結婚準備 花嫁美容百科

おしゃれな花嫁に「ショルダージュエリー」は必須!

投稿日:2017年3月20日 更新日:

デコルテを大胆に見せるベアトップデザインのウェディングドレスは、人気の高い定番デザインです。
しかし、ドレスが覆う部分が少ない分、ネックレスだけでは寂しい印象になりがちです。また、二の腕や肩のラインが気になる花嫁さんも少なくないことでしょう。

気になる部分をジュエリーでおしゃれに見せる♡「ショルダージュエリー」

「ショルダーネックレス」や「ボディージュエリー」「ショルダーチェーン」とも呼ばれています。
その名の通り、肩をメインに飾るアイテム。ウェディングドレスの上からつけるボリュームたっぷりなジュエリーです。
肩を広く覆うだけではなく、二の腕や背中にもチェーンやビジューが垂れるため、後姿や横向きの姿もぬかりなく美しい花嫁姿になります。
また、ネックレスに比べて大胆でバラエティー豊かなデザインが多いのも特徴です。チェーンだけで作られた華奢なタイプもあれば、パールやラインストーンをふんだんに使ったボリューム感のあるタイプもあります。遠目からもインパクトのあるデザインが多いので、写真栄えもバッチリのアイテムです。

苦手な部分はショルダージュエリーを使って「見せる」 

上半身のムチムチ感が気になる方は、ウェディングでもついつい隠したいと思いがちです。でも実は潔く肩を出したほうが、ドレスのラインも崩れず、すっきり見えます。「首が太い」「肩のラインがたくましい」そんな悩みを持っている人こそ、肩が出るドレスが向いているのです。
とはいえ、いつも隠しているところを見せるのに抵抗がある方も多いことでしょう。
ショルダージュエリーをつけるとビジューのきらめきや、チェーンの揺らめく動きがまず目に入ります。
そのため、適度に肌を出しつつ、体のラインに直接目が行くことを避ける効果があります。一見派手なショルダージュエリーは、体型隠しにもぴったりのジュエリーです。

結婚式の中でジュエリーを「使い分ける」ことでおしゃれ花嫁に♡

定番のブライダルアクセサリーであるティアラやネックレスに比べて、ショルダージュエリーはそこまで知名度が高くありません。
しかしそれは日本での話。海外ではショルダージュエリーはポピュラーなブライダルアクセサリーです。
昼の結婚式はシンプルにネックレスのみで清楚な印象に、夜の披露宴や二次会はゴージャスなショルダージュエリーをつけてパーティーライクにと、一つのドレスをショルダージュエリーで印象を変えて着回すこともできます。
ショルダージュエリーはアクセサリーと服の中間のように着こなせるのが魅力です。インパクトのあるアイテムですから上半身のデザインはシンプルなドレスがよいでしょう。上半身にモチーフがあるドレスだと、デザインを打ち消し合ってしまう場合があります。

まだ取り扱っているお店が少ないため、もしお店でお好みのジュエリーが見つからなければ自分で作ってみるのもよいアイディアです。ビジューやパールをふんだんに使うショルダージュエリーは、ハンドメイドが趣味の花嫁さんにとっては作りがいがあるアイテムです。
キラキラした素材が苦手な花嫁さんには、コサージュや刺繍を使ったデザインもナチュラルで素敵です。

気になる上半身をショルダージュエリーで飾って、ウェディングコーディネートを楽しみましょう。

【写真協力】

プリンセスライン、正統派のロングトレーンなどラグジュアリーを叶えるドレスをはじめ豊富な品揃えが自慢。
ドレスのほかにも、タキシード・和装・二次会用・留袖・モーニングまで花嫁だけでなく列席される皆様のご要望にお応えできるよう流行を取り入れた幅広いラインナップです。

The following two tabs change content below.

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-結婚準備, 花嫁美容百科
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.