結婚の知恵袋 結婚準備

結婚資金の男女比率と女性が貯金しておくべき金額とは?

投稿日:2017年3月31日 更新日:

152結婚資金は女性も用意する?貯金はどれくらい必要か1

結婚には何かとお金がかかります。
できれば独身の時から少しずつ貯金しておきたいものですが、女性も結婚資金はある程度用意しておいたほうがいいのでしょうか?

結婚資金は二人で用意するもの?

結婚式や新婚旅行、新居への引越しなど、何かとお金がかかる結婚ですが、女性の中には貯金して資金を用意したという人もいれば、全く用意しなかったという人も。
もしも用意しない場合、彼氏の貯金や親からの援助、またはご祝儀などのお祝い金を結婚資金にあてることになります。

「親には世話になりたくないから資金を準備したい」と考える人もいれば、環境的にもなかなかお金が貯まらずに仕方なく頼るという人もいるでしょう。
結婚資金をどうやって準備するかについては、考え方や環境によるところも大きいようです。

152結婚資金は女性も用意する?貯金はどれくらい必要か2

結婚資金の男女比率

結婚資金を当事者が用意するとなった場合、「男性側が女性を嫁にもらうから、もらう側が多めに出す」「女性の貯金は結婚後の生活にとっておく」という考えから、男女比率は五分五分か、やや男性が多めに出すと考えるカップルが多いようです。

一般的に男性の収入のほうが女性よりも多い傾向があることも影響しているかもしれませんね。

152結婚資金は女性も用意する?貯金はどれくらい必要か3

女性は結婚前にどれくらい貯金しておくべき?

結婚資金として必要な総額は、一般的に500万円前後と言われています。
ご祝儀やお祝い金などで一定の金額を賄うとしても、300万円前後は結婚資金として必要になると考えておきたいところです。

結婚資金の女性の割合は男性よりも低いと考えても、100万円は持っておきたいところ。
結婚資金で支出しなかったとしても、その後の新生活で何があるかわかりません。
できればある程度の額は貯金しておくと安心です。

結婚資金は自分で用意したいと考える人もいれば、環境的に難しく彼や家族に頼ってしまうという人も。
もしも資金を用意したいのであれば、その後の生活のことも考えてある程度の額は貯めておきたいところです。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.