恋愛 恋愛・夫婦生活

婚約期間に相手が浮気!婚約破棄or結婚で揺れ動いた時の4つの考え方

投稿日:2017年6月14日 更新日:

婚約期間中に相手に浮気されたらどうしたらいいのかと、途方に暮れてしまいますよね。婚約破棄という言葉もチラついてしまうかもしれませんが、許せないという感情だけに流されると後悔することも。将来を左右する大切な選択になるだけに、冷静な判断が必要です。

慰謝料は根本的な解決とは別

婚約期間に浮気されてしまったらショックな反面、慰謝料がもらえるのでは?と悩むケースも多いです。確かに、慰謝料を請求できるケースはあるようです。詳しいことは、弁護士さんに相談してみる必要があります。ただし法的に慰謝料を請求できたとしても、相手の浮気の原因を知らなければ、根本的な解決には至りません。解決をするためには、まず原因と向き合いましょう。

相手の浮気のそもそもの原因は何?

結婚式準備での喧嘩やもめごとなど

結婚式前には準備で忙しくなります。デートもほとんどが、式の打ち合わせになってくるでしょう。ところで、こんなに忙しい時になぜ彼は浮気をしてしまったのでしょうか。そこにはいくつかの原因があります。特に、式の準備では女性の意見ばかり優先させるような場合、男性は結婚式そのものに興味を示さなくなります。

結婚式の決めごとに、男性を参加させてあげないような場合も注意。男性が居場所をなくしてしまうこともあります。浮気をしてしまう人の特徴に、自分の居場所が見つからず、新しい居場所を他人に求める傾向も。男性を無視した態度は、浮気に走らせてしまう原因になります。

マリッジブルーからの解放

結婚をするということで、責任感などの重圧がのしかかってしまう男性もいます。世間的には、男性が家庭を支えなければならないという考え方が一般的で、その圧力がストレスとなることもあるのです。しかし、このような悩みを女性に伝えると、女性に結婚への迷いや不信感を与えかねません。そのため、男性はひとりで誰にも言えない悩みを抱え込んでしまい、孤独なマリッジブルーに陥ってしまうこともあるのです。

男性のマリッジブルーは、女性よりも気づかれにくいのです。たとえばそのような時に、彼の元カノが表れてしまったらどうでしょう。悩みごとの相談から、深い関係になるリスクも高めです。

彼女に恋心を抱きにくくなった

結婚が決まったとたん、彼女の態度が女らしさに欠けたり、緊張感がなさすぎたりすると、恋心が冷めてしまう男性もいます。この原因による浮気は、女性の油断が招いたものであるということが指摘できます。婚約期間中の浮気を回避するなら、緊張感を持つことが大切です。

たとえば結婚式まで半年以上あるなら、半年間は恋人どうしであるということを自覚するほうがよいでしょう。結婚式準備の打ち合わせで会う時でも、彼から見て魅力的な女性であるように努力します。彼はなぜあなたと結婚をしようかと考えたのでしょう?そんなことを振り返ってみると、女らしさに欠けるような言動を慎んだほうがよいということもわかります。

もっと独身中に遊んでおきたい

彼自身のわがままによる浮気です。もともと遊びグセがあるような人なら、「やっぱり」と自覚してしまうことも。独身中なら、未熟な考えや行動は致し方ないこともあります。ただしそろそろ結婚という時になってから、遊んでしまう彼は少し問題。あるいは、今まで浮気なんてしたことがないような人が、結婚前になって遊びだすようなケースもあります。

その理由には、結婚を前に「まだ独身を謳歌していなかったのでは」という気の迷いがあることも。ただし根は真面目な人もいますので、冷めたら本命に戻ることも多いのが特徴です。そのため、一時的に浮気を責めて別れると後悔をする相手でもあります。

婚約破棄に迷った時に考える4つのポイント

浮気は絶対に許せないものかを考える

結婚をすると、相手の良いところもそうではないところも、すべて受け入れるのが日常になります。そのことから考えると、相手に良くないところがあったとしても、認めてあげる懐の深さが求められます。包容力や寛大な心が、結婚生活には必要であるということです。そのことから、浮気は絶対に許せないものかどうかということを考えてみて下さい。完璧な人はどこにもいないのが現実。たった1つの過ちを許せないなら、結婚生活はストレスばかりがたまります。もちろん浮気は良くないことですが、それだけで相手を全否定する要因にはならないこともあるのです。

別れたその後をシミュレーションしてみる

やっと結婚という時に、今の人と別れてしまうと結婚するまでに、今後多くの時間を費やすリスクもあります。たしかに浮気をするような人は、信頼できないと思えるかもしれません。しかし、そもそもの浮気の原因が自分にあるとしたら、彼への接し方に問題があったということがいえます。たとえば他の人と付き合ったとしても、相手が浮気するような原因を自分が作ってしまうのであれば、どんな人と付き合っても浮気のリスクは高いといえます。原因を突き止めることが鍵となります。

一度距離をおいてからの結婚もアリ

結婚に焦り過ぎてしまったら、冷却期間をもうけるために距離をおいてみましょう。世の中には、離婚したもののまた同じ人とヨリを戻す人もいます。何らかの原因があって一時は別れたとしても、お互いに必要としている存在であれば、再会する可能性もあるということです。実際に、式までの段取りがある程度進んでしまうと、何が何でも結婚しなければという思いが先行しがち。浮気という問題が起こったからこそ、冷静に見つめ直す必要があるといえます。

彼と話し合いをしてみるのが一番

コミュニケーション不足が、浮気の原因を招くことがあります。たとえば結婚準備についての不満、マリッジブルーなどの不安を話し合うことです。浮気の原因についても話し合えば、感情論だけに終始するのではなく、解決の糸口が見つかる可能性もあります。婚約をしているからといって、お互いがすべてわかり合えているわけではありません。足並みをそろえるという意味でも、話すことで進むべき道が見えてきます。

まとめ

相手の浮気には、何かしらの原因があります。自分に原因があるとしたら、原因を取り除かなければ解決は難しくなります。婚約期間中は、いろいろと忙しくなると思いますが、彼ときちんと向き合いましょう。何よりも話し合うことがポイントになります。感情に流されず、後悔のない選択をしましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-恋愛, 恋愛・夫婦生活
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.