1.5次会 ウェディングのカタチ

1.5次会をしたい方必見!1.5次会プロデュース会社4社を詳しく解説

投稿日:2017年7月8日 更新日:

結婚披露宴は直接式場へ依頼するもの、二次会は、幹事に任せるもの、というブライダル業界の常識が、近年大きく変わっていきています。最近では、結婚披露宴や二次会をはじめ1.5次会でも「プロデュース会社」を利用する新郎新婦が多くなってきました。プロデュース会社の人気の秘密を考えてみましょう。

プロデュース会社に依頼するという選択肢

ウェディングの「プロデュース会社」は、名前の通り、ウェディングパーティのプロデュースを得意としている会社です。

直接会場に申し込みをするのと、プロデュース会社に依頼するのとで大きく違うところがあります。それは、会場の専属プランナーは会場を選んでから、具体的な打ち合わせがスタートするのに対し、プロデュース会社に所属するプランナーは、会場が決定する前から、打ち合わせが始まるところ。

結婚が決まると、会場探しをすぐに始める新郎新婦が多いですが、実は、会場を決めた瞬間に、想像もしていなかった会場の制約がたくさんあることが発覚し、悩む方が多いことは、あまり知られていません。

会場決定をした後に、”どんなウェディングパーティをしたいか”、を具体的に考え始めると、実は我慢せざるを得ないことが出て来ることが多々あるのです。それは、会場には、ウェディングパーティをする上で、その会場の独自のルールや細かな条件があり、それを無視することはできないからです。例えば、以前、友人の結婚式で、新婦が作ったケーキを持ち込んでいたのを見たことがあり、当然どこの会場でも持ち込めるものだと思っていたら、食べ物の持ち込みは、どんな事情があっても許可されない、というケースがあります。また、ドレスは「持ち込み料」を払えば、当然どんなものでも持ち込めると思っていたら、「持ち込み料」以前に、式場の母体が衣装屋さんを営んでいるために、衣装のレンタル、もしくは購入が必須事項で、衣装の持ち込み自体、絶対にできない決まりになっている会場もあります。

ウェディングパーティを考える際、自由度の高い1.5次会の場合は特に、会場選びを失敗するとそれは致命的な失敗にもなりうるのです。

プロデュース会社の場合は、どれくらいの人数で、どんな人たちが出席して、好みの雰囲気はどんな感じか、予算や演出のイメージはどんなものか…つまり、どんなウェディングパーティを求めているのか、を加味した上で、会場選びから手伝ってくれます。やりたいことができる条件を兼ね備えた会場を選ぶので、必然的に予算内で理想が叶うパーティを実現できます。その効率の良さが、現代の新郎新婦のニーズとぴったり合うことが人気の秘密かもしれません。

メリットとデメリット

プロデュース会社に依頼するメリット

一番に挙げられるのは、先述した通り、条件にあった会場をセレクトしてくれることです。ウェディングパーティを行うことができる会場は、世の中に溢れかえっています。インターネットで何でも調べられる時代とはいえ、一つ一つの会場の条件を調べ上げる労力は、かなりのものです。会場を数軒回るだけでも、数日(休みが限られる方の場合は、数ヶ月)を要するでしょう。その面から見ても、膨大な会場の中から、条件に合う会場のみをピックアップしてもらえること、第三者的な立場から、新郎新婦の条件を見て、提案を受けられることは大きなメリットです。

また、具体的にやりたいことがなかったとしても、「楽しい雰囲気にしたい」「こんな雰囲気が好き、嫌い」と伝えるだけでたくさんの提案をしてもらえるのも嬉しいポイントです。様々な形態の異なる会場でのたくさんのウェディングパーティ経験があると、持っているアイディアや引き出しもとても多いです。特に、1.5次会の場合は、どんな雰囲気にしたいか、という魅せ方がパーティの成功にとても重要になるので、経験値のあるプランナーに任せるということはとても重要なことです。また、プロデュース会社では、ドレスや引き出物、演出などのアイテムの制限があまりなく、新郎新婦が希望するアイテムが自由に持ち込みできたり、提案される選択肢がたくさんあったりするところも多いです。プロデュース力を売りにしているので新郎新婦が希望するものは、できるだけ叶えようとする傾向が強いのも特徴です。

