ウェディング用語集 結婚準備

婚約っていつ成立するもの?婚約の意味と必要性とは

投稿日:2017年4月15日 更新日:

婚約する意味って?婚約の必要性とは

結婚する前の結婚準備期間を「婚約期間」と呼ぶことがありますが、そもそも婚約は必要なのでしょうか?
婚約の意味や効果について紹介します。

婚約の意味とは

婚約は結納したときに成立する…と思っている人、実は間違いです。
婚約は「結婚の約束」をすることによって成立します。
具体的には、「結婚しよう」と言われて「はい」と言った時点で婚約が成立しているのです。

婚約の成立のためには、書面なども必要ありません。
口約束で成立してしまうのが婚約です。
結婚するためにはお互いの意思確認が必要ですから、婚約の必要性という視点で言えば、おのずと婚約が必須ということになりますね。

婚約する意味って?婚約の必要性とは

婚約にはこんな効果がある

婚約は口約束で成立してしまうものですが、実は法的効力が発生します。
簡単にいうと、婚約した2人にはお互いに婚姻という結果に向けて進む義務が発生します。
単に恋人として交際を続けるのとは事情が変わってくるのです。

もしも途中で一方的な理由によって婚約を破棄すると、「義務を怠った」として慰謝料や損害賠償を請求されることもあります。
つまり婚約は一つの契約なのです。

婚約する意味って?婚約の必要性とは

婚約指輪って必要なの?正式に婚約すること

しかし、口約束だけだと揉めたときに「言った」「言わない」の水掛け論になってしまうことにもなりかねません。
そうなることを防ぐためにも、正式に婚約したことを公表するなんらかの証があるといいですね。
そこで、婚約指輪や結納などの儀式を行うことにより、婚約したことを正式に公表しておくと万が一のときにも安心というわけです。

もちろん婚約指輪や結納には「トラブルになったときの保険」のために行うわけではありません。
やはり、両家の結びつきを強める目的や、気持ちを新たに結婚に向けて進むという「けじめ」の意味合いが強いものになります。

婚約は、プロポーズされてそれを了承した時点で成立しているものです。
婚約の意味合いとして、結婚のための意思確認として必要なものと言えるでしょう。
口約束をより正式なものとし、家族をはじめ周囲の人に公表するために、婚約指輪を用意したり結納を行ったりといった流れになります。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかしいったい結婚 ...

3
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

4
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日。結婚記念日。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起の ...

ブライダルフェアの流れや内容について1 5
プレ花嫁必見!参加する前に読んでほしい「ブライダルフェア参加マニュアル」

ブライダルフェアに行ってみたいけど、どんなことをするのか不安… そんな人も多いかもしれません。 ブラ ...

-ウェディング用語集, 結婚準備
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.