ウェディングマニュアル 結婚準備

結婚式の主賓祝辞と乾杯挨拶は誰に頼んだらいい?上司への正しい頼み方とは

投稿日:2017年8月2日 更新日:

結婚式が決まり、悩むのが、主賓祝辞と乾杯挨拶を誰に頼むか? ではないでしょうか。

余興や友人スピーチなども大変ですが、結婚式をスタートさせる主賓祝辞と乾杯挨拶は大役です。まだ、結婚披露宴が温まる前の挨拶は、緊張の中、和んだ雰囲気で披露宴をスタートさせなくてはならないという重大な使命を負っています。

そんな大役を誰にお願いしたらいいか、また、どのようにお願いしたらいいのかをご紹介します!

結婚式の主賓祝辞は誰に頼んだらいい?

結婚式の招待客の優先度。親戚(親族)×友人、上司×友人3

結婚式の主賓祝辞は、ゲストの中で、最もお世話になっている人、つまり、会社に勤めている人であれば、職場の上司ということになります。上司の中でも、役職、肩書が一番上の上司にお願いするのが一般的です。

もし、自営業の方などで、職場の上司がいない場合には、学生時代の恩師や、日頃お世話になっている親の知人などにお願いすると良いでしょう。新郎・新婦それぞれの職場の上司や恩人1名ずつ計2名に主賓祝辞をいただくのが基本のスタイルになります。

ただ、時間の都合や、挨拶を頼める人がいない場合などには、主賓祝辞を新郎の上司や恩人にお願いし、乾杯挨拶を新婦の上司や恩人にお願いすることもあります。新郎・新婦の両家のバランスをとることが肝心で、どちらか一方の上司や恩人で、主賓祝辞と乾杯挨拶をかためてしまうのは良くありません。

結婚式の乾杯挨拶は誰に頼んだらいい?

会費制の結婚式のメリットとは?3

基本的なスタイルでいけば、新郎・新婦それぞれの上司や恩人から主賓祝辞をいただき、乾杯挨拶は、新郎の上司や恩人にお願いするのが一般的です。この場合、主賓祝辞を一番上の役職、肩書の上司にいただくので、乾杯挨拶は、その次に上の役職や肩書の上司にお願いすることになります。

また、前述したように、主賓祝辞が1名の場合には、主賓祝辞は、新郎の上司や恩人にお願いし、乾杯挨拶は、新婦の上司や恩人にお願いすることになります。上司や恩人が見当たらない場合には、笑いがとれ、場を和ませてくれるスピーチが上手い伯父などに頼んでも良いでしょう。

上司への正しい頼み方

主賓祝辞や乾杯挨拶をお願いする相手というのは、それ相当の社会的地位の人で、しかも、主賓祝辞と乾杯挨拶というのは、結婚式において、大変大役です。失礼がないように頼まなくてはいけません。頼む相手が、会社の上司であれば、今後の職場での立場も考え、細心の注意を払いましょう。

いち早く結婚の報告をし、祝辞、挨拶をお願いしたい旨をお伝えする

主賓祝辞にしても、乾杯挨拶にしても重大な挨拶になるため、上司や恩人も、心の準備が必要ですし、より良い挨拶を考える時間が必要です。このため、結婚式の日取りが決まったらすぐに、直接打診した方が良いでしょう。正式な招待状は、後からでもいいので、まずは、主賓祝辞や乾杯挨拶をお願いできるか確認しておきましょう。

お願いした上司や恩人が断ることも考えられます。その場合、すぐに他の人を探さなくてはなりません。他に頼める人がいなければ、主賓祝辞1名、乾杯挨拶1名に変更したり、主賓祝辞をなくすなど結婚式の進行自体を変更しなければならないことも考えられます。いずれにしても、なるべく早く確認しておく必要があるのです。

直接お会いしてお願いする

当たり前の話ですが、主賓祝辞や乾杯挨拶をお願いする時は、直接お会いしてお願いしなければ失礼です。手紙や電話、ましてやメールなどでお願いするのはやめましょう。直接お会いしてお願いするのが基本です。
ただ、転勤などで、お願いしたい上司が遠方に離れている場合は、すぐに直接お会いすることが難しいと思います。この場合には、手紙、電話で失礼する旨お伝えして、手紙、電話で失礼させていただきましょう。尚、この場合でも、メールは避けた方が良いでしょう。

