結婚の知恵袋 結婚準備

結婚・出産しても仕事を続けたい!家事と育児を上手く両立するポイント

投稿日:2017年5月7日 更新日:

女性にとって結婚と出産は仕事にも大きく影響してきます。特に出産の場合は、長期的に休まなければいけないため仕事を続けるかどうかを考える人も多いのではないでしょうか?

最近では出産後も仕事をしている女性はとても多くなり、いわゆるワーキングママは一般的になってきました。筆者もまさにその一人で、一人目を出産後は5ヶ月から保育園に預けて仕事に復帰しました。

ただ……誰にでも悩みはあると思いますが、仕事をしながら家事と育児をするからこその悩みも色々と出てくるもの。とにかく仕事がある日は子どもの送り迎えや家事で日々時間に追われます。他にも子どもの発熱で急に仕事を休まなければいけなかったり……。

とは言え! あまり頑張り過ぎてしまうと、ママも体調を崩したり気持ちが追いつかなくなってしまったりします。仕事もしたいからこそ、上手く家事と育児と付き合っていくのには何が大切なのか? 働くママのために知っておいてほしいことをお伝えしていきます^^

1:全てを完璧にしようと思わない

仕事をしながら育児・家事を両立する上で大切なのは何でもほどほどにすることです。どんな仕事でもお給料をもらって働くということは責任が出てきます。ですので、仕事を適当にするというわけにはいきません。

ただ育児・家事は多少手を抜いても誰かに迷惑をかけるわけではありません! 仕事で疲れた日の夜ご飯は出前やレトルトでも良いんです。子供と一緒に寝てしまっても全く問題ないんです。

仕事と同じ感覚で家事も毎日時間通りにキッチリするのはとても大変です。全てを完璧にしようと思うのではなく、適度に力を抜きながらバランスを取るように心がけましょう。

2:愛情=接する時間ではない

子どもを保育園に預けるタイミングというのは迷うものではないでしょうか? いつでも預けられれば良いのですが、最近ではそういうわけにもいきません。

筆者も保育園がたまたま空いていたのが息子が5ヶ月のとき。1年待つか悩みましたが、1年後に空いている保障がないため5ヶ月から預けることにしました。そのときに周りから「そんなに小さいうちから預けるのは可哀相じゃない?」というようなことを言われました。

たしかに仕事をしていると一日の中で子どもと一緒にいる時間と言うのは限られてきます。仕事がある平日に一緒に遊ぶ時間というのはほとんどないかもしれませんね。

ただママと一緒にいる時間が少ないから、子どもが可哀相とは思わないでください! 接する時間が短かろうが、自分の子どもに対する愛情は決して誰かと比べるものではありません。筆者の場合は昼間離れていた分、一緒にいられる時間がうれしくて楽しく過ごせていたのでかえって良かったと思っています(笑)。

昼間一緒にいなくても子どもに愛情はちゃんと伝わっているはずです。もし周りから何か言われることがあっても、自分の愛情に自信を無くさないでくださいね。

3:何でも一人でやろうとしない

当然ですが、一人でできることには限界があります。仕事に育児、家事を全てママが一人でやる必要はないのです。

子どもが熱を出して仕事を休まなければいけない。そんなときは、パパが有休を取れるなら取ってもらいましょう! 朝の子どもの準備をパパにお願いして、その間に自分の準備や洗濯をしましょう! もし近くに自分達の家族など頼れる人がいるのであれば、力を貸してもらうことも大切です。

筆者の息子も保育園に行くようになってから月に1回以上は発熱などで保育園からお迎えの連絡をもらったり、気づけば週に1回しか出勤できなかったり……なんてこともありました。

そうなるとママ自信も仕事を休むことの罪悪感も出てきてしまったりするもの。そんなときは自分一人で面倒を見ようとせず、パパや家族、病児保育と言ったサービスも利用してママの気持ちの負担を減らすことも必要です。

 

出産をしてから仕事に復帰することで、独身の頃に比べて違ったストレスがたくさんかかってきます。ただ、そのストレスを一人で抱え込まないことが一番大切です! 何でも完璧にできる人はいないわけですから。上手く手を抜いたり、周りに手伝ってもらったりして両立していってくださいね。

The following two tabs change content below.
Keiko Yuzurio

Keiko Yuzurio

夫婦ともどもウェディングプランナーとして活躍。

現在は2児の母として、子育てに奮闘中。

ウェディングプランナーで培った経験から、多くのカップルにアドバイス致します♪

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかしいったい結婚 ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日。結婚記念日。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起の ...

4
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

ブライダルフェアの流れや内容について1 5
プレ花嫁必見!参加する前に読んでほしい「ブライダルフェア参加マニュアル」

ブライダルフェアに行ってみたいけど、どんなことをするのか不安… そんな人も多いかもしれません。 ブラ ...

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.