恋愛 恋愛・夫婦生活

あなたの「別れる」という決断が相手の人生への最大のおもてなし

投稿日:2017年7月16日 更新日:

こと、結婚を目前に控えていた女性にとって、今付き合っている彼氏の問題が浮き彫りになった時に、「せっかくここまでおつきあいを続けてきたのに…」という思いとその歴史が無駄になるような気がして、なかなか別れが切り出せないということがあるようです。

彼が6年間付き合った女性に別れを切り出した理由

こんな事例があります。

その男性には6年間付き合っていた女性がいました。彼が自分の人生に本気で向き合った時に、自分の夢を突き進む決断をしました。ところが、その当時付き合っていた女性は、彼のことを止めました。

「どうしてそんなリスクのあることをするの!?」彼女は信じられなかったようです。彼の家族の説得も虚しく、結局彼女は彼の夢を応援することができなかったのです。

彼は散々思い悩みました。なぜなら6年間培ったきた思い出と情があったからです。しかし、彼は断腸の思いで別れをある種「強行」しました。それが彼女の為になると思ったからです。

なぜその別れは彼女の為になったのか?

彼女としては苦しかったでしょう。自分と結婚するとばかり思っていた彼氏が急に夢に目覚め、自分が置いていかれる恐怖に毎日闘っていたのです。しかし、パートナーの夢を邪魔してまでする結婚の先に果たして幸せがあったのでしょうか?

仮に結婚したとして、子どもが生まれたとして、子どもが将来「〇〇になりたい!」といった時に、「パパの夢はなぁに?」と聞かれたら、パパはなんて答えるでしょうか。

「実はパパには〇〇な夢があったんだ。でもね、ママにすごい反対されて諦めたんだよ。」

ゾッとする光景です。それを口にする人は少ないと思いますが、心の中では思っているわけです。子どもがその思いを見逃すはずがありません。その先の家庭の未来は、どんなに表面上取り繕ったとしても、明るい光で満ちあふれることにはならないでしょう。

彼は、その未来が想像できたと言います。つまり、「今、ここで自分の思いを犠牲にして彼女の意志を尊重したら、将来彼女を不幸にするのは過去の彼女を恨む未来の自分だ」と気づいたわけです。

その妥協は「本当に」相手のためになるのか?

よーく考えてみる必要があります。もし、今、自分がどうしても許せない・譲ることのできない価値観に出会った時に、そのタイミングで彼との結婚を強行したとして、自分の心中は未来永劫穏やかでいられるでしょうか?そして、未来の自分は今の彼氏をうらみやしないでしょうか。

あなたが彼のこと「好きだ」という気持ちに嘘偽りはないでしょう。それだけの時間を共に過ごしたのですから。だからこそ、好きだからこそ、相手の幸せを願うからこそ、「別れる」という決断が相手の人生への最大限のおもてなしになることもあるのです。

その決断の結果、本当に「二人とも」幸せになることができるのか不安になるって?もちろん、それを断定することはできませんが、参考までに先ほどの事例の結果をお伝えしましょう。

別れを切り出した彼氏は、そのあとすぐに出会った女性と結婚。最近第一子を授かりました。彼女の方は?なんと同じ年の同じ月に結婚しているのです。きっと二人にインタビューしたらこういうのではないでしょうか。

「あの時、別れて本当に良かった」と。

The following two tabs change content below.
Yoshiki Kawaguchi

日本大学芸術学部 映画学科演技コース 卒業。俳優業とカウンセリング業を通じて学んだ人間心理と、自身の事業を通じて体験した気づきをミックスした独自の恋愛理論が好評。

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかしいったい結婚 ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日。結婚記念日。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起の ...

4
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

ブライダルフェアの流れや内容について1 5
プレ花嫁必見!参加する前に読んでほしい「ブライダルフェア参加マニュアル」

ブライダルフェアに行ってみたいけど、どんなことをするのか不安… そんな人も多いかもしれません。 ブラ ...

-恋愛, 恋愛・夫婦生活
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.