Reウェディング ウェディングのカタチ

結納は再婚の場合でもするものなのか

投稿日:2017年4月1日 更新日:

結婚する相手がバツイチだったり自分がバツイチだったりして、結納はしないほうがいいのか悩んでしまったという人は多いようです。
また、お互いがバツイチ同士で再婚するケースもありますよね。
再婚の場合、結納はするべきかを調べました。

再婚だからといってする・しないと決めなくてもよい

結納には「結婚に先立って両家の縁を結ぶ」、「婚約を正式に約束する」といった意味合いがあるとされています。
そのため、初婚・再婚に関わらず新たな区切りやけじめとして結納を行うことには、何の問題もありません。

ただ、再婚が絡むことでいろいろと考えてしまい、結納を普通に行うことに抵抗があるという人も多いようです。

184結納は再婚の場合でもするものなのか2

どちらかが再婚の場合はどうするの?両方再婚の場合は?

どちらかが再婚であっても、もう一方は初婚であるため、きちんと結納をしたいと考えている人もいるでしょう。
けじめとして、周りからの理解を得るためにも、結納は大事なことではないでしょうか。
また、再婚同士の場合は、結納を簡単にとりおこなうケースも多いようです。

両親としては再婚であっても、大切な子どもに変わりはありません。
一つの区切り・けじめとして、できれば再婚でも結納をしてほしいと考える人も少なくないようです。

184結納は再婚の場合でもするものなのか3

結納の問題は意外に尾を引くもの

結納は一般的に男性側から女性側に「結納をしますか」と伺いを立てるものです。
実際にする・しないに関わらず、伺いすらないのはいい気持ちがしないと感じる女性側の両親も少なくありません。
それは女性側が再婚であっても同じです。

男性側が再婚で女性側が初婚という真逆のケースであれば、女性側からの結納返しが少なかった・結納をして当然という顔をされたなどでモヤモヤしたという人も。
結納の問題は意外に後に尾を引きかねないので、再婚であっても両家の両親を含めてしっかりと相談しておくことが無難です。

どちらか、または両方が再婚の場合でも、「新たな区切り」として結納を行う人もいますし、再婚であれ結納を行うことに何の問題もありません。
あとあと火種を残さないよう、結納をするかどうかについては本人同士はもちろん、両親ともしっかり意思確認をしておきましょう。

マリアル
これ読んだ?

バツイチ女性が幸せな再婚をするポイント【5選】

再婚での結婚式!二人らしい素敵な結婚式にするために気を付けること

再婚の結婚式、招待客は誰(親族・友人・会社関係)を呼べばいい?

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「夏の結婚式」特集

1
夏の結婚式♪お洒落なおもてなしアイテムはこれ!

夏の結婚式。まばゆい太陽の光・青い空・緑の木々……。春とは違った色鮮やかな景色の中でとり行われる結婚 ...

2
暑い夏や寒い冬、結婚式をするメリットはある?

暑い時期や寒い時期に結婚式を行うのは、新郎新婦にとっても、ゲストにとっても大変なもの。 でも、さまざ ...

3
サマーウェディング!夏の結婚式には夏にピッタリのウェディングドレスを選びましょう!

海へ、山へとアクティブな季節、夏! せっかく夏に結婚式を挙げるのであれば、海辺の結婚式場を選んだり、 ...

4
結婚式を夏に挙げると魅力がいっぱい!夏のメリットを活かした挙式のコツ

夏は太陽の光が輝き、木々の緑でいっぱい。夏こそ鮮やかな結婚式が挙げられそうだと思う反面、ゲストのこと ...

-Reウェディング, ウェディングのカタチ
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.