「結婚」と「お金」 結婚トレンド

結婚式も新婚旅行もこだわりたい!結婚資金はいくらあれば大丈夫?

投稿日:2017年8月30日 更新日:

結婚式や新婚旅行は、人生において特別な一大イベントです。お祝い事ということで贅を尽くす分、普段目にしたことのない金額が飛び交うようになり、不安になってしまうかもしれません。ただし、何をどこまでこだわるかによって、かかる費用も変わります。結婚式から新婚旅行まで思いっきり楽しみたいけれど、そんなにお金はかけたくないという人は、これからご紹介する結婚費用を抑えるポイントをぜひ参考にしてみてください!

そもそも結婚式っていくら必要?

結婚が決まったカップルの多くが悩むことになるのが、結婚式費用ですよね。式場を下見して見積もりを出してもらうと、その金額の大きさにひるんでしまうかもしれません。とはいえ、結婚式は二人にとって人生最高の一日。出来るだけ理想を叶えた結婚式にしたいですよね!では、実際にはどのくらいの費用を用意しておけばいいのでしょうか?「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」のデータによれば、全国平均の結婚式費用総額は、約359.7万円となっています。一日だけのイベントとは思えない額ですよね。実際は、親からの援助やゲストからのご祝儀があるため、二人が払う金額は少なくなりますが、しっかりと貯蓄しておいた方が安心です。ゲストの人数、会場演出やペーパーアイテムの質、料理、挙式スタイルなどの条件によって、かかる費用は様々です。

ウェディングスタイルによる費用の違い

一言で結婚式と言っても、挙式タイミングや二人の好きな雰囲気に合わせて、様々なスタイルを選ぶことができますよね!選ぶスタイルによって費用も様々なので、結婚式にお金をあまりかけたくないカップルでも大丈夫です。一般的に、丁寧なサービスと会場の豪華感が魅力のホテルウェディングや、会場を貸しきって二人好みにアレンジできるゲストハウスウェディングは、平均300万前後と費用が高くなる傾向にあります。料理にこだわりたいレストランウェディングも平均200万程度かかり、やはり費用が高め。ゲストも多く、演出もしっかりこだわりたい場合は、お金もかかると考えた方がいいでしょう。一方で、出費を抑えたいカップルに人気が出てきているのが、会費制の1.5次会スタイル。結婚式ほど気を張らずに済むので、ゲストもリラックスして楽しめます。挙式スタイルも、神前式や教会式に比べて人前式の方が費用は掛かりません。お財布と相談して、自分たちに合ったウェディングスタイルを選びましょう!

こだわるポイントによる費用の違い

結婚式でこれだけは譲れないこだわりポイントってありますよね。美しいウェディングドレスだったり、華やかな会場のコーディネートだったり、美味しい料理だったりと、プランナーさんとの打ち合わせを重ねるうちに、どんどん叶えたい要望が増えていくことでしょう。実際には、すべての要望を叶えようと思うと予算が足りなくなってしまうので、こだわるところを絞らないといけません。ゲストに関わる料理や引き出物をこだわりたい場合は、ゲストの人数が多ければ多いほど、かかる費用も高くなります。一方で、ドレスなどの新郎新婦に関わるものをこだわる場合は、それほど大きな出費にはならないことが多いです。ただ、せっかく足を運んで来てくれたゲストへのおもてなしが質の低いものになってしまうと、ゲストはあまりいい気がしないですよね。新郎新婦とゲストが精一杯楽しめる素敵な式にしてくださいね!

新婚旅行にはどのくらいお金をかける?

結婚式も大きなイベントですが、新婚の二人にとっては新婚旅行も同じくらい大きなイベント。何も気にせず思いっきり楽しみたいところですが、費用も当然気になりますよね。口コミサイト「みんなのウェディング」が行ったアンケート調査では、新婚旅行に二人で50万~70万程度の費用がかかったというカップルが、5割弱になるという結果になりました。さらにお土産代や交通費なども入ってくるため、実際はもう少し多めに見ておいたほうがいいでしょう。アンケート調査では、新婚旅行にかける費用は、結婚にかかる総額の約15パーセント程度という結果も出ています。とはいえ、結婚式はご祝儀があるため、二人にとって一番負担が大きいのは、実は新婚旅行かもしれません。ただ、行先や日数によっても費用が全く違うので、二人の予算に合わせてプランを選べば大丈夫です!