プロデュース会社に依頼するデメリット

ここまででプロデュース会社に依頼することは、メリットしかないようにも思えますが、デメリットもあります。プロデュース会社は、自社会場ではない場合が大半です。ホテルや専門式場、ゲストハウスやレストランと提携をし、プロデュース会社として新郎新婦と会場の間に入ってウェディング施行をします。プロデュース会社では即答できないような、会場に確認しなければわからない質問の場合、質問してから、回答があるまでに時間がかかることがあります。質問を受けたら、プロデュース会社から、一度会場へ確認し、その後、新郎新婦へ返答する、という流れになります。会場へ確認する、という過程が一つ増えるので、即答してもらえないことが多い可能性があることは覚えておきましょう。また、依頼するプロデュース会社によっては、提携可能な会場しか使えない場合が多いので、希望する有名会場は使用できない場合もあります。自社でウェディングパーティをしている有名ホテルや有名レストランの一部では、持ち込みアイテムの問題や会場のブランディングの都合から、プロデュース会社とは提携しないことも多いのです。理想のパーティを考えた時に、既に具体的に候補会場があったり、会場の優先順位が高かったりする場合は、まずは、その希望の場所でプロデュース会社を利用できるかを確認されることをお勧めします。

プロデュース会社を選ぶメリットとデメリットのまとめ

【メリット】

・第三者的立場から、条件にあった会場をピックアップしてもらえる。

・どこでしたいか、よりも何をしたいか、を考えて会場選びができる。

【デメリット】

・会場に聞いてみないと判断できない内容については、質問してから回答までに時間がかかることがある。

・有名ホテル、有名レストランなど、プロデュース会社によっては、利用できない会場がある。

プロデュース会社紹介

1.5次会のプロデュースを取り扱っている代表的な会社をみてみましょう。会社によってそれぞれ特徴があります。たくさんの会社がありますが、中でも、特徴的な会社を以下にピックアップしました。気になったところには、ぜひ問合せてみてください。まずは、直接相談してみることをお勧めします。

※以下の、各サービス情報は、2017年6月現在、それぞれのHPにて確認したものです。最新情報と相違がある可能性があります。ご利用される場合は、各プロデュース会社へ直接、お問い合わせください。

スマ婚

https://smakon.jp/

”○○婚”の火付け役のスマ婚は、HPにある通り、「従来のブライダルのように選べる幅を限定せず、それらをつなげ。トータルプロデュースすることでお客様の幅広いニーズに対応できるサービスを実現」していることが売り。「会場」も「特定の指定業者(ドレス、装花、カメラ等)」も持たず、持込みも自由、持込み料は無料、という、今までのブライダル業界の常識を覆したスタイルが人気のようです。

創業は、「二次会の幹事代行」という業種を生み出した「2次会くん」。2次会くんに来るお客さんからの”あったらいいな”という理想の声を実現したいと創ったのがウェディングプロデュースの「スマ婚」だったそうです。会社の成り立ちからも、“理想を実現するプロデュース力”に期待できそうですね。

結婚披露宴「スマ婚」1万組以上、提携会場は全国に240件という実績があり、二次会「2次会くん」は2万5千組以上、提携会場は全国に600件以上という数字を見ても、たくさんの新郎新婦に支持されていることがわかります。

事例写真や動画がHPで見られるので、パーティ当日のクオリティや雰囲気も実際に確認できますが、フォーマルなパーティもカジュアルなパーティも手がける会社のプロデュース経験値を試してみる価値はあるかもしれません。1.5次会も多く手がけているようなので、気になった方は直接問い合わせてみてください。見積もり例が具体的にHPに出ていて安心です。

ウェディングエリア:関東、東海、関西、九州

ショールーム・サロン・デスク

※ショールーム以外(サロン・デスク)は、完全予約制だそうです。

(関東)渋谷ショールーム・横浜ショールーム・千葉ショールーム
表参道デスク・銀座デスク・新宿デスク・練馬デスク・立川デスク・八王子デスク・横浜駅西口デスク・海老名デスク・浦和デスク・川越デスク・柏デスク・船橋デスク・成田デスク・前橋デスク・水戸デスク・大宮サロン・宇都宮サロン

