恋愛 恋愛・夫婦生活

彼氏、彼女のお見舞い行く際に事前に知っておきたいこととは?【4選】

投稿日:2017年4月17日 更新日:

今回は風邪を引いた彼氏、彼女のお家にお見舞いに行く際の注意点をご紹介します。
実際にお見舞いに行く時はどのようなところに注意すれば相手の負担にならずに済むのでしょうか? お見舞いですから相手の負担になってはいけませんよね。こちらでご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

相手が食べたいものを食べさせてあげる

風の日は消化にいいおかゆやうどんがいいとされていますよね。でもそれを持って行き無理に食べさせるのはいけません。体の調子が悪い日は、相手のストレスになることはひかえた方がいいでしょう。
ここは自分の挙げたいものではなくて、相手の食べたいものをあげるように。おかゆを作っても、相手の好みの味ではない場合もありますし、うどんも同じです。無理に食べさせたり、食べなきゃいけないと思わせないようにしましょうね。

行く前のメールや電話はあまり多くならないように。

相手が体調が悪い時、特に好きな人ならなおさら心配になりますよね。そんな時、メールや電話を頻繁にしてしまう人はいませんか? 相手を気遣うのは大切ですが、負担になるようなことはひかえましょうね。
メッセージが頻繁に来れば返さなきゃと感じてしまう人もいます。また電話は体力的に疲れてしまいます。メールはしても大丈夫なのか、相手の返信の速さ、内容、文の長さを見て考えましょうね。

事前に連絡しよう

大切な彼氏や彼女、好きな人が風邪で体調が悪くなってしまったら、すぐに駆け付けるやさしい人もいるのではないでしょうか? もちろん気持ちは優しいですし、素敵ですよね。しかし、相手も今そのタイミングで求めているかどうかはわかりません。シャワーを浴びていないかもしれませんし、服が散らかっているかもしれません、洗い物が残っているかもしれませんし、ゴミが散らかっているかも。体調が悪いと、だらしなくなってしまいますがそれを見られたくないなんて人もいます。ですので、突然の訪問をするのではなく、事前に連絡して、いいのか悪いのかきちんと確認しましょうね。相手が来てもいいのか悪いのか知ったうえでお見舞いにいきましょう。

花は持っていかないように

お見舞いと言えば花。そんなことを考えている人もいるかもしれません。特に相手が女性の場合持って行ってしまう男性もいるようですね。しかし、相手もうれしいかどうかはわかりません。相手が花が好きで喜んでくれるのならいいのですが、そうでないのならば持っていくのはひかえるようにしましょう。
それよりも、相手が食べたい食べ物や、マスク、汗ふきシートなどは喜ばれるかもしれませんので、おすすめです。

まとめ

今回は風邪を引いた彼氏、彼女のお家にお見舞いに行く際の注意点をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 相手にとって楽な状況になるように頭を使ってくださいね。特に体調が悪い時は、相手に負担になるような事はひかえてあげましょう。ぜひ相手が本当に困っていた時に支えることができる人になってあげてください。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-恋愛, 恋愛・夫婦生活
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.