

  • ワンピースやトップス&スカートにパンプス(清潔で上品なもの)
  • 体温調節ができるジャケットやカーディガンを持参
  • 履きなれたパンプス(高すぎるハイヒールは避ける。)
  • ドレス試着の場合は、脱ぎ着しやすい服装

男性の場合

ビジネススーツである必要はないですが、ジャケットなど襟のあるものを選ぶと、ご本人も安心感があるでしょう。会場にもよりますが、カジュアルすぎない服装や清潔感を感じる、節度ある服装を心がけましょう。襟付きのワイシャツやポロシャツ、ジャケットにスラックスなどのパンツを合わせましょう。靴は、革靴がベターです。女性の服装同様、ダメージジーンズやサンダル、短パンやスウェットなど、ラフすぎる格好は避けましょう。平日の夕方や夜のブライダルフェアの場合、仕事帰りに参加する新郎も多いので、ビジネススーツにネクタイ姿でも、違和感はありません。

男性の服装 まとめ

  • ジャケット、ワイシャツやポロシャツにスラックス、革靴
  • カジュアルすぎない、清潔感のある服装
  • ビジネススーツでもOK

式場の見学をした際には、カップルで写真を撮ったりする可能性もあります。荘厳なチャペルをバックに、カジュアルな服装……なんてことにならないよう、会場の雰囲気に合わせた服装で楽しみましょう。

準備6.フェア必需品 3アイテムとは?

服装を決めたら、次は、持ち物です。せっかく、予約をしてブライダルフェアに参加するのですから、効率的に有意義に、その時間を楽しめるよう、持ち物もぬかりなく準備してくださいね。

(1)デジカメ

ブライダルフェアでは、装飾された挙式会場を見学できたり、フェア用に様々なスタイルのコーディネートが施されていたり、ウェディングアイテムが展示されていたりと、シャッターチャンスが沢山あります。複数の会場を巡る場合は、記憶が混同されてしまう可能性もあるので、全て写真に収めておくと安心です。ブライダルフェア後に、会場を再検討するときに見直すこともできますし、フェアに参加しなかった新郎や家族へ情報共有をする場合でも、写真があるとスムーズです。

(2)筆記用具・メモ帳

ブライダルフェアでは、担当スタッフから口頭で説明を受けたり、オリジナル提案があったりすることが多々有ります。その際に、メモを書き残しておくと、後から見返すときに便利です。覚えておけると思っていても、時間が経過したり、複数の会場を回ったりしているうちに、情報が曖昧になることがあります。最近では、携帯メモや音声メモで残すという方もいます。自分にあった方法で、ブライダルフェアで得た情報はきちんと残しておきましょう。

(3)大きめのカバン or エコバッグ

ブライダルフェアでは、会場のパンフレットやカタログ、引き出物サンプルなどお土産を沢山もらいます。会場ごとに、紙袋や封筒に入れられていることがほとんどですが、1日に複数のブライダルフェアに参加する場合、それらを複数持ち歩くのは大変です。しかも、会場名の入った紙袋を手に、別の会場のブライダルフェアに参加するのは、少し気まずいもの。ひとまとめにできるような大きめの鞄で行ったり、エコバッグなどに入れて持ち帰られるようにしたりと、準備しておくといいでしょう。

そのほかに、もしも具体的にイメージしているような雰囲気の写真や雑誌の切り抜きがあれば、持参していくと、プランナーに思い描いている結婚式のイメージを説明する際に、伝わりやすくなるでしょう。また、正式に会場予約をするつもりで参加する場合は、式の日取り確認のために、先々のスケジュールを確認できるよう、手帳を忘れずに持っていきましょう。

準備7.会場選びで失敗しないために、事前に考えておくこと4つ

ブライダルフェアを予約したら、スマートな会場選びをするために、当日までに以下の4つについて考えておきましょう。事前に考えておくことや二人でイメージを共有しておくことで、ブライダルフェアで会場のどんなポイントを見聞きしたら良いのかが、明確になります。華やかなブライダルフェアの雰囲気や当日のテンションで、勢いで会場を決めてしまうようなことがなくなりますよ。

