あなたらしい結婚式 ウェディングのカタチ

やっぱり憧れる!ホテルウェディングのメリット・デメリットとは

投稿日:2017年7月15日 更新日:

最近はさまざまなスタイルの結婚式がありますが、ホテルでの結婚式は便利な上に高級感がありますので人気があります。「いつかあのホテルで結婚式をしたい」と思っている憧れのホテルがある方も多いでしょうね。

 今回はホテルウェディングのメリットとデメリットをご紹介します。これから式場選びをするカップルは、ぜひ参考にしてくださいね。

ホテルウェディングのメリット

まずはホテルで結婚式を挙げることのメリットをご紹介します。

ホテルウェディングには、新郎新婦にもゲストにも嬉しいメリットがたくさんありますよ。

メリット1.格式が高い

一生の思い出となる結婚式は、せっかくなら高級感がある式場で素敵な思い出を残したいですよね。有名なホテルなら設備が充実しているうえにラグジュアリーな雰囲気で、ゲストをおもてなしすることができるでしょう。 

結婚式にはさまざまな年代のゲストを招待する方が多いのではないでしょうか。親戚や会社の上司など、目上の方もお招きする場合、ホテルなら格式が高いのできっとどなたでも喜ばれることでしょう。 

また、高級感あるホテルは若い年代の人にも喜ばれます。一度は行ってみたいと思っていたホテルでの結婚式に招待されたら嬉しいものですよね。 

ホテルはロビーやトイレなど、設備もきれいで洗練されていますし、披露宴会場も豪華な雰囲気なので、ゲストに快適で特別な時間を過ごしてもらうことができるでしょう。

メリット2.挙式スタイルが選べる

結婚式は教会式にするか、それとも神前式にするか、結婚が決まったらまず最初に考えることかもしれませんね。最近は宗教に関係ない人前式を選ぶ人も増えています。

ホテルはチャペルや神殿を備えていて、教会式でも神前式でも対応できるところが多いです。特にチャペルは豪華な独立型を併設しているホテルも増えていて、憧れのロマンティックな挙式がかないます。チャペルやロビー、披露宴会場などで人前式に対応してくれるところもありますので、幅広い挙式スタイルに応えてもらえるところがホテルウェディングのメリットの1つと言えるでしょう。

メリット3.宿泊できるので遠方のゲストも安心

ホテルは宿泊施設なので、遠方からのゲストにそのまま宿泊してもらうこともできます。いちいち移動しなくていいというところに魅力がありますよね。もし結婚式当日の天候が悪くても、ホテルウェディングならそのまま宿泊してもらえるのでゲストに負担がかかりません。大きな荷物を持って移動しなくてすむので喜ばれるでしょう。

新郎新婦には宿泊サービスの特典がついているホテルもありますので、結婚式の余韻に浸りながら宿泊するカップルも多いみたいですよ。

メリット4.洗練されたホスピタリティ

一生の思い出となる結婚式を成功させるには、式場スタッフのホスピタリティの質も重要なポイントとなります。その点、ホテルは普段からゲストをおもてなしすることに長けていますので、安心感がありますよね。

 サービスやマナーの教育を積んだホテルのスタッフなら、ゲストも心地よく過ごすことができるでしょう。「いい結婚式だった」と思ってもらうには、式場スタッフの行き届いたサービスが不可欠です。

メリット5.おいしい料理でゲストをおもてなし

結婚式に出席してくださるゲストのみなさんは、披露宴の料理を楽しみにしている方も多いでしょう。披露宴での料理はフランス料理、日本料理、和洋折衷などジャンルを選べることが多いです。

また、せっかくの料理もアレルギーがあって食べられないなんてことがあると残念ですが、ホテルはゲストのアレルギーに対応してくれるところが多いので安心感があります。

メリット6.駅近が多くアクセス抜群!