お願いする際は、「招待状は、後日あらためてお持ちいたしますが、当日、主賓祝辞(または乾杯挨拶)をお願いしたく、参りました。よろしくお願いいたします。」などと、招待状はまだできていないが、いち早くお願いにあがった旨をお伝えします。
また、直属の上司なら、接する機会も多いでしょうが、普段あまり接点がない上司などにお願いするとなると、相手も「なぜ、私に?」と思うこともあります。そんな時は、どうしてもその上司にお願いしたい理由を述べ、是非、お願いしたい! という熱意もお伝えしましょう。

あと、新郎・新婦のプロフィールをお渡ししておきましょう。それぞれの学歴、職歴などの経歴や、趣味、好きな物、二人のなれそめなどを書いて渡しておけば、挨拶を考えるのに役立つと思います。普段接点が少ない上司なら、なおさら詳しく、いろいろなことを書いておいた方が良いでしょう。

招待状ができたらお持ちする

招待状ができたら、正式にお願いするため、招待状を持って、もう一度お願いにあがりましょう。遠方の場合は、郵便で送っても仕方ないとは思いますが、遠方でなければ、直接手渡しするのが丁寧であり、それが礼儀というものです。招待状には、「主賓祝辞のお願い」や「乾杯挨拶のお願い」の付箋を入れておきます。

以上のように、主賓祝辞や乾杯挨拶をお願いする際には、招待状作成前と後、2度直接お会いしてお願いするのが礼儀です。

主賓祝辞、乾杯挨拶をお願いしたらお礼する

挙式のみの場合のご祝儀事情とは1

主賓祝辞や乾杯挨拶をお願いした上司には、結婚式当日に新郎・新婦の親からお礼をお渡しするのが一般的です。新郎・新婦のために、わざわざお越しいただく交通費をかねて、「お車代」としてお渡しすることが多いようです。

金額は1万円~3万円が相場となっており、主賓祝辞や乾杯挨拶をする上司の役職や肩書を考慮したり、遠方かどうかを踏まえて金額を決めると良いでしょう。お金で包むと相手に気をつかわせると考え、商品券などにして、お礼状と共に引き出物に入れておくというケースもあります。この場合でも、「主賓祝辞や乾杯挨拶をしていただいて本当にありがとうございました。」の一言は忘れずに! 感謝の気持ちを直接お伝えすることが重要です。

また、往復のハイヤーを手配したり、遠方の場合は、新幹線や飛行機のチケットもしくは宿泊ホテルを手配するなどのケースもあります。いずれにしても、何らかの形で、主賓祝辞や乾杯挨拶をお願いした上司や恩人にはお礼をしましょう。

また、人によっては、こちらからのお礼を見越して、思いのほか多くのご祝儀を包んでくださる上司や恩人の方もいらっしゃいます。この場合には、後日、手土産を持って挨拶に伺うか、新婚旅行の際に、ご祝儀の金額に応じて、高価なお土産を用意し、新婚旅行から帰ったら、土産話をしながらお渡しに伺うなどした方が良いでしょう。
もちろん、その時にも、主賓祝辞や乾杯挨拶をしていただいたこと、また思いのほか多くのご祝儀をいただいたことに対してのお礼の言葉を忘れずに! 「結婚式の際には、主賓祝辞(もしくは乾杯挨拶)を快く受けていただき、本当にありがとうございました。また、過分なお祝いをいただき、重ね重ねありがとうございました。」などの一言で良いでしょう。

まとめ

婚姻届の証人の頼み方。お礼や手土産は必要?1

結婚式の主賓祝辞と乾杯挨拶は大役で、頼まれる方も大変なのです。そのため、礼儀をつくし、感謝の気持ちを表すことが非常に大事なことになります。くれぐれも失礼のないよう気をつけましょう。

ましてや、多くの場合、上司にお願いすることでしょう。これからの仕事場での立場も考え、結婚して身を固める社会人として、失礼のないよう礼儀をつくしましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy & LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.