「結婚」と「お金」 恋愛・夫婦生活

結婚生活を始める前に知っておこう!いまさら聞けない「マイナス金利」

投稿日:2017年4月4日 更新日:

日本で2016年1月に導入されたマイナス金利政策。とはいえ、身近な金利がマイナスになっている訳ではありません。みなさんは、マイナス金利の影響を実感したことはありますか?カンタンに「マイナス金利政策とは何か」と「私たちの関係」を考えてみます。

マイナス金利は、〇〇にとっては大ショック

「マイナス金利政策」とは一言でいえば、「銀行にとってマイナス金利」になる制度です。

私たちから見て銀行の向こう側には、お金(日本円)の供給をコントロールしている日本銀行(にちぎん)がいます。これまで銀行は、集めたお金を日本銀行(にちぎん)に預けていれば0.1%の利息をもらうことができました。ところが、日本銀行(にちぎん)がマイナス金利政策を導入したことにより、銀行が日本銀行(にちぎん)に預けている資金の利回りは「マイナス0.1%」つまり、金利分目減りしていくようになったのです。銀行にとっては、赤字にならないためにどんどんお金を貸したり、日本国債(にほん・こくさい)を購入する等、世の中にお金を回すことを迫られますので、銀行にとってかなりスパルタとなったのです。

※このコラムはシンプルな内容にまとめています。実際のマイナス金利制度では、マイナス金利の影響を和らげるための配慮がされています。

銀行だけでなく、私たちにも影響が……

「マイナス金利」により銀行は大変な状況ですが、私たちにも影響があるのでしょうか。

結論から言えば、大いに関係があります! マイナス金利政策がはじまった結果、銀行がお金を貸す時の金利(例えば住宅ローン)や、日本国債のような安定資産の利回りも全般的に低くなりました。その他にも、「預金金利が過去最低の水準に引き下げられた」「一部の保険商品が販売中止になったり、保険料が上がった」などがあります。預金金利はもともと低い水準でしたので、下がったとはいえ、違いを感じにくいかも知れません。保険会社もマイナス金利政策による金利低下の影響から、保険料として預かったお金を運用しづらくなっており、それが残念ながら保険商品のラインナップに反映されています。

マイナス金利とのつきあい方

幸い日本ではあまり心配する必要はなさそうですが、ヨーロッパでは、預金金利がマイナスになった事例があります。苦しい銀行が転嫁することによって「銀行にとってのマイナス金利」が「個人にとってのマイナス金利」にならないことを願うばかりです。

もっと大切なポイントとして世界的には、徐々に「金利低下」よりも「金利の上昇ムード」が高まっています。日本では当面の間はマイナス金利政策が続く見通しですが、家族のライフプランという長い期間の中では、遠くない将来に金利が上がる(正常化する)ことを見据えて「金利が上がっても後悔しない(例えば、預金を長期間固定金利ばかりにしない)」「金利が上がっても困らない(例えば、住宅ローンを変動金利で、めい一杯借りない)」ように注意しましょう。

The following two tabs change content below.
住まいと保険と資産管理
住宅購入・保険見直し・資産運用の不安を相談できる専門家が、ここにいます。 おかげさまで2017年1月24日に設立18周年を迎えます。皆様のご愛顧に心より感謝! まずは東京オリンピック開催の2020年に向けた、あなたが望むライフプランの実現を応援いたします。

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-「結婚」と「お金」, 恋愛・夫婦生活
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.