恋愛 恋愛・夫婦生活

結婚を引き寄せるためには「結婚したらやりづらくなること」を前倒しでやる!

投稿日:2017年7月28日 更新日:

「いままで結婚しなくて正解だったと思える本」の著者、ハッピーライフ・コンサルタントの恒吉彩矢子さんに30代後半から40代以上の結婚について聞くインタビュー連載。

第4回目の今回は、独身時代に恒吉さんがやっていたことや結婚生活について聞いてみました。結婚して、恒吉さん自身も変わったことがあるそうです。独身時代の今、あなたがやっておくべきことはなんでしょう。それが、幸せな結婚生活を引き寄せるのかもしれませんよ。

結婚を引き寄せる独身時代の過ごし方

「こうなるかも」と思って準備をしていると、思った通りのことが起こることがある……恒吉さんも独身時代は、この「準備をするとやってくるの法則」を積極的に実践されていたそうです。著書(「いままで結婚しなくて正解だったと思える本」)の中でも、「結婚したらやりづらくなること」を前倒しでやる、ことを紹介されていました。具体例として紹介されていた、”ご両親とたくさんお話をされること”以外にも、独身のうちにやっておこう! と実行されたことはありましたか。

もしも、休日に旦那さんと一緒にいることになったら、行けなくなるかもしれない……と思うようなマニアックなところに出掛けたりしましたね。

あとは、「私は結婚するものだ」と思って、部屋の状態を整えたり、自分の持ち物の整理をしたりしました。空間が空くと、新しいものが入ってきて、流れも変わります。独身時代に、それを知らず知らずのうちに実践していましたね。

あと、人にお勧めしているのは、好きな買い物をしてみること。結婚するとあまり自分の事でお金を使えなくってしまうので、これを買ったから、あとはもう、「結婚資金でお金を使ってもいいや」みたいな(笑)。そういうのもいいかもしれません。

結婚して良かったこと

いつでもできると先延ばしにしないで、「やりたいことを前倒し」でやることが、「私は結婚するんだ」という気持ちを強めてくれるのですね。また結果的に、それが自分自身の世界を広げることになり、自分という魅力をより引き出すことに繋がるのかもしれません。そうやって自らも輝かせ、素敵なパートナーを引き寄せた恒吉さんは、今年の5月5日で結婚二周年を迎えられました。恒吉さんが、結婚して良かったなと思うことは、どんなことですか。

まだまだ結婚して2年なのに、偉そうに本を書かせていただいたことでしょうか(笑)。あと私は結婚する前も、実家にいて非常に幸せだったんです。けれど、パートナーと二人で買い物をしたり、ごはんを食べたりして時間を過ごしたり、他愛ないことで一緒に笑ったりして、そういうことが出来る相手がいるっていうのもすごくいいなって思いますね。

メールやLINEのやりとりで、自分以外の誰かが何してるかな? って自然に思うことや、パートナーからもそういう態度なり行動なりで、大事にされているって感じることは、あぁ、有り難いな、嬉しいなって思います。

趣味の世界で、例えばマンガを読むなり、本を読むなり、ひとりでも楽しむことは出来ますよね。それが対、人っていうと、時にはケンカとか、困ったことが起こることもあります。それでも、予想外の楽しさとか面白さとか、時間を掛けて育んでいく心の絆をリアルに感じられるパートナーシップというのは、面白いなって思います。

旦那はどんな人?

恒吉さんに「いままで結婚しなくて正解だった」と思わせた旦那様ってどんな方だろう、と、きっと、読者の皆さんが気になっている頃だと思うので、プライベートなところをもう少しだけ聞いてみました。旦那様と結婚して良かったと思うところは、どんなところで感じられますか。

他の人と結婚したことがないので、比べようがないんですが……(笑)。とても頼りになるなっていうところです。非常に勉強家で、仕事もしっかりしていて、とても尊敬出来るな、と。

心から信頼できると思える人と、出会えたのか、引き寄せたのか、引き寄せられたのか……わからないんですけれども(笑)、自分がこういう人がいいなと心から思っていた人と、しっかりと出会ったなと思っていますね。

結婚してわったパートナーシップ

「自分がこういう人がいいなと心から思っていた人と、しっかりと出会ったな。」いつか、そんなふうに言ってみたいですね。理想のパートナーとしっかりと出会い、ご結婚された恒吉さんですが、結婚直後と、2年経った今とで、夫婦関係に何か変化はありましたか。