(1)ゲストのリストアップ・人数を算出する

会場を探す上で、一番重要になるのは、結婚式に招待する人数が何人かを把握することです。人数によって、選ぶ会場が変わるので、必ず名前を書き出して人数を数えてみましょう。余裕があれば、両家の親御様にも確認しておくと安心でしょう。

(2)イメージ・条件をすり合わせる

実際にブライダルフェアに参加すると、どの会場もとても素敵です。ブライダルフェアの時には、非日常の雰囲気に飲まれてしまい、いざ、結婚式の準備を始めたときに初めて、やりたかったことができない、理想と違う……といったことに気づくことのないように、どんな結婚式が理想なのか、を事前にパートナーと擦り合わせておくことは、とても大切です。招待ゲストを考慮し、アクセスや会場設備などで譲れない点がある場合は、箇条書きのメモとして残しておくといいでしょう。

  • 挙式スタイル(チャペル・神殿・神社・ガーデン など)
  • 会場の雰囲気(ナチュラル・クラッシック・モダン など)
  • 結婚式でやりたいこと、理想的なイメージ(長いバージンロード・ブーケトス・階段での全員集合写真・天井の高さ・デザートビュッフェ・会場のロケーション など)
  • 絶対に譲れない設備や条件(大階段があるところ・バリアフリー・会場までのアクセス・送迎バスの有無 など)

(3)費用を把握する

これから夫婦になる上で、パートナーとお金の話をきちんとすることは大切なことです。どんな会場で結婚式をするかによって、結婚式費用は大きく変わります。結婚式を終えた後も、新居の費用やハネムーン、お子様が生まれることなどを考えて、いくらくらい結婚式費用として当てられるかをきちんと把握しておくことで、ブライダルフェアでの相談内容も変わりますよ。

把握しておきたいお金のこと

  • 現在の貯蓄
  • これから結婚式までの貯蓄
  • 両家からの援助金
  • ご祝儀目安(人数×3万円 が目安)
  • 新居・ハネムーンなどで必要な費用
  • 結婚式で使える費用

(4)結婚式予定日を考える

ブライダルフェアに行く前に、なんとなくでも考えておきたいのは、結婚式の時期や日程です。ブライダルフェアでは、シーズン別、条件(曜日や日柄、時間帯など)別などでのプラン料金を提示されることもあります。できれば、新郎新婦ふたりのスケジュールのみならず、両家の家族へも事前に確認しておくと、スムーズでしょう。

結婚式予定日を検討するときに考えること

  • 新郎新婦が挙げたい時期(記念日・誕生日・仕事の都合など)
  • ゲストが参加しやすい時期
  • 過ごしやすいシーズン
  • 移動しやすいシーズン(遠方者が多い場合)
  • 式場のお得なプランなども加味する。(オフシーズン・曜日や時間帯での割引など)
  • 余裕を持って準備するには、結婚準備期間は、最低3ヶ月は確保する。

準備8.ブライダルフェアでチェックするべき65項目

非日常空間を味わえるブライダルフェアは、基本的にとても楽しく、素敵な時間です。しかし、逆を言えば、テンションが上がって、普段の冷静な判断をしづらくなることもありうる場所です。チェックポイントを事前に書き出しておくことで、当日も確認すべきところは、きちんと確認できるようにしましょう。

複数のブライダルフェアに参加する場合には、同じ項目を全部の会場で確認することが大切です。以下に、チェック項目を挙げました。内容を見てみると、中にはこだわらない部分や重要視しない点もあるでしょう。これらの一つ一つを入念にチェックする必要はありません。あくまでも、どんな視点を持って参加するとよいか、という指標とし、自分たちの結婚式で重要視したいことを考える参考にしてください。

挙式会場について(10)

□ 雰囲気やコンセプトは好きか
□ 広さと収容人数は十分か
□ キリスト教式の場合、牧師はどんな人か
□ 神前式の場合、どこの神様が祀られているのか
□ バージンロードの長さは十分か
□ 挙式中の写真撮影・ビデオ撮影ができるか
□ 生演奏はあるか
□ 挙式の中・後にどんな演出ができるか、やりたい演出はできるか
  (フラワーシャワー・バルーンリリース・ブーケトスなど)
□ 雨天時に、変更になることはあるか
□ 挙式リハーサルはあるか

