ウェディングマニュアル 結婚準備

女性ゲストはかっこいいパンツドレスで結婚式に参加しよう♪

投稿日:2017年3月18日 更新日:

女性ゲストがパンツスタイルで参加するのはアリ?

結婚式に参加する女性ゲストの定番の服装と言ったら、ワンピース型のドレスですよね。でも、中には「スカートが苦手」なんて人もいるのではないでしょうか?以前は、フォーマルな場でパンツスタイルはあまり良くないと言われていましたが、現在結婚式に対する考え方も多様化してきて、パンツスタイルを気にする人は少なくなってきています。そもそもパンツスタイルが、結婚式にふさわしくないとされてきた理由をご存知でしょうか?パンツスタイルの服は基本的にセパレートですよね。「服が2つに分かれる」が「新郎新婦の別れ」を連想させることから避けられてきたという背景があります。結婚式の主役はもちろん新郎新婦ですが、ゲストだってオシャレを楽しみたいですよね。女性がパンツスタイルでバッチリ決めれば、他のゲストの方とは一味違った、かっこいい印象を与えることができます。今注目のパンツスタイルの"着こなしポイント"と"着る際のマナー"を紹介します。

パンツスタイルは、こんな人にオススメ!

結婚式でパンツスタイルのドレスを着ると、こんな良いことがあります。

・うまく着こなせれば、とってもオシャレに見られる

・スカートに比べて動きやすい

・脚の露出を気にしなくてよい

代表的なのが、この辺りでしょうか。スカートだと裾がヒラヒラして、動きづらいですよね。スカートをはいてお辞儀をした時の、後ろ姿が気になっている人も多いのではないでしょうか。パンツスタイルは裾がめくれる心配がないので、その点は安心です。余興などで動きのある役割を任されている人、小さなお子さんを連れて結婚式に参加する人など、動きやすさを重視したい方にオススメです。

パンツスタイルの着こなし術

「自分も次の結婚式でパンツスタイルに挑戦したい!でも、着こなせる自信がない…。」そんな風に思っている女性、いませんか?確かに、女性がパンツスタイルを着こなすのって難しいんですよね。ワンピースを着れば女性らしい感じになりますが、パンツスタイルは、ややもすると男性らしい印象を与える可能性があります。結婚式でパンツをうまく着こなすポイントがいくつかあるので、紹介します。

POINT① かっこよくなり過ぎちゃう人は女性らしさをプラスする

パンツスタイルはワンピースドレスにはない、大人っぽいかっこよさがあります。それを全面に押し出すのもアリですが、どこかに女性らしさを取り入れると、パンツスタイルがもっと引き立ちます。例えば、セパレートタイプのドレスで、下がかっこいい感じのパンツだったら、トップスはフリルやリボンが付いたような、可愛らしいデザインのものを選ぶと良いでしょう。また、オールインワンタイプのドレスだったら、アクセサリーや小物をガーリーなものにすると良いですね。どこかにワンポイント女性らしさを取り入れるように意識してみましょう。

POINT② オシャレな人は素材・サイズ感にこだわる

オシャレな人は服の素材やサイズ感にこだわります。オシャレをしようと意気込むと、どうしてもデザインや色などに目がいきがちですが、素材感やサイズ感をもっと大切にしましょう。パンツスタイルの素材としては、ふわふわした印象のシフォン系やレース系、光沢があって華やかな印象を与えるサテン生地などがオススメです。また、素材と共に大事にしてほしいのがドレスのサイズ感。"ファッションの基本はサイズ感"と言われるほどです。サイズ感が間違っていると、"服を着ている"というより"服に着られている"という印象を持たれてしまいます。特に、かっこいいパンツスタイルは、サイズ感を間違えると、一気に服に着られている感が出てしまいます。周りの人に「ムリしている」と思われたらイヤですよね。デザインも大事ですが、まずは自分の体型にしっくり来るものを選びましょう。

POINT③ 髪型をいつもより華やかに

パンツスタイルの欠点として、仕事っぽさが出てしまうということが挙げられます。カチッとした服装が、ビジネスシーンを連想させてしまうんですね。結婚式は祝いの場なので、会場を盛り上げるためにも、いつもとは違う感じを出していきたいです。そこで、まず変えられるのが髪型です。パンツスタイルには「アップスタイル」や「ハーフアップスタイル」の少し華やかな髪型がオススメ。派手過ぎない、気品のある髪型で特別感を演出しましょう。

パンツスタイルで参加する時のマナー

パンツスタイルは比較的容認されてきてはいますが、どこへでもパンツスタイルで行って良いわけではありません。服を選ぶ前に気をつけてほしいポイントがあります。

新郎新婦との関係性

服を選ぶ前に考えなくてはいけないのが、「新郎新婦との関係性」です。親戚関係にある新郎新婦の式に出席する場合は、パンツスタイルは避けた方が無難です。パンツとスカートのどちらがフォーマルということはないのですが、あえて付けるとしたら、結婚式においてはスカートの方が格式高いです。親戚として出席する場合はゲストを招く立場にあるので、よりフォーマルな装いが適しています。マナーに厳しい年配の方が親戚にいる場合、女性のパンツスタイルをよく思わない可能性があります。

結婚式の雰囲気

そして、パンツスタイルで出席する場合は、「式の雰囲気」も考慮する必要があります。仲の良い友人の結婚式であれば、パンツスタイルでも全然問題ありません。しかし、伝統や格式を重んじるような雰囲気の結婚式に、女性のパンツスタイルはあまり良く思われません。招待状を見て、会場の雰囲気を調べて、パンツスタイルでも大丈夫そうか確認しておきましょう。もし自分で判断がつかない場合は、新郎新婦に直接確認するのもいいでしょう。

結婚式はパンツスタイルで周りのゲストと差をつけよう

現状、結婚式にパンツスタイルのドレスで参加することは賛否両論あります。パンツスタイルはあくまでもカジュアルな装いです。友人・知人だけで行うカジュアルウェディングやレストランウェディング、または結婚式の二次会などの場に適しています。最近では、パンツドレスのバリエーションが増えているので、ドレスショップや通販で、お気に入りの一着が比較的簡単に見つかると思います。パンツスタイルのドレスが着こなせれば、オシャレ上級者として周りから一目置かれるかもしれません。周りの人と服装が被るようなことも、少ないと思います。結婚式の服装でちょっと冒険したい人は、ぜひパンツスタイルで参加してみてください。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
新婚には100万円が必要!?結婚生活にかかる「お金」を整理しよう!

彼との結婚、新生活、とてもわくわくしますよね。幸せな結婚生活には、お金も重要です。しかし結婚生活にい ...

2
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

3
結婚資金はいつから貯める?結婚資金の準備事情

晴れて結婚することになったとしても、ついて回るのがお金の不安です。結婚資金のために貯金をするカップル ...

4
知らないと損する!結婚式を節約する「式場選び」のポイント6つ

招待人数を見積もった後、その人数と予算を照らし合わせて会場選びをしていきます。どうしてもお金がかかっ ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.