ウェディングマニュアル 結婚準備

なかなか話しづらい……結婚による新居の初期費用はどう分担する?

投稿日:2017年6月25日 更新日:

結婚が決まり、二人の生活をスタートさせるためには、まず新居を決めなければなりません。
そこで出てくるのが、お金の問題です。
新婚の二人にとっては、なかなかしにくいお金の話ですが、これからの人生をともに歩む相手なのですからそんなことは言ってられません。
今回は、新居に対する初期費用などの負担について考えてみます。

初期費用で必要な金額は

新居の初期費用として必要ものは敷金礼金、そして1ヶ月分の賃貸料で大体30万~50万程度になります。
それにプラスして引っ越し費用が10万~15万程度、家具購入費20万~40万程度、家電購入費が20万~30万程度となります。
トータルして考えると、80万円から140万くらいになるのです。結構な額になりますね。

新生活を見据えて共同貯金をしておく

では、その初期費用はどちらが負担すべきものなのでしょうか。
ひと昔前は、結婚にかかる費用は男性側がメインで負担をするケースもありましたが、最近は男性同様に働いている女性も多く、分担して支払うことが多いようです。

結婚を意識し始めたら、新生活を見据えて共同貯金をスタートさせるのも良いでしょう。
目標額まで貯金できたら、新居探しをスタートするという方法もあります。
ですが、それだとせっかく結婚に向けて動き出した歩みが止まってしまう場合もあります。

そのような時は、お互いの貯金から同額ずつ出したり、それぞれの収入から出せる金額を考えて捻出しあうなどの方法を取るカップルが多いようです。
また、結婚準備費用として両家の両親から出してもらえるケースもあります。

お金のことで揉めないために

それぞれ仕事をしていて収入がある場合でも、結婚をしたらひとつのお財布でお金を管理するカップルも多いようです。
それぞれが各自でお金を管理していると、相手がどのくらい貯蓄しているかわからず、不安になることもあります。
これから先、長い人生をともに生きる相手ですから、お互いの資産を公開し、一緒に管理していくということも必要なことではないでしょうか。

結婚にかかる初期費用は、どちらが負担すべきという決まりはありません。
最近では、結婚後も仕事をお互いに続けたり、家事も夫婦で分担しているケースが増えてきています。
資金面についても、お互いが協力し合うカップルが増えていると言えそうです。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.