ウェディング大辞典 結婚式ハンドブック

結婚式のお祝い 本当に喜ばれるものは何?贈る金額やタイミングは?

投稿日:2017年3月17日 更新日:

結婚式のお祝い、せっかく贈るのだから喜んでもらいたいですよね。でも、普段の気軽なプレゼントとは違って、ご両親や結婚相手の方への配慮も必要だし、難しいしきたりもあります。祝福の気持ちをお祝いに託すには、どうすればよいのでしょうか?

結婚式のお祝いの品はなにがいいの?

何がほしいか聞いてみるのがベスト?

お友達など気の置けない相手の場合は、結婚式のお祝いに何がほしいかを直接尋ねてみるのが一番です。欲しいものをいただければ誰でも嬉しいものですし、こちらもあれこれ悩まずに済みますし。唯一の難点は、サプライズが期待できないところでしょう。

お金がやっぱり一番?

結婚式のお祝いに贈る品物は、趣味に合わなかったり、重なってしまったりというリスクがあります。でも、お金はいくらあっても困りませんし、趣味に合わない人もいません。また、相手側が内祝いに頭を悩ますこともありません。でも、祝福の気持ちをカタチにしたいという方にとっては、少し儀礼的すぎるように感じられるかもしれません。

相手に喜ばれるお祝いとは?

もらってうれしかったもの

実際に結婚式のお祝いを頂いた方の声で多かった、もらってうれしかったものを挙げてみましょう。

・キッチンツール
・食器
・生活家電
・食品
・リネン
・カタログギフト

憧れのお鍋セットや高性能な掃除機、ホテル使用のタオルセット、高級ブランドのティーセットなど、「自分で買うにはちょっと贅沢」なものが喜ばれています。カタログギフトは、選ぶ楽しさと好きなものが手に入るということで人気です。

もらって困ったもの

ところがもらって困ったものにも、先の『もらってうれしかったもの』が多数挙げられているのです。

「趣味に合わない」「使わない」「すでに持っている」などの理由と、お祝いの品だけに処分するわけにもいかないということでした。心を込めて選んだ贈り物が、相手を困らせてしまうのは残念なことです。

お祝いとしてタブーとされるもの

「刃物」「壊れ物」「消え物」は、昔からお祝いの品として避けるべきものとされています。相手からそれがほしいと言われたものでない限り、避けたほうが無難でしょう。

結婚は当人だけの問題ではなく、ご両親、結婚相手、親族と多くの方が関わってくることです。大切な人生の門出に、トラブルの元を作ってしまわないよう気をつけたいものです。

結局何を贈ればいいの?

安全確実なお祝いとは?

安全確実路線を狙うなら、現金が一番でしょう。金額に関しては、自分の立場や相手との付き合いの深さ、式に出席するかどうかによって変わってきます。また、地域の慣習による違いも大きいものがあります。相場としては、友人の場合1~3万円程度です。

相手のリクエストを得られなかった場合の品物なら、カタログギフトがおすすめです。夫婦であれこれと品物を選ぶ楽しい時間もプレゼントできるし、好きなものを選んでもらえるからです。こちらの金額も現金と同様に、1~3万円程度の予算を見ておきましょう。

おすすめは現金と品物のWプレゼント

いただく側のホンネとしては、現金が一番ありがたい結婚式のお祝いなのだそうです。でも、やはりカタチに残るものを贈りたいという方は、現金と品物の両方を贈るケースが増えています。

ただ、この場合どうしても金額が高くなってしまいます。お祝いはもらって終わりではなく、お返しや今後のおつきあいにも関わってくるものです。相手の負担にならない範囲に留める配慮も必要です。

贈るタイミングは?

現金・品物とも、約1ヶ月前から遅くとも1週間前までの吉日(大安・先勝・友引)の午前中に持参するのが正式なマナーです。最近は、現金なら直接式場の受付で渡すことが多いようです。結婚式に出席しない場合は現金書留で送ります。

品物は郵送や宅配を利用することも多くなっていますが、この場合も約1ヶ月前から遅くとも1週間前には届くようにしましょう。

そもそも結婚式のお祝いって?


結婚式のお祝いは、単なるプレゼントではありません。結婚する当人だけでなく、当人のご両親や結婚相手、さらにその親族の方々まで含めて考える必要があります。正直めんどうくさいなぁと思ってしまうかもしれませんし、個人の自由を尊重する現代的な考えからは外れている、古臭い考え方のようにも思えます。

しかし、そこまで考えてじっくりと吟味することそのものが、相手へのお祝いに含まれるのです。相手の幸せを心から祝福し、その思いを託したお祝いを贈りたいものです。

マリアル
これ読んだ?

30代新婚夫婦に喜ばれる、結婚お祝いのプレゼントを選ぶポイント3つ

結婚式でのマナー(受付・食事)

兄弟姉妹が結婚!結婚祝いに迷ったら参考にしてほしい「結婚祝いに最適なアイテム」

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

「夏の結婚式」特集

1
夏の結婚式♪お洒落なおもてなしアイテムはこれ!

夏の結婚式。まばゆい太陽の光・青い空・緑の木々……。春とは違った色鮮やかな景色の中でとり行われる結婚 ...

2
暑い夏や寒い冬、結婚式をするメリットはある?

暑い時期や寒い時期に結婚式を行うのは、新郎新婦にとっても、ゲストにとっても大変なもの。 でも、さまざ ...

3
サマーウェディング!夏の結婚式には夏にピッタリのウェディングドレスを選びましょう!

海へ、山へとアクティブな季節、夏! せっかく夏に結婚式を挙げるのであれば、海辺の結婚式場を選んだり、 ...

4
結婚式を夏に挙げると魅力がいっぱい!夏のメリットを活かした挙式のコツ

夏は太陽の光が輝き、木々の緑でいっぱい。夏こそ鮮やかな結婚式が挙げられそうだと思う反面、ゲストのこと ...

-ウェディング大辞典, 結婚式ハンドブック

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.