ホテルは立地がよく、多くは駅から近いのでゲストへの負担が少ないです。タクシーを利用するとしても、有名ホテルならすぐにわかってもらえるので遠くから来てくれるゲストも安心。駐車場もありますので、自分で車を運転してくる人にとっても便利です。 

結婚式場を予約する時点では当日の天候など予想できないので、ひょっとしたら悪天候になる可能性もあります。もし雨が降ったとしても、駅から近いホテルならあまり濡れずに到着できるでしょう。

メリット7.大人数から少人数まで可

ホテルにはさまざまな広さの披露宴会場がありますので、招待する人数に合わせた部屋を用意してもらえます。最近は少人数の結婚式を選ぶ人も増えていますが、ホテルなら家族だけの結婚式も可能です。

親しい人だけに囲まれた結婚式は、1人ずつとゆっくり話をすることができて、アットホームな雰囲気に包まれるでしょう。

メリット8.思い出の場所として結婚後も訪れることができる

ホテルは結婚式をするためだけの場所ではないので、宿泊や食事をするために訪れることができます。結婚記念日には結婚式を挙げたホテルのレストランで食事をすることも可能。大切な思い出の場所として、結婚後もたびたび訪れることができるでしょう。

お子さんも連れて家族で一緒に食事をするというのも感慨深いでしょうね。

ホテルウェディングのデメリット

次にホテルウェディングのデメリットをご紹介します。ホテルでの結婚式は、新郎新婦にとっては少し残念な面もありますよ。

デメリットも把握したうえで、結婚式場にホテルを選ぶか検討しましょう。

デメリット1.同じ日に複数の結婚式がおこなわれる

ホテルでの結婚式は貸切ではありませんので、1日に複数の結婚式がおこなわれることも多いです。新婦にとって結婚式は自分が主役という気分でしょうが、ホテル内で他の花嫁と出会ってしまうこともあり得ます。

また、披露宴の最中に、他のカップルの結婚式の音が聞こえてくるなんてこともあるようです。感動的なシーンで外の音が聞こえてきたら、ちょっと残念かもしれませんね。

デメリット2.費用が高い

格式が高く高級感ある雰囲気が魅力のホテルウェディングですが、その分費用も高めの傾向です。結婚が決まると結婚式以外にも新居の費用や新婚旅行など、大きな出費がありますので、結婚式にあまりお金をかけたくない人にとっては大きなデメリットとなるでしょう。

結婚式の費用は、最初の予算よりも高くなりがちです。一生に一度のことと思うと、こだわりたい気持ちが高まって、ランクアップしたりオプションをつけたりしたくなってしまいますよね。 

費用をできるだけ抑えるには、料金が高くなる春夏を避けて冬や夏の時期を選ぶ、割安になる平日やナイトウェディングを選ぶという方法で節約することもできます。また、気にならないなら仏滅を選ぶと割引になることもありますよ。

デメリット3.持ち込みに制限があることも

一生の記念となる結婚式だから、こだわりの衣装にしたいとか、特別な引き出物にしたいという方もいらっしゃるでしょう。しかし、ホテルの場合、提携している業者以外の持ち込みを禁止、または持ち込み料がかかるという場合が多いです。

また、カメラマンもホテルの提携業者以外に依頼をした場合、持ち込み料が発生することがあります。持ち込み料については契約前に相談しておくことで、サービスしてもらえるケースもあるようですので、まずは交渉してみてはいかがでしょうか。

メリットとデメリットを考えてホテルウェディングを検討しよう

ホテルで結婚式を挙げることのメリットとデメリットをご紹介しました。高級感があって設備も充実したホテルでの結婚式は、新郎新婦もゲストも満足度が高いでしょう。

費用が高いというデメリットはお得なプランを利用することで節約することも可能です。自分たちで手配したり手作りしたりすると節約できますが、持ち込み料がかかることもありますので、契約前に確認しておいた方がよいでしょう。

このようにホテルウェディングにはデメリットもありますが、メリットもたくさんあります。よく検討して満足いく結婚式を挙げてくださいね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-あなたらしい結婚式, ウェディングのカタチ
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.