1.5次会 ウェディングのカタチ

1.5次会でも引き出物は必要?値段や品物はどうする?

投稿日:2017年8月12日 更新日:

披露宴よりもカジュアルで、2次会よりもフォーマルな1.5次会。結婚式として行うなら、引き出物も準備した方がいいのでしょうか? 引き出物の値段などについても紹介します。

1.5次会で引き出物を用意する?しない?

披露宴であれば、一般的に一人あたり3,000円程度の引き出物と引き菓子を準備するものですが、これは、ゲストからいただくご祝儀の約10%の金額にあたります。また、料理の1/3の金額を目安に引き出物を決めるという考え方も。

一方1.5次会の場合は、会費制をとる場合が多く、会費制の場合は一人あたり1万円程度が一般的です。そこで、会費制の場合は、引き出物がなくてプチギフトだけでも、ゲストに対して失礼にはならないと考えられています。

しかし、ご祝儀制にする場合は別です。ご祝儀制の場合は、披露宴と同じランクの引き出物を用意しても問題はありません。

会費制の場合、引き出物の値段や品物はどんなものがいい?

会費制の場合は、引き出物がなくても特に問題はなさそうですが、感謝の意を込めてやはり引き出物を用意したい人もいるでしょう。

ただ、披露宴と同じランクのものを用意することは予算的に難しくなりますし、払ったお金に見合わないと、ゲストも気を遣ってしまいます。そこで、引き出物の値段としては2,000円程度、引き菓子は用意せずにプチギフトをお菓子にする、というようなスタイルが取られることが多いようです。

品物としては、持ち運びがしやすいもの、あまり人を選ばないものにすると無難です。自分で好きなものを選べるのでカタログギフトもおすすめですよ。

ご祝儀制の場合は?

ご祝儀制の場合は、披露宴と同じくゲストがご祝儀を包んでくださいます。そうなればゲストにとっては、披露宴であろうが1.5次会であろうが同じこと。というわけで、招待する側も披露宴と同じランクの引き出物を用意しておくのがマナーです。価格としては、引き出物と引き菓子を合わせて4,000円程度が一般的です。

1.5次会の引き出物は、ご祝儀制にするか会費制にするかで変わってきます。会費制の場合は、引き出物がなくてプチギフトだけでも、ゲストからあまり不満の声は出にくいものです。しかし、ご祝儀制の場合は披露宴と同じように、引き出物と引き菓子を用意するのが無難です。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

-1.5次会, ウェディングのカタチ
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.