恋愛 恋愛・夫婦生活

別れた人数がどんなに多くても、あなたが自信を失う理由にはなりません。

投稿日:2017年8月1日 更新日:

先日、「私、自分に自信が持てないんです」と悩む女性の相談に乗りました。筆者が「何が原因なの?」と質問すると、“過去の恋愛”が理由に挙がりました。

彼女いわく、「過去に何人もの人とお付き合いしているんですが、長続きしなくていつも向こうから別れを切り出される」とのこと。ただ驚いたのはその付き合ってきた男性の数は15名ぐらいで、全員イケメンだったとのこと。

「こ、この人、なにもんなんや……」と目の前で落胆する彼女に一種の畏敬の念を感じながらも、話を深く聞いていった結果、最終的には同情することになりました。

嫌われないように生きている人は恋人ができやすい?

読者の皆さんは「一体どんな美女の相談に乗ったんだ?」と思われるかもしれないですが、(本人には失礼ですが)いたって普通の女性でした。本人に「なんでそんなイケメンとばっかり付き合えるんですか?」と聞いたところ「自分でもよくわからない、たまたまタイミングがよかったんだと思う」との回答。

「タイミングだけでイケメンと付き合えるなら苦労しないわ!」という怒号が聞こえてきそうですが、実はこの話にはきちんとした裏があります。プライバシーのため詳細は書けませんが、彼女は「人の目を気にして嫌われないようにして生きてきた」30年間だったそうです。これで筆者は合点がいきました。

実はこの「嫌われないようにして生きる術」を身につけている人は、こと恋愛においては「お付き合いするまでが早い」傾向にあります。

そういう人はそのスキルゆえに、他人の表情から感情を読み取ることに長けています。本人は「たまたま両方恋人がいない時期が被って」と言いますが、意識的にか無意識的にか、相手の表情から「心に埋まっていない寂しさ」を見出して、そこに自分をはめ込むことができたのではないかと思うのです。

嫌われないようにと生きてきた結果、他人の心情に敏感になることができ、そういう性格がゆえにその寂しさに寄り添うことができる。お互いの寂しさをお互いが埋め合うこと、でお付き合いすることができていた、というわけですね。

なぜ長続きしないのか?

しかし「恋人がいない寂しさ」がなくなった時には、今度は「恋人がいる時の充実感」を与えなくてはならなくなります。そうなると「嫌われないように生きてきた」人にとっては、いきなり恋愛のハードルが上がってしまいます。

本当に充実した恋愛関係というものは、お互いが高め合ってなんぼですから、相手にきちっと思ったことを伝えられる人でないといけません。ところが「嫌われたくない」という思いからそれを実行することができないのです。

事情を知らない彼氏からすれば、「この子は俺と真剣に向き合ってくれないのかな?」とか、「自分のことにしか興味ないんだろうな」などの不安を抱く原因になり、結果別れを切り出されてしまうため、長続きできない、というわけです。

それでも自信を失う理由にはならない

それを15回も繰り返しているわけですから、大いに反省していただいた方がいいのは確かでしょう。ですが、それを理由に「私には恋愛ができないんだ」と自信を無くす必要は一切ないのです。筆者は彼女にはっきり伝えました。「もっと自信を持った方がいいですよ」って。

ちょっと立場を逆転して考えてみましょう。あなたがもし、男性に「これまで美女と15人付き合えたんだけど、全員長続きしなくて……俺って恋愛のセンスないのかな」って相談されたら、どう答えますか?

「贅沢言ってんじゃねぇ!」とぶん殴り……いえ「いや、そもそも美女と15人付き合えてるのがすごいよ!どうやったのよ!?」って問い詰めたくなりませんか? そう、何人もの人と別れたということは、イコール何人もの人と付き合えた、ということの裏返しでもあるんです。

相談してきた彼女のような15人という例は極端ですが、仮に2、3人だったとしてもロジックは同じです。見るべきポイントは「3人に別れを切り出されたという事実」ではなかく「3人とお付き合いできたという事実」です。そこに自信を持てばいいのです。

彼女に「相手に踏み込む勇気がない」のは事実です(本人が認めてましたから)。しかし、裏を返せば「踏み込む勇気さえ持つことができれば無敵」なわけです。だとしたらあとは「どうやって踏み込む勇気を持つか?」ですね。

できないことはしょうがない。できないんですから。これから上手くなればいい。大事なのは、今できていることを最大限に承認すること。できないことをできるようになりたいのであれば、そこにチャレンジをすることです。

ここに、自分に自信を無くす理由なんて一つもないのです。

The following two tabs change content below.
Yoshiki Kawaguchi

日本大学芸術学部 映画学科演技コース 卒業。俳優業とカウンセリング業を通じて学んだ人間心理と、自身の事業を通じて体験した気づきをミックスした独自の恋愛理論が好評。

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-恋愛, 恋愛・夫婦生活
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.