あなたらしい結婚式 ウェディングのカタチ

アットホームな「レストランウェディング」に司会や進行役は必要?

投稿日:2017年7月29日 更新日:

レストランウェディングに司会や進行役は必要?1

レストランウェディングは、レストランを貸し切って結婚式を行うスタイルです。料理にこだわれる、アットホームな結婚式ができるというのが人気の理由です。

しかし、アットホームな式なので、きちんとした司会や進行役が必要かどうか悩む人も多いのではないでしょうか。

司会がいると進行が楽

結婚式といえば、ゲストの余興やDVDの上映、新婦から両親への手紙の朗読など、いろいろな演出があるのが普通です。もしも一般的な結婚式と同じように行いたいのであれば、式次第は以下のようになることが多いようです。

  • 新郎新婦入場
  • 新郎新婦挨拶
  • 新郎新婦紹介
  • 祝辞、乾杯
  • ケーキ入刀
  • 歓談
  • お色直しで新郎新婦退場
  • 新郎新婦再入場、キャンドルサービス
  • 余興
  • 歓談
  • 花嫁の手紙
  • 両親への花束贈呈
  • 両親、新郎からの謝辞
  • 退場

さすがにこの進行を司会者なしで行うのは少し大変ですよね。レストランウェディングもこのような式次第での進行を考えているのであれば、やはり司会がいるとその人に一任することができ、新郎新婦はゲストのおもてなしに集中できるので気が楽です。

ただ、デメリットとしては費用がかかってしまうこと。プロの司会に依頼すれば司会料として何万円もかかってしまいますし、ゲストの一人に頼むとしてもそれなりの謝礼は必要となります。また、事前に打ち合わせの必要があるので時間も取られます。

司会をつけない場合は、その分費用を抑えることができます。アットホームな結婚式で特に司会を立てる必要がない場合や、新郎新婦が進行することに抵抗がないような場合、簡単な進行役を務めてくれる人がいる場合は、司会を改めて立てなくてもスムーズに結婚式を進めることができそうです。

レストランによってはスタッフが簡単な進行をしてくれるところもありますので、一度相談してみてもいいかもしれません。

司会をつけない結婚式の式次第はどんな感じ?

司会をつけない結婚式といっても、式次第のスタイルはいろいろあります。単に司会がいないだけで、内容は一般的な結婚式と同じようにしたいのか、それともアットホームな食事会形式にして、演出はそこまでこだわらないのか、それによっても対策は変わってきます。

先ほど見た通り、一般的な結婚式の式次第はかなり演出や移動が多いため、司会の人がいないと場をまとめるのが少し難しくなりそうです。レストランウェディングで、もし司会をつけないのであれば、演出を少し減らしてシンプルにするか、司会者がいなくても進行がスムーズに行くように工夫をするかになります。

たとえば、歓談タイムに入ることや余興の簡単なアナウンスは、司会がいなくても誰かに進行役をお願いすることでクリアできそうです。単なるアナウンスでも進行が簡単な演出は、式次第に残してもいいかもしれません。

もしも本当にアットホームな食事会に、ということであれば、式次第は以下のようなものが簡単でおすすめです。

  • 新郎新婦入場
  • 新郎新婦挨拶
  • 祝辞、乾杯
  • 歓談
  • ケーキ入刀
  • 新郎新婦が席を回ってゲストに挨拶、記念撮影
  • 両親への花束贈呈
  • 両親、新郎からの謝辞

派手な余興や司会者による新郎新婦紹介などはありませんが、新郎新婦からゲストに対するおもてなしの気持ちを表すには十分な式次第と言えそうです。

司会をつける場合はどこに頼む?予算は?

レストランウェディングであっても、やはり司会をつけて当日は安心して結婚式の時間を過ごしたいという場合、どこに頼めばいいのでしょうか?

レストランによっては、司会者と連携していて会場が手配してくれるところもあります。しかし一般的なレストランを貸し切る場合は、自分で司会を手配しなければなりません。その場合は、結婚式の司会業を専門的に行っている業者が数多くありますので、そういった業者に依頼すると安心です。

料金はゲストの人数や会場の規模などによって変わってきますが、3万円前後から依頼できるところも。また、その他の方法としては、司会が得意な親族や友人がいればその人に依頼するというケースもあります。

ただ、知人や親族に依頼した場合も謝礼が必要になります。結婚式当日だけではなく、事前に打ち合わせで時間を空けてもらうことを考えると、謝礼も数万円は見ておく必要があるでしょう。そのため、プロと頼むのと費用があまり変わらないということもあります。

レストランウェディングはアットホームなスタイルの結婚式も多いため、司会を立てないという人も少なくありません。しかし、一般的な結婚式と同じような式次第にしたい場合は、司会や進行役が全くいないというのは難しいかもしれません。まずはどんな結婚式のスタイルにするのか二人で話し合って、それから司会を立てるかどうか検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

-あなたらしい結婚式, ウェディングのカタチ
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.