ウェディングマニュアル 結婚準備

みんなと同じは嫌!自分たちらしい結婚式にするための3つのコツ

投稿日:2017年3月5日 更新日:

結婚式を出席したりしていく中、「私だったらこんな感じにしたいな」、「たくさん想いがよぎるわ!」という人もいれば、「とりあえずどうした方が良いかわからないわ」という方もいると思います。
せっかく結婚式を挙げるなら、自分たちらしさが伝わる式にしたいですよね。

ここでは自分たち「らしさ」出すコツをお伝えします。ぜひプランニングの参考にしてください。

1.自分たち「らしさ」を出すための技・小ネタを収集する。

まずは収集してみましょう。方向性が決まっていれば収集しやすいはずです。
会場が決まれば、その会場のイベントで模擬結婚式体験会などあるので、そこで収集しても面白いと思います。
筆者の体験したもので印象的であったのを記しておきますので、参考にしてください。
その収集した内容を真似をするというわけでなく、参考にし、自分たちの時にはとアレンジしてみると良いです。

ケーキ入刀が「肉入刀」だった

カップルが肉好きなので、ケーキでなく肉に!その肉をシェフが切って出席者に提供。

ダンスや歌が得意な方であれば、出し物の際に友人と一緒になり披露する

サプライズ好きなカップルは、結婚式当日に「お互いに」サプライズを用意する

アットホームな会にしたい!という方は、気を遣ってしまう会社関係の人は双方呼ばない

衣装をたくさん披露したい!という方はお色直しの回数を増やす

2.収集した情報をもとにどんな式にしたいかの方向性を2人で決める。

結婚を決めたカップルなら価値観がすべて一緒、必ずしもすべて意見もぴったり!ではないと思います。
そのため予め方向性を2人で決めておくと進めやすくなります。
決めずに進めるとあれもこれもやりたいと思い、迷いすぎて逆に何をしたいかがわからなくなったりします。
打ち合わせ終盤では最終決定の連続で決めることがたくさんあり、けんかのもとになってしまうこともあります。
まずは漠然とで良いですから場所、日取り、出席者は誰にするか、食事はどのようなものにするか。
予算はどのくらいにするか、どのくらいまで増やしても可能か等、予め話し合っておきましょう。

3.自分たち「らしさ」を出す演出やアイテムを何点かに絞る

あれもこれもとやりたいことを入れるとそれに応じて費用の関係も絡んできます。
そして式の時間も限りがあります。アピールする点は何個かに絞ると出席者にも印象づきます。
コツとしては、アピールポイントを関連づけると良いでしょう。
例えば、おしゃれな式を演出したいとなれば、招待状、会場、会場の花、衣装の色をすべて同じにする。
といったように出席者の記憶に残りやすいよう計画してみましょう。

2人で楽しく計画を進めて素敵な日になることを祈っています。

The following two tabs change content below.
marrial編集部

marrial編集部

恋する全ての男女に向けた、「Happy & LikeYou(幸せとあなたらしさ)な結婚」を発信♡

Pick up

1
知らなかったじゃ済まない!結婚の両家顔合わせ時期は入籍前?入籍後?

結婚が決まったら、いよいよ結婚準備に入ります。この時点で、新郎新婦はお互いの両親に挨拶を済ませている ...

2
【2018年版】入籍日にぴったり!意外と知られていない最上の吉日とは……

これから何十年と続くお二人の大切な記念日「結婚記念日」。お二人の思い出の日にしますか? それとも縁起 ...

3
結婚式の「花」にかかる金額をなるべく抑えたい!装花節約5つのポイント

結婚会場のあらゆる箇所に飾られる花。これを『装花』といいます。どの花をどこにどのように飾るかで、会場 ...

4
ウェディングプランナーが語る「結婚式で外せない演出」とは?

結婚式をより素敵な時間に仕上げてくれる演出。その演出1つが結婚式の印象を大きく決めてしまうこともあり ...

-ウェディングマニュアル, 結婚準備
-

Copyright© marrial[マリアル] , 2017 AllRights Reserved.