あなたらしい結婚式 ウェディングのカタチ

フォトウェディングで後悔・失敗しないためのポイントとは

投稿日:2017年4月10日 更新日:

結婚式そのものやフォトウェディングでは、当然ですがプロのカメラマンが撮影してくれます。
相手はプロだからと安心して任せていると、実際に写真が出来上がった時に満足のいくものがなかったと後悔する声も多いもの。

また、自分のイメージしていた写真を撮ってもらえなかったり、後から「この写真を撮ってもらえばよかった」と後悔したりしてしまうことも多いようです。
フォトウェディングで後悔や失敗をしないためのポイントをまとめます。

事前にしっかり考えておく

結婚指輪を持って行ったのに撮影してもらうのを忘れた、このアングルからの写真を撮ってもらえばよかった、など、フォトウェディングが終わってから「こうしておけばよかった」という後悔がわいてきてしまうのは悲しいもの。
もう一度と思っても、それなりの費用がかかるため、泣き寝入りしてしまう人は多いのです。

まずは、「どんなポージングで」「このアイテムの写真が必要」など、しっかりと欲しい写真についてイメージをしておきましょう。

フォトウェディングで後悔・失敗しないためのポイントとは3

ヘアセットやメイクはしっかり希望を伝えよう

フォトウェディングで後悔したという理由の多くに、ヘアメイクやメイクが似合っていなかったというものがあります。
中には、担当のメイクさんに希望を伝えたのにその通りにしてもらえなかったという人も。

「相手はプロだから」となかなか言い出せないこともありますが、お金を払っているのも、後々後悔するのも自分です。
しっかりと希望を伝えましょう。

ただ、日頃あまりしないタイプのメイクや髪型だと見慣れなくて「似合っていない」と判断していることもありますので、見極めることも大切かもしれません。

フォトウェディングで後悔・失敗しないためのポイントとは2

担当カメラマンの実績を確認しよう

プロカメラマンだといっても、やはり相性があります。
できれば担当カメラマンが過去に撮影したものを確認させてもらい、その人に頼みたいと思うかどうか判断したいところです。

中にはほぼ素人のカメラマンが担当になるなど、腕に満足できなかったというケースもあります。
担当のカメラマンがどういう人なのかは大切です。
カメラマンにも遠慮せず、「どういった写真が欲しいのか」を明確に伝えましょう。

フォトウェディングしかしない場合、失敗してしまうと取り返しがつきません。
ずっと気持ちがおさまらずにせっかくの写真を人に見せられず、悲しい思いをしてしまう可能性も無きにしも非ず。
できるだけ失敗しないよう、希望をしっかり伝えることが大切です。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
派手な結婚式は時代遅れ?何もしない披露宴の魅力とは

結婚式と言えば、余興やお色直し、ムービー演出とイベントが盛りだくさん! というイメージはないでしょう ...

2
結婚式の資金、どう捻出する?誰でも活用しやすい3つの方法

目次1 結婚式の費用ってどれくらい?2 ご祝儀代で結婚式費用が賄える分も……3 両親からの援助    ...

3
結婚式のことで迷ったらこれで解決!”結婚式のプロ達”の声をまとめてみた

結婚式は初めてのことだらけで、いろんなことに迷う花嫁さんも多いと思います。そんなときは、やっぱりその ...

4
2018年に結婚したい!入籍日の決め方3つのパターンと注意点

入籍日や結婚式の日どりを決める時のように、人生で大切な日をいつにしたらよいのか、悩んでしまうことも多 ...

5
授かり婚で結婚式を挙げた私だから分かる!マタニティウェディングのススメ

最近では「できちゃった結婚」という言葉はあまり聞かなくなりましたね。子供ができたことに対してネガティ ...

-あなたらしい結婚式, ウェディングのカタチ
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.