結婚の知恵袋 結婚準備

あれもこれも入れたい!結婚指輪の刻印に文字数の制限はあるのか

投稿日:2017年5月13日 更新日:

結婚指輪の刻印に文字数の制限はあるのか1

指輪には、内側に数字や文字などを刻印できるサービスがあります。
特に結婚指輪では、刻印サービスを利用する人がほとんどでしょう。
しかし、刻印できる文字数や字体などを知っておかなければ、あとから困ったことにもなりかねません。

指輪の刻印は一般的には15文字~20文字程度が上限

指輪に刻印できる文字数に関しては、デザインやサイズ、文字の字体によっても変わってきますが、一般的には15文字から20文字程度が上限となっています。
多くのブランドでは、文字数の制限に関しては「サイズやデザインによる」としているので、気に入った指輪が見つかったら文字数の上限についても確認しておきましょう。

結婚指輪の刻印に文字数の制限はあるのか2

よく入れられる文字例と文字数

結婚指輪でよく使われるのが、イニシャルと日付の刻印です。
日付は入籍日か結婚式の日付のどちらかを入れることが多いようです。

例えばよく使われる「2017.6.30 T to H」などの刻印であれば、文字数は約13文字となります。
このほか、よりシンプルに「T to H」などのイニシャルだけを刻印したり、「TAROU to HANAKO」などのようにローマ字で名前を入れる人もいます。
この場合は、約12文字となります。

上限が15文字程度の指輪であれば、日付とイニシャル表記が精一杯とも言えますね。

結婚指輪の刻印に文字数の制限はあるのか3

メッセージや言葉を刻印する人も

日付やイニシャル表記以外にも人気の刻印としては、「Love」や「I LOVE YOU」などの愛情を表す言葉を刻印するというものです。
この場合も、文字数制限があることを考えると、そこまで長い文字数は難しいものです。
しかしLoveやhoneyなどの短い単語であれば、日付やイニシャルとの組み合わせも可能かもしれません。

よくある言葉としては、英語やハワイ語、フランス語やイタリア語で「愛」や「永遠」などを表す言葉、メッセージとしては「愛している」「そばにいる」「ずっと幸せ」などのメッセージを外国語に訳したものを刻印することが多いようです。

結婚指輪の刻印には文字数制限があり、一般的には15文字から20文字くらいが上限となることが多いようです。
デザインやサイズ、刻印の字体によっても変わるため、あらかじめどんな文字を入れるかを決めておき、気に入った指輪が見つかったら具体的に相談してみるといいでしょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.