うちの場合は、正式なお付き合いをする前に結婚を決めました。昔はお見合いが普通だったり、お見合いどころか、親同士が結婚を決めていたりしたことを考えると、そんな特別なことではないと思うんですけどね。
それで、結婚当初は、お互いのことをあまり良く知らないので、コミュニケーションがうまくいかなかったことがあったんです。「この人、こんなところが気になるんだ?」とか「これが嫌なのかな?」とか。
それが、だんだんお互いに慣れてきて、「この人がこういうことをするのは、こういう気持ちからだな。」っていうのがわかってきました。信頼関係が高まっていくと、ツーと来てカーと来るような、パートナーとの心のキャッチボールがスムーズに出来るようになって、結婚した時よりも一緒にいてどんどん楽しいなって思うようになりましたね。

結婚してわった私自身

信頼関係がますます高まって、夫婦のいいパートナーシップが築ければ、自ずといろんな変化が起きてくるような気がします。旦那様と過ごす中で、恒吉さん自身の変化やその中で感じることがあれば、ぜひ教えてください。

今まで別の人生を生きてきた人と一緒に暮らすわけなので、パートナーが持っている知識も違いますし、趣味も全然違います。ですから、それを聞くことによって自分の世界が広がっていくのは楽しかったですね。例えば、人を紹介してもらって交友関係が広がって、今まで会うことが出来なかったような人と出会うことが出来たり、今まで行けなかったとこに連れて行ってもらえたりとかね。こういうことも出来るんだ! みたいな(笑)。

私の実家は車がなかったんですが、パートナーが車が好きで、車を持つようになりました。そこで、私もアラフォーを過ぎて、免許も取ったんですよ。こうやって、新たなチャレンジのきっかけをもらって、この2年の間だけでも2倍3倍4倍……に自分の幅が広がったように思います。

結婚してなかったら一生知らなかった世界を、知ることが出来たのは本当に嬉しいことですね。もちろん、“ムカッ”とするとか、“なによ!”って思うこともあります。けれども、色んなことがあっても、それを乗り越えて、それも込みで、“よしよし”って思える、そんな達成感も味わえます。上手くいくことも上手くいかないことも、そういうのも全部込みで、いろいろな経験が出来るのが、結婚かなって思いますね。

 

結婚してみないとわからないことがたくさんある! と語る恒吉さんの言葉からは、幸せな結婚生活しか溢れてきませんね。「結婚」っていいものだなぁと、このお話を聞くだけでも、温かい気持ちになります。結婚によって、自分の人生の幅が広がる、 という言葉がとても印象的でした。

さて、次回は、女性が「結婚」という選択をするタイミングについて、恒吉さんに聞いてみました。いつ結婚するか、それとも結婚をしないのか、「一生独身」という選択肢、「20代前半で結婚する」という選択肢……いろんな選択肢がありますが、あなたは何を選びますか?

【書籍紹介】

いままで結婚しなくて正解だったと思える本

【著者紹介】

恒吉彩矢子(つねよし あやこ)
ハッピーライフ・コンサルタント。東京女子大学を卒業後、大手金融機関に勤めていたとき、ストレスに悩んで心や体を痛めたことをきっかけに、アロマセラピー、整体、心理学等さまざまな勉強を始める。
2001 年から、「同じような悩みをもっている方々のお役に立てれば」と、のべ5000名以上にアドバイスやセッションを行っている。さらにその経験や、宇宙の法則を学び、多くの成功者と交流することによって、独自の「ツキを引き寄せる法則」「幸せになる仕組み」を研究。ブログ、書籍、講演活動やセッションを通じて、自分らしく幸せに生きるためのメッセージを発信している。
著書は20 冊以上。2015 年5月5日、電撃入籍、同年秋には結婚式を挙げた。
自らの経験に基づく「自然体引き寄せ婚」のメソッドを伝える講座は毎回満席。「いい人と出会えるようになりました」「自分に自信がついてきました」「結婚が決まりました! 」との嬉しい声が多数寄せられている。

The following two tabs change content below.
Risa

Risa

ウェディングプランナー歴10数年。お客様と共に結婚式について相談する時間が大好きです。趣味は、美容・ヨガ・アクセサリー作り・ネットショッピング。特技は、断捨離です。

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

-恋愛, 恋愛・夫婦生活
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.