行き先による費用の違い

滞在日数やホテルのグレードにもよりますが、航空券と宿泊費だけで言えば、圧倒的に国内旅行が安いです。10万円前後あれば、十分楽しむことができます。言葉の壁もなく治安や衛生面でも安心なので、気軽に旅行を楽しみたいカップルや海外旅行に慣れていないカップルにはいいかもしれません。海外旅行で一番費用がかからないのは、グアムや東南アジア諸国で、費用は20万前後が相場です。人気のハワイは30万前後、アメリカやヨーロッパは50万前後でプランが組まれています。行先によってだいぶ費用に差がありますが、新婚旅行はずっと行きたかった場所に行けるチャンスでもあります。予算も大事ですが、悔いのないように行き先を決めてくださいね。

時期による費用の違い

新婚旅行をいつ予定するかによっても、費用に違いがでます。結婚式の日取りを、気候も穏やかでゲストが休みを取りやすいGWなどの長期休みに決めるカップルが多くいますが、その時期は旅行の人気シーズンと重なります。一般的にどの旅行会社も、人気シーズンには旅行代金を値増しするため、結婚式を長期休みに行い、そのまま旅行に行く計画のカップルは注意しないといけません。結婚式直後というのは気持ちも高まっていてハネムーンにはいい時期かもしれませんが、式の準備で忙しく旅行の方まで手が回らなかったという人もいます。少し間を開けて、落ち着いてから旅行に出かけた方が、綿密に準備もできていいかもしれません。行き先の気候や旅行代金が一番いい時期を見極めて旅行の日程を組んでくださいね!

新婚旅行と結婚式を兼ねた海外挙式もおすすめ♪

近年、海外挙式が増加傾向にあるというのをご存知ですか?結婚式と新婚旅行が同時に楽しめるという理由から選ぶ人が増えてきているのです。結婚式は、あくまで新婚旅行の中の一イベントとして行い、他の日には観光名所やその土地ならではの美味しいグルメを堪能できます。なにより、海外挙式は国内挙式に比べてかなり費用を抑えられるのです!もちろん、宿泊費や航空券代は、新婚旅行に行く場合と変わりません。ただし、結婚式のゲスト人数が圧倒的に少ないため料理や引き出物にかかる費用も少なく、会場費やドレス代も安く済むため、結果的には国内挙式よりも格段に安くなるのです。海外挙式の平均総額は、190万円前後が相場です。中には立食パーティーにして食事面にかかる費用を抑えたという声もあります。費用面だけでなく、海外ならではのダイナミックでロマンチックなロケーションや、ゆったりとした時間の使い方も海外挙式の魅力。一生の思い出に残るような特別な結婚式を挙げたいけれど、予算がないと悩んでいるカップルは、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか?

結婚式も新婚旅行も自分たちの予算に合ったスタイルで楽しんで!

結婚式も新婚旅行も人生の一大イベントなだけあって、かかる費用も桁違いです。つい、あれもしたい!これもしたい!と欲張りたくなりますよね。その時までにしっかりと貯蓄ができていれば問題ないのですが、急に結婚が決まった場合や、新郎新婦の年齢が若い場合は、なかなか十分な予算がないことがほとんどです。でも、結婚式や新婚旅行のスタイルは一つではありません。お金をかけずに最高の思い出を作ることも十分できます!ぜひ、自分たちの予算に合ったベストな結婚式と新婚旅行のスタイルを探してみてくださいね♪

国内の結婚式も、海外の結婚式も、お得にかしこく叶うかも!?

結婚式も新婚旅行も楽しみたい!だけどそのためにはお金がないと難しい……とお悩みの方もいらっしゃると思います。
ですが、必ずしも高額な費用が掛かるとは限りません!
「スマ婚」では自己資金1万円から叶う結婚式を提案しています。
国内での結婚式はオーソドックスな結婚式はもちろん、家族のみ、新郎新婦お2人だけの結婚式も対応可能!またハワイでの結婚式もお得にプロデュースをしてくれます。
賢く結婚式を迎えたい!そして新婚旅行も楽しみたい!というカップルは、一度お近くのスマ婚ショールームに行ってみてはいかがでしょうか?
きっと素敵なアドバイスがもらえるはずです!

スマ婚は、見積もりや結婚式の細かい内容などの相談も無料で可能!
スマ婚無料カウンセリングのご予約はこちらから!

結婚式で使える!かわいいフォトプロップス付きスマ婚パンフレットも無料プレゼント中!
スマ婚パンフレットのご応募はこちらから!

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy & LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-「結婚」と「お金」, 結婚トレンド
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.