結婚の知恵袋 結婚準備

【結納での服装:男性編】ネクタイは必須なの!?

投稿日:2017年3月12日 更新日:

結納の際、男性は基本的にスーツの着用になりますが、スーツにもいろいろな種類があります。
また、ネクタイやシャツの色なども気になりますよね。
結納時の男性の服装について調べました。

最近は略礼服やダークスーツが多い

男性の正装といえば紋付きやモーニングスタイルですが、持っている人は少ないのではないでしょうか。
最近では略式の結納も増えています。

略式の場合は、略礼服やダークスーツを着用するケースが一般的です。
略礼服とは、ブラックスーツとも呼ばれる慶弔時に対応するスーツです。

結納の際には、この略礼服の他にダークグレーや濃いネイビーなどのダークカラーのスーツを着用します。
このとき、ネクタイとワイシャツの色は白を選びます。
白のネクタイがない場合は、明るめの色を選び、黒は避けましょう。
169【結納での服装:男性編】ネクタイは必須なの!?2

カジュアルスタイルならネクタイはなくてもいい?

結納といってもあまり堅苦しくしたくないと考える家も多いものです。
その場合は、略礼服などのスーツよりも少しカジュアルな服装を選ぶほうがTPOに合うことも。

しかしその場合でも、結納というけじめの場であることを念頭にある程度のフォーマルさは残した服装を選ぶのが無難です。
彼女側から「うちの両親は堅苦しいのが嫌いだから」と言われることがありますが、その場合でもネクタイはつけていくか一応持って行きましょう。

ネクタイをつけずにカジュアルスタイルで結納に臨んで、悪い印象を抱かれて損するのは自分です。
また、カジュアルスタイルであってもジャケットは必ず着用を。
169【結納での服装:男性編】ネクタイは必須なの!?3

革靴にも正式なスタイルと略式がある?

スーツには革靴を合わせるスタイルが一般的ですが、革靴にも正式と略式があるんです!
正式な革靴は、黒で紐がついたもの。

紐がついていない革靴は略式なので、結納の場ではあまりふさわしくありません。
靴下の色はスーツに合わせ、黒や紺などのダークカラーを選ぶと無難です。

結納の際、男性の服装は略礼服かダークスーツが一般的。
カジュアルスタイルを希望されたとしても、念のためにネクタイはつけていくか準備していきましょう。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy&LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-結婚の知恵袋, 結婚準備
-, ,

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.