(東海)名古屋ショールーム
栄デスク・岡崎デスク・豊橋デスク・岐阜デスク・岡崎デスク

(関西)梅田ショールーム
心斎橋デスク・姫路デスク・京都サロン・神戸サロン

(九州)天神ショールーム
博多デスク・小倉デスク・久留米デスク

会費婚

https://www.kaihikon.com/

名前の通り、会費制のウェディングパーティをプロデュースしている会社です。「必要なアイテムをあらかじめパッケージ化。従来のご祝儀制で行う結婚しいと変わらない挙式&披露宴を実現」とHPにある通り、1.5次会の場合は、フォーマルよりのウェディングパーティを得意としているのかもしれません。

元々、音楽家(聖歌隊やゴスペルシンガーなど)のイベント派遣をメインにやっていた会社が運営しています。取引先の一つであるブライダル業界へ派遣していた際に、ブライダル業界に疑問を感じ、「会費婚」を軸にブライダル業界に参入したという創業時のストーリーがあるそうです。(「情熱社長」よりhttp://jonetu-ceo.com/2014/07/21905/

一般的に”1.5次会の10日~2週間前くらいの前払いが基本”というブライダル業界の中で、「会費婚」は、会費5万円以外は、当日結婚式の後で支払える、という支払い条件です。費用的な問題を解決するために1.5次会というスタイルを取る新郎新婦には、当日の会費やご祝儀から支払いができるのは嬉しい仕組みですね。

衣装等持ち込み可能、持ち込み手数料は無料です。関東、東海、関西と全国規模で展開し、提携している会場は、全国に120ヶ所以上、HPに掲載していない会場もあるそうですので、気になった方は問合せて見てください。

ウェディングエリア:関東、東海、関西

ラウンジ:表参道・名古屋・大阪

 

エモーショナルパーティ

https://emotionalparty.jp/

「二次会・1.5次会のトータルプロデューサー」というキャッチコピーを持つ、エモーショナルパーティ。(通称、エモパッ!)

HPには、プランナーの写真や名前、メッセージが掲載されていて、とても親近感を持てます。1.5次会は、担当プランナーの経験値はもちろん、プランナーと新郎新婦の相性もとても大切なので、事前に雰囲気が見られるのは嬉しいですね。過去にウェディングパーティをした新郎新婦の口コミを見てみると、担当者さんとの距離もとても近く、友人のように打ち合わせができるようですね。カジュアルなパーティを得意としているプロデュース会社のようです。

自社でドレスサロンを持ち、スタイリストさんがいてパーソナルカラー診断を元に衣装提案をしてくれたり、HPでも特記しているように、オープニングムービー、撮って出しエンドロール、メイキングエンドロール、サプライズムービー…など、映像演出に力を入れたりと、いろいろな切り口から独自のプロデュース提案をしてくれるようです。

元々、「経営する飲食店で始めた二次会から生まれた」というこちらの会社は、「会場の選定から内容のプロデュース、当日の運営までをトータルサポートする独自のサービスで人気になった」(「日刊スゴい人!」より http://sugoihito.or.jp/2016/06/14296/)という創業者さんの言葉の通り、お客様の声に応え続けて今のスタイルができたのかもしれませんね。

サロン:東京・名古屋・大阪

アンフェスタ

http://www.amfesta.com/

「結婚式の2次会代行」がメインのアンフェスタ。二次会がメインのようですが、1.5次会の要望にも応えてくれるようです。

「メディア向けの各種PRイベントを企画・制作してきたプロフェッショナルチーム」で、その繋がりから、「著名人やマスコミ関係者の結婚式の二次会パーティー」を数多く手がけることになったことが、会社設立のきっかけになったというプロデュース会社です。二次会1,000組以上という実績もさることながら、そのクオリティもイベントのプロフェッショナルお墨付きというから気になりますね。

2009年から毎月ブログが更新され続けているので、プランナーさんのリアルな思いや写真が見られるのは安心です。東京都内なら、出張打ち合わせもできるようなので、なかなか時間が取れない新郎新婦には嬉しいサービスですね。毎月20組限定で”基本プランが0円になる”というスペシャルプランが、実施されているそうです。気になった方は問合せてみてください。

無料出張:東京近郊(遠方の場合、要相談)

 

The following two tabs change content below.
Risa

Risa

ウェディングプランナー歴10数年。お客様と共に結婚式について相談する時間が大好きです。趣味は、美容・ヨガ・アクセサリー作り・ネットショッピング。特技は、断捨離です。

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

-1.5次会, ウェディングのカタチ
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.