披露宴会場について(10)

□ 雰囲気やコンセプトは好きか
□ 披露宴会場の広さと収容人数は十分か(1卓何人座れるか)
□ 挙式会場から移動しやすい位置にあるか
□ 天井の高さは十分か
□ 窓からの眺めはどうか(季節や時間帯によって変わらないか)
□ 明るさは十分か、新郎新婦が逆光になることはないか
□ 披露宴会場の禁煙・喫煙確認
□ ゲスト同士の距離感は適切か(狭すぎない・広すぎない)
□ メインテーブルとゲストの距離は適切か
□ テーブルクロスやセッティングの選択肢はあるか

演出について(6)

□ スクリーンの場所はどこか
  (見えない席はないか。大きすぎない・小さすぎない)
□ 余興スペースはあるか
□ 音響照明についての希望は叶うか、スポットライトはあるか
□ 楽器演奏は可能か
□ どんな演出ができるか
□ テーブル装花の雰囲気やセンス・値段の確認 

アクセス・宿泊(8)

□ 会場へのアクセスはしやすいか
□ 遠方者や土地勘がなくてもわかりやすい場所か
□ 最寄り駅でタクシーはすぐつかまるか
□ 送迎バスの有無や時間
□ 駐車場の有無・サービス券の有無・スペースは十分か
□ 二次会をそのまま行えるか
□ 宿泊の有無・ホテルとの提携の有無
□ 新郎新婦・親族の当日の入り時間確認(間に合う時間かどうか)

 会場設備(10)

□ 親族の控え室はあるか
□ 早く来すぎたゲストはどこで待つのか 
□ ゲスト用の更衣室はあるか
□ クロークはあるか
□ 授乳室はあるか
□ 喫煙スペースはあるか
□ 化粧室は清潔感があるか・わかりやすい場所にあるか
□ 化粧室の数は十分か
□ バリアフリー対応がなされているか
  (ない場合は、どのように対応するか)
□ 会場スタッフの対応はどうか、雰囲気はいいか

料理(6)

□ 料理内容に満足しているか(プラン・価格・内容・量)
□ メニューのアレンジなどはできるか
□ アレルギー対応のためのメニュー変更は可能か
□ ドリンクの種類は十分か
□ 試食できる場合、味や量に満足できたか
□ 試食した場合、スタッフのサービスレベルに満足できたか

日取り・仮予約(3)

□ 希望する時期や条件(曜日・時間帯・日柄)が空いているか
□ 遠方参加者がいる場合や二次会を行う場合、時間帯は問題ないか
□ 仮予約はできるか・仮予約期限はいつまでか

費用(6)

□ お得なパックプランなどはあるか
□ 基本プラン、パックプランの内容は十分か、追加料金は不要か
□ 見積もり費用は、予算内で収まっているか
□ 見積もりの中にやりたい内容が入っているか
□ 費用の支払い方法は(現金振込み・カード使用の有無)
□ 費用を支払うタイミングは(事前支払い・後払い可)

その他(6)

□ 持込み可能なものと持込み料金の有無
□ 提携ドレスショップの確認・ドレスの価格帯
  (デザイン・サイズのバリエーションは十分か)
□ ヘアメイクスタッフのセンスや雰囲気はいいか
□ 今後の打ち合わせは、いつ何回あるのか
□ 担当プランナーは誰か、提案力はあるか、相性は合うか
□ その他、ふたりがこだわりたい点を満たしているか

 

ブライダルフェアは、事前準備がきちんとできているかが、当日の充実度を左右します。しっかりと冷静に判断できるような事前準備さえしていれば、当日はどれだけ楽しんでも、テンションが上がっても、不安にはなりません。ブライダルフェア当日は、ぜひ素敵な時間を過ごしてくださいね。

The following two tabs change content below.
Risa

Risa

ウェディングプランナー歴10数年。お客様と共に結婚式について相談する時間が大好きです。趣味は、美容・ヨガ・アクセサリー作り・ネットショッピング。特技は、断捨離です。

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-ブライダルフェア
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.