結婚の知恵袋 結婚準備

結納は入籍や結婚式より前にする?結納のふさわしい時期と日取りとは

投稿日:2017年4月1日 更新日:

プロポーズを受け、結婚の約束をすると婚約期間に入ります。
その後入籍するまでが婚約期間になりますが、婚約期間の間に結納を執り行う家も多いのではないでしょうか。
結納はプロポーズの後、どれくらいの時期に行うものなのでしょうか?

プロポーズから結婚までの流れ

まずはプロポーズから結婚式、または入籍までの流れについて見ていきましょう。
プロポーズの後、まずは両親に結婚の報告を兼ねて挨拶に伺います。
その後結婚式の会場を押さえるなど、具体的な結婚の準備が始まります。

結婚式の会場は挙式の1年から半年前までに押さえるカップルが多く、その後は結納、入籍を済ませて結婚式、または結婚式後に入籍する流れが一般的です。

175結納の時期はいつ?プロポーズから結婚式までのタイミングとは2

結納のタイミング・時期

結納を取り交わすタイミングですが、結婚式の半年前から3ヶ月前に結納することが多いようです。
結婚の挨拶を終えて挙式会場を押さえたりと具体的な結婚の準備に入ってから結納を行うことで、両家が顔を合わせた時に結婚式の費用の話や新居の話など、結婚式や結婚後についての具体的な会話ができます。

結納は両家を結ぶ意味合いで行われるものなので、結婚することが確定して具体的な準備が始まるくらいのタイミングで行う人が多いようです。
具体的に準備も始まっておらず、結婚の約束をしただけの段階で結納を交わすことは少ないでしょう。

175結納の時期はいつ?プロポーズから結婚式までのタイミングとは3

ふさわしい日取りはあるの?

結納を行う時期がある程度はっきりしたら、その中でも縁起がいいとされる日取りに行うといいでしょう。
大安や友引が選ばれることが多いようです。
結婚式とは違って週末に集中して行われるものでもない上に、場所の選択肢も広いため、希望の日取りに行えないということは少ないのではないでしょうか。

結納は挙式の半年から3ヶ月前に行うカップルが多いようです。
ある程度結婚することが具体化し、準備に入るタイミングで行うため、結婚の約束をしただけ、というようなタイミングはふさわしくないかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.