ウェディングマニュアル 結婚準備

結婚式の最後にもうひと感動!エンドロールムービーで式を締めくくろう

投稿日:2017年4月8日 更新日:

エンドロールとは?

結婚式のエンドロールとは、結婚式の締めくくりとして、新郎新婦が退出した後に流す映像です。お世話になったゲストやプランナーの名前を映画のエンドロールのように流します。結婚式のエンドロールは、ただ名前を流すだけではなく、普段言えない感謝の言葉を入れたり、お世話になった方が感動できるように工夫をこらしたりするなど、力を入れる人が多いです。業者に頼んで作ってもらうこともできますが、自作をするカップルもいます。

自作・業者どちらが良いの?

エンドロールは、自作か業者に依頼するのか、どちらが良いのでしょうか? それぞれにメリット・デメリットがあるため、詳しく紹介していきます。

自作のメリット・デメリット

【メリット】

・費用が安い

・自分たちらしいこだわりの映像が作れる

費用面は、自作をする上で一番のメリットといえるでしょう。動画の編集ソフトを持っている場合、製作費用は0円で収まることもあります。

動画編集ソフトを駆使すれば、プロのような映像を作ることも可能です。また、業者ではできないような、自作ならではの気持ちのこもった演出ができるのも、自作をするメリットです。

【デメリット】

・時間がかかる

・クオリティーが心配

どのような映像にしていくのか、どのような写真を使用するのかというプランニングと同時に、映像制作に慣れていない人は、編集作業の手順などを勉強しなければいけません。全く知識がない状態だと数日~数週間は、エンドロールの作成に時間がとられる覚悟が必要です。また、思っていたような映像に仕上がらないなど、クオリティーの心配もあります。

業者に依頼するメリット・デメリット

【メリット】

・手間がかからない

・クオリティーの高い映像が作れる

業者に依頼する場合、手間がかからないことがメリットでしょう。ある程度の枠組みを決めたら、あとは業者が作成してくれるため、作成に時間がとられることはありません。また、映像のプロが作成してくれるため、クオリティーの高い映像が作れます。

【デメリット】

・オリジナリティがない

・値段が高い

デメリットはオリジナリティがないこと、そしてお金がかかることです。業者に依頼する場合、ある程度決まったテンプレートの中で、どのようなエンドロールにするかを決めていきます。そのため、オリジナリティが出せず、細かな演出の変更などもできない場合が多いです。また、自作の場合、お金はほぼかかりませんが、業者に頼むと一本の映像で約1万円後半~数十万円の費用が必要になります。業者に依頼する場合の平均は、約2万円~7万円です。自作と業者どちらにもメリット・デメリットはあります。どのような映像にしていきたいのか、費用や時間とも相談しながら選びましょう。

業者に依頼する時の3つのポイント

いざ「業者に依頼しよう!」と思っても、いろいろな業者があったり、制作費用もバラバラだったりと、どこに依頼すれば良いのかわからない方も多いですよね。そこで、確認しておきたい、業者に依頼するときのポイントを3つ紹介します。

結婚式が多い時期でも編集者やカメラマンを用意できるかどうか

結婚式やイベントの多い時期は、業者に依頼が殺到します。編集者などの用意が十分でないと、「サンプル映像よりもクオリティーが低い!」ということにもなりかねません。結婚式が多い時期や、カメラマンが不足しがちな時期に依頼をする場合は、エンドロールをきちんと作ってくれるのか、十分な編集者やカメラマンがいるのかを確認しておきましょう。

希望・要望を反映してくれるかどうか

業者に依頼する場合、決まった型どおりの映像になりがちです。エフェクトや演出が気に入らなくて変えてほしいという場合も、対応できない場合があります。テンプレートが決まっていても、変更したい場合、希望を入れてくれるかどうかも確認しておきましょう。

サンプルを見て、クオリティーを把握しておく

カメラマンによって撮影の方法や技術が異なる場合があります。希望に合った撮影や編集をしてくれるのか、事前にサンプルをみて確認しておきましょう。

これは避けたい!エンドロールにありがちなトラブル

結婚式の最後を飾るエンドロールですが、何かとトラブルが起こりやすい部分でもあります。ではどのようなトラブルが起こりやすいのでしょうか。エンドロールにありがちなトラブルを紹介します。原因を知って、対策を立てておきましょう。

編集ミス

エンドロールを流してみたら、「ゲストの名前が間違っていた!」「別に依頼していた夫婦のものが混ざっている…」というトラブルがあります。事前に映像をみて、名前は正しいか、全員の名前があるかなどを細かく確認しておきましょう。

編集が間に合わない!?「撮って出し」のトラブル

披露宴中に撮影した映像を編集してエンドロールとして流す、という「撮って出し」のサービスが人気で、利用するカップルが多くなっています。しかし、当日に撮影して、編集をして……という作業は、突然のトラブルが発生する場合が多いです。編集作業が間に合わず、「予定していた映像を少しカットした」「披露宴の時間を伸ばしてもらった」ということもあります。どこまでトラブルに対応してくれるのか、トラブルがあった場合、補償はあるのかなどを確認しておきましょう。

映像が流れない……マシントラブル

マシントラブルが起きて、映像が流れないというトラブルもあります。当日映像を用意するなどスケジュールに余裕がない場合は、トラブル対策に、簡単なエンドロールをもうひとつ用意しておくと安心です。事前に起こり得るトラブルを考えて対策を取っておきましょう。

少し変わったユニークエンドロールを紹介!

「どんなエンドロールを作ろうかな」「ちょっと変わったものにしたいんだけど…」と悩んでいる方のために、少し変わった、ユニークなエンドロールを紹介します。

黒板を使ったエンドロール

黒板にゲストの名前を書いていく、手作り感満載のエンドロールです。似顔絵を描いたり、写真を黒板に張り付けたりとアレンジも簡単。手軽にオリジナリティを出せるのが魅力な方法です。

前撮りシーンやオフショットを入れる

エンドロールに、映画やドラマでみるようなオフショットを入れる方法です。エンドロールの最後にオフショットを入れると、映像がグッとおしゃれになりますよ。

写真を現在から過去へ

過去から現在へと成長していく演出はよく見られますが、あえて現在から過去へ、タイムスリップをするような映像もユニークで面白い演出になります。最後に両親への感謝のメッセージを入れるなど、サプライズを入れるのもおすすめです。現在から過去へ、思い出を振り返りながらエンドロールを作りましょう。

写真を現在から過去へ

タイムラプスとはパラパラ漫画のように、映像をコマ送りにする方法です。難しそうですが、アプリやスマートフォンなどで簡単に撮影ができます。少し変わったエンドロールを求めている人おすすめの演出方法です。

感謝を込めた最高のエンドロールを作ろう!

自作・業者の違いやトラブル対策、業者選びのポイントまで、エンドロールについて紹介しました。エンドロールは結婚式の最後を飾る映像。そして、ゲストに感謝を伝える映像でもあります。結婚式の最後に、感謝を込めた最高のエンドロールを流しましょう!

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.