ウェディングマニュアル 結婚準備

新郎新婦さん必見!ウェディングドレスをかしこくレンタルする方法!

投稿日:2017年3月28日 更新日:

 

ウェディングドレスは、ほとんどレンタル

結婚式の準備をしている方、これからしようとしている方。ウェディングドレスを用意する方法は決まっていますか?

ウェディングドレスを用意する方法は大きく分けて2つ。

「レンタルする」 or 「購入する」

ウェディングドレス選びは、どちらかを選択するところから始まります。

現在の主流は、ウェディングドレスをレンタルする方法です。レンタルした方が、料金が安いのは想像通りですが、それ以外にも使用後の管理をしなくて済む、予約後のサイズ変更が可能な場合がある、などのメリットがあります。また、同じ料金だったら、レンタルの方がグレードの高いドレスを着られると思います。逆に言えば、完全に自分のものではないので、ドレスの使用には細心の注意を払わなくてはいけません。

レンタルや購入以外にも、母親や祖母から直接譲り受ける人、ウェディングドレスを自分で作製する人もいます。ウェディングドレスに対する花嫁さんの考えや、新郎新婦の懐事情によっても準備方法は変わってくるでしょう。

今回はほとんどの人が利用するであろう、ウェディングドレスのレンタルに焦点を当てて、そのコツを紹介していきたいと思います。

 

結婚式費用の大部分を占める花嫁衣装代

ひぐちまり監修「きちんと知っておきたい 本人・両親 結婚のしきたりとマナー新事典」によると…

挙式・披露宴に必要なお金の総額は 341.7万円

その内で新婦の衣装にかかる金額が 40.4万円 となっています。

結婚式の費用の中でウェディングドレスが占める割合は相当大きいですよね。40.4万円は平均なので当然個人差はありますが、結婚式前の新郎新婦にとって負担が大きいのは確かです。

結婚式費用を安くするには、ウェディングドレス代を抑えることが大切なんです

 

~ウェディングドレスの費用を抑えるコツ~

衣装は1か所で揃える!

ウェディングドレスに限ったことではないですが、何かを揃える時は1か所でまとめるのが節約のポイントです。ウェディングドレスはお色直しを含めて2着以上そろえる人も多いと思います。ウェディングドレスのレンタルショップでは、「2着目半額!」や「タキシードレンタルでさらに割引!」など、まとめてレンタルすることで安くなるサービスが数多く用意されています。交渉次第では、アイテムをプラスして、さらに安くしてくれるかもしれません。

 

式場のセットプランを利用する!

とにかく料金を安く済ませたい人は、ドレスのレンタル代が含まれている結婚式場のプランを選択するのが一番だと思います。式場が紹介してくれるドレスショップに依頼すれば、連携がしっかり取れているので、準備がスムーズに進んだり、お得な割引が設定されていることが多いです。ただし、紹介されたショップによっては選べるドレスの選択肢が少なく、中々気に入ったドレスが見つけられないなんてこともあります。なので、予算内にとにかく決めるという人にはオススメですが、強いこだわりがある人にはあまりオススメできません。提携業者からレンタルして、なおかつ自分の理想のウェディングドレスを見つけたいという人は、式場を決める段階で、ドレスのレンタル業者のこともしっかりと確認しておくと良いでしょう。

 

結婚式の先輩から紹介してもらう

多くのレンタルドレスショップでは「友達紹介キャンペーン」が行われています。

自分達より前にそのショップを利用した人から紹介してもらうことで、新郎新婦に嬉しい割引特典がついてくるのです。ドレスや小物などが割引になるうえ、紹介者の方にも商品券などの特典がつくことがあります。実際に利用した人から紹介してもらえば、安心してレンタルできますよね。

 

県民共済ブライダルプラザを利用する

県民共済のウェディングプランはとってもお得です。県民共済は掛け金を集めることで、格安のサービス提供を実現している組織です。利益重視ではない分、ウェディングドレスのレンタルの料金はかなり安くなっています。各都道府県によってウェディングプランの力の入れ具合が違うのですが、特に「東京都民共済」「神奈川県民共済」「埼玉県民共済」「広島県民共済」のウェディングプランが充実しています。

東京都民共済のウェディングドレスは2泊3日レンタルで18,000円~となっています。アクセサリーやティアラなどの小物類もコーディネートできて、この値段は相当リーズナブルですよね。

 

格安ウェディングサービスを利用する!

最近は格安でウェディングドレスをレンタルできる業者が増えています。安いものでは3万円からのレンタルが可能です。ただし業者によっては、質があまり良くなかったり、基本料金が安いだけで、オプションをいっぱいつけたら結局一般的なお店と変わらないということもあります。安いショップにはそれなりの理由があるんですね。もちろん全部がそうとは言いませんが、より注意して利用しなくてはいけません。

 

~格安ウェディングサービスのチェックポイント~

・試着は無料でできるのか?

・持ち込み料はかかるのか?

・アクセサリーや小物類など、どこまで含まれる?値段は高くない?

 

トラブルが起きやすいのが、この辺りです。純粋に無駄な部分を省いて料金設定を安くしているショップもありますが、ドレスが安い分、他の部分でお金を取ろうとするような業者も中にはあります。しっかりと吟味して、信用できる業者を選びましょう。

 

 

大切なウェディングドレス選びを後悔しないために

一生に一回しかない結婚式のウェディングドレス選びを失敗したら後悔してもしきれないですよね。レンタルを成功させるためのポイントを知っておきましょう。

まず自分の理想を叶えるためには、自分のイメージやコンセプトを明確にしておくことが不可欠です。自分の意思がなく、予備知識も不十分な状態でレンタルショップへ行くと、足元を見られて、自分の意図しない方向へ進んでいってしまう可能性があります。自分が主体となって準備の話を進めるためにも、お二人で話し合ってイメージをしっかり持っておくようにしましょう。具体的な写真やメモなどがあると、さらに良いです。

また、ショップにある衣装の点数には限りがあります。ショップに行ってみたら、目当ての品が何もないということになると、時間のムダですよね。品物がなくて妥協して選ぶようなことにもならないように、事前予約をしっかりしてからショップに行くようにしましょう。

そして、ウェディングドレスのレンタルで気になるのは、衣装の管理状態です。汚れや縫い目など、外から見た時に目立つ部分がないか細部までチェックしてください。

 

「他の人が使用したドレスはなるべく使いたくない」と思っている方には、ファーストレンタルドレスがオススメです。花嫁さんのサイズに合わせてドレスをオーダーメイドで作って、使用後にはドレスをショップに返却するシステムです。自分がそのドレスを最初に着られるのは嬉しいですよね。料金は多少割高になりますが、体型の悩みなどにもしっかりと対応してくれるので、より自分好みのドレスをレンタルすることができます。

 

女性にとってウェディングドレスを選んでいる時間は、人生の中でもかけがえのない幸せな時間です。だからこそ後悔のないように、一歩引いた冷静な目を持って試着に臨めると良いですね。

 

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかしいったい結婚 ...

2
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

3
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日。結婚記念日。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起の ...

4
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

ブライダルフェアの流れや内容について1 5
プレ花嫁必見!参加する前に読んでほしい「ブライダルフェア参加マニュアル」

ブライダルフェアに行ってみたいけど、どんなことをするのか不安… そんな人も多いかもしれません。 ブラ ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.