ウェディングマニュアル 結婚準備

結婚式で手紙を読むのは花嫁だけじゃない!?新郎が読む両親へ感謝の手紙

投稿日:2017年6月29日 更新日:

普段は照れくさくて言えない両親への感謝の気持ちを結婚式に表せるいい機会です。一般に両親への感謝の気持ちの手紙は花嫁からのものと言われていますが、新郎からの両親への感謝の手紙もいいものです。

なかなか文章で言い表すのは難しいものですが、手紙を読んでいると両親は新郎との思い出がよみがえってきます。その時は、両親の涙を誘うでしょう。

両親にありがとうを伝える

感謝の気持ちは、ストレートに伝えた方が伝わります。しかし、ストレートにと言ってもばらばらの文章ではまとまりがなくなってしまいます。一般に、両親への手紙は新婦の場合もそうですが、書き出しが感謝の気持ちを表す言葉を入れることが多いです。日本の男性は感謝の気持ちを言葉にすることが苦手です。結婚式の時に「ありがとう」と手紙で伝えましょう。

例えば、育ててもらった感謝や○○の時は苦労をかけてごめんなさいなどの言葉は両親が育ててきた苦労が報われます。結婚式場ではライフプランナーが結婚式のプランをたてます。新郎が感謝の手紙を読むサプライズを入れるには、プランナーとの打ち合わせが必要です。手紙を読み間、雰囲気を盛りあげられるように音楽や大型スクリーンなどを使って過去から現在までの両親との様子や新郎と新婦の様子が映し出されると感動が増します。

結婚式では新婦が手紙を読むことが一般的です。日本では以前は嫁に行き、そこの家に入るという考え方がありました。そのため、新婦は結婚式の前の日に両親に今までお世話になりましたと感謝の気持ちを表し、実家から出て新郎の家に嫁に入ったのです。それが、結婚式の手紙となって残っています。ですから、両親への手紙は新婦の後に読むことがふさわしいでしょう。ここで、気をつけなければいけないのは長々とした手紙にしないことです。新婦から両親への手紙が読まれて、雰囲気が盛り上がったところで新郎が手紙を読むと、ゲストが飽きてしまうからです。

手紙の書き方

手紙は書き出しの言葉、本文、結びの言葉という構成で書きます。書き出しと結びの言葉は100文字から150文字くらいで、本文には両親とのエピソードなどの思い出を語ると感動的です。手紙を書くときは、前日だとバタバタして良い文章が思い浮かばないかもしれません。また、手紙を仕上げなければと焦って寝られないかもしれません。その結果、まとまりのない文章になって、新婦がいい手紙を読んだ後、場をしらけさせてしまい、読まない方がよかったということになりかねません。1週間前くらいに書いておくといいでしょう。

書き出し文

書き出し文には、「この場を借りて両親への手紙を読むために時間をください」など、最初にゲストに一言断りを添えるとゲストをおろそかにしていないことを伝えることが出来ます。

両親への感謝は次に述べましょう。

普段使っている言葉よりも少し丁寧な言葉で述べた方が雰囲気を壊しません。

あまり、堅苦しい言葉はわざとらしくなります。

文例

1.僕からも両親に感謝を述べたいので、少しだけ時間をください。お父さん、お母さん、今まで○○年間育ててくれてありがとう。照れくさくて手紙という形でしかあらわせないけど、お父さんとお母さんには感謝しています。

2.この場で手紙を読むのは恥ずかしいけど、少しの時間読ませてください。おやじ、お袋、ぐれていた時にも時には厳しく、時には優しくオレをここまで導いてくれてありがとう。

3.(ひとり親の場合)お父さん(またはお母さん)、今まで育ててくれて本当にありがとう。お母さん(またはお父さん)がなくなってから、○○年、一人親で育てるのは大変だったと思います。

本文

本文は、両親とのエピソードや思い出を簡潔に盛り込みます。両親と一緒に行動したことで印象に残っていることやハプニング、苦労をかけたことなど思い出すとあれもこれも書きたくなるかもしれません。すると身内の話だけになってしまい、ゲストがわからない話なので長々と語ると身内だけが盛り上がることになりかねません。1つのエピソードを盛り込むだけで十分です。

文例

1.毎年、夏には家族でキャンプをすることが恒例でしたね。キャンプでは、野菜を切ったりご飯を炊いたり、お父さんとお母さんには色々なことを教わりました。夜は一緒に星の名前を覚えましたね。花火をしたことも楽しい思い出です。家族の結びつきは強かったですね。僕にとっては、家族の存在はかけがえのないものです。

2.僕は一家の大黒柱としてのおやじの背中を見てきました。お袋は、遅くなっても食事をしないでおやじを待っていましたね。おやじがいなのに、お袋に対して思春期の頃は反抗ばかりしていて苦労かけてごめんなさい。いつも心配ばかりかけてきた僕だけど、これからは親孝行していきます。

3.(一人親の場合)お父さん(お母さん)の働く姿しか、僕は見ていません。仕事も家事もお父さん(お母さん)が一人でしてくれていたね。時には、お父さん(お母さん)がお酒の量が増えているときもありましたね。それなのに、僕にはお父さん(お母さん)のつらさがわかりませんでした。それが当たり前だと何もしていなかったのに、いつも何も言わずに見守ってくれてありがとう。

結びの言葉

結びの言葉は新生活への思いを表します。これからは、二人でどんな家庭を築きたいか、子供が出来ているなら父親としてどうしたいかなどを書くといいでしょう。

文例

1.今日からは、○○と一緒に幸せな家庭を築きたいと思います。これからも見守ってください。

2.まだ半人前だけど、自分が守るべき人を見つけたので頑張りたいと思います。○○のお父さんとお母さん、全力で○○を支えていきますのでどうぞよろしくお願いします。

3.僕はもうすぐ生まれる子供のお父さんとなるので、お父さん(お母さん)の気持ちがよくわかります。お父さん(お母さん)、これからは孫のおじいちゃん(おばあちゃん)となり、いつまでも元気で長生きしてください。

手紙を読んでいて泣きそうになった時

手紙を読んでいると、思わず涙が詰まってきて先が読めなくなるかもしれません。また、涙声で声が聴きとれなくなるかもしれません。事前に式場のライフプランナーや司会者に助け舟を出してもらうように頼んでおくといいでしょう。

前もって準備できるビデオレター

当日、泣いてしまうといけないので、あらかじめビデオレターを作っておくという手もあります。ビデオレターは、両親と歩んできた足跡を流し、制作してくれるのでとても良い風にできています。当日、慌てることなく演出してもらえるので、あらかじめ作っておくと楽です。両親への感謝の言葉、今まで伝えられなかった思いなど盛り込んでもらうことが出来ます。好きな音楽、写真、手紙で制作してもらうと、そのDVDを残すことができて後になってみることもできます。次にあげる動画は、新郎新婦から両親にあてた結婚式のビデオレターです。

心に残る両親への手紙

結婚式での両親への手紙は、残したいものです。それを読むだけでなく、きれいに書いて渡すと、両親はその手紙を大事にしまっておくことでしょう。両親は新郎からの手紙を聞いて、今までの苦労がすべて洗い流されます。両親へ育ててくれたことに報いるためにも、新郎も感謝の手紙やビデオレターで両親に感謝を表したいですね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-

Copyright© , 2018 AllRights